Vログ

【新年の挨拶】年が明けても師走は続くよ、どこまでも。

0

1610182800

2021/01/09 18:00

稲田ズイキ

稲田ズイキ

あけましておめでとうございます。Vジャンプレイの連載、今年もよろしくお願いします!

今回の鬼滅を読み解く連載は、新年の挨拶に代えさせていただきます。考察の続きは来週お楽しみに!

実家のお寺はというと、いま繁忙期を迎えている。そう、お坊さんの繁忙期は世間の逆。お盆と年末年始がアレコレとせわしないのだ。

実家で過ごしていてびっくりしたのは、還暦近い母親が、

「最近、鬼滅の刃を読んでるねん」

と言ってきたことだった。

僕が子どもの頃から「おもろいからこの漫画は読んだ方がいい!」とどれだけ勧めても、母親は「読まへん」と頑なに断ってきた。

そんな漫画を読まない人生を歩んできた人間が、今漫画を読んでいるのだ。この母親の態度の変化には、我が子の成長を見守る母親のように感動した。ややこしいけど。

還暦の漫画嫌いをも読ませてしまう鬼滅のすごさ。これが国民的コンテンツというものなのだろうか。

さらに話をきくと、母親は、近所に住んでいる中学生の女の子に5巻ずつ借りて読んでいるらしいのだ。なんだ、その青春(アオハル)みたいな漫画の読み方。

こんな地方の片田舎の小さな町で、性別も、年齢も、好き嫌いも、ご近所付き合いも、『鬼滅の刃』はすべてを繋いでいく。

第三回の考察では、『鬼滅の刃』が「繋がり」をテーマにしていることを分析してきた。

まさに、作品に込められたテーマが祈りになり、この現実世界で発露しているのだ。この分断された世界をつなぐのは、そうした祈りが込められたコンテンツなのか。作品は世界を変えるのか。

せわしなく鐘をつきながら、そんな小難しいことを考えていた年末年始であった。

ただ、未だに供養できずにモヤモヤしていることもある。先日、母親に言われた言葉が原因だ。

母は言った。

「私、インターネットのこと全然わからんけど、聞いたで。あんた、インターネットで『サイン・コサイン・炭治郎』って言ってるらしいやん」

身に覚えがなさすぎた。母の言うインターネットは僕の知っているインターネットとは別ものなのだろうか。

年明け早々、迷宮が目の前に広がっている。一富士二鷹三茄子四ラビリンス。


次の考察の更新は、来週1月17日の18時です。

コラム
鬼滅の刃

RECOMMEND オススメのVログ

COMMENT この記事に対するコメント

コメントはまだありません。

HOT VLOG いま人気のVログ

本サイトでは、Cookie識別子をサービスの運営・最適化・改善のため、
本サイトの利用状況およびサービス改善のための分析、
行動ターゲティング広告のために取得しています。
詳しくは、プライバシーガイドラインをお読みください。

以上に同意されるお客様は、
「同意してサイトを利用する」をクリックしてください。

Cookieの受取設定を変更する場合は、こちらをご覧ください。