Vログ

【3回目?】何回も同じ話をするような気がする

12

1613358000

2021/02/15 12:00

106

トウリです

こんにちは、106です!
このVログも色々と
サムネイルやら9+やら
リニューアルしてきましたが
まだまだ試行錯誤中ですね。
そして、リニューアルしても
変わらない思いが…

終わりがない

最近、作業中に
動画を流しますがその時、
見たことのあるアニメで
すーっと流せるものということで
『バクマン。』をみました。

『バクマン。』の単行本は
何回も読み返しているのですが
アニメの方は放送と
DVDでの視聴を入れても
約8年ぶりだったと思います。

ただ1期のOP曲が流れた時に
これ2番の歌詞がこうで…みたいに
思い出せてきて
懐かしくなりました。

ストーリーを思い返しながら
あー、ここはこのセリフが来るはず!
みたいな感じで楽しみました。
(…作業は?)

また、約8年ぶりに見たわけですが、
その8年の間に私も単行本を
何回も読んできたというのがあるので
アニメのオリジナルシーンに
気づくことになります。
漫画では描写として細かくなかった部分が
フィーチャーされている部分があったり
逆に漫画での表現をアニメにするために
少し軽い印象にした部分があったり。
久しぶりに見ると
それに気づくこともあって
漫画にもアニメにも
たくさん楽しませてもらっている
ことを改めて実感しました。

そしてクレジットで
シリーズ構成、脚本の一部を
手掛けられていたのが、
吉田玲子さんということに
気づいて、1人で盛り上がります。
(吉田玲子さんは様々なアニメで
 脚本を担当されている方です)
(私は『バクマン。』のもう少し後に
ハマったのが吉田玲子さんの
脚本のアニメでした)
このことに気づけたのは嬉しかったです。
しかもカサヰケンイチ監督に
脚本には土屋理敬さんもいらしたなんて
あの頃は気づかなかった…
(この御三方の関わる作品が、
私の見る作品にあたることが多いのです)
(いつもありがとうございます)

声優さんも改めて考えると
阿部敦さんに日野聡さん…
未だにこのお2人は他の作品で
キャスト発表がされる際、
あ、『バクマン。』の…!
となることが多いです。
その後はその作品のキャラクターとして
認識するのですが、
やはり先に『バクマン。』が出てきます。
その一方で今回『バクマン。』を見る際に
改めて声優の方々のお名前を知りました。
…諏訪部さんが…

福田さんだったんですね…?!

…何故今まで気づいてなかったのかが
おかしな話です。
いや…エンドロールで
知ってはいたのだけれど
どこか私の中で記憶が
噛み合っていなかったというか。
ことごとく凡骨です。

前述の阿部さん、日野さんに持つような
諏訪部さんのイメージというのが
『バクマン。』と同時期の
他作品のキャラクターにありまして。
そこが私の諏訪部さんの始まり
になっていたため、少し意識から
抜けていたのかもしれません。
大変申し訳ございません…
あとは諏訪部さんというとその後の
『黒子のバスケ』の青峰大輝の
イメージが強かったのも
あるかもしれません。
(諏訪部さんとジャンプアニメって
 雑誌ができるくらい深いですよね…
 またどこかでこの話も…)
(そして、Vジャンプレイで
 声優さんといえば
 ついに前野智昭さんが
 MCの番組始動ですね!)

このように
何年ぶりにアニメを見てみると
あの頃気づけなかったことに
気づくことができて嬉しくなりました。
『バクマン。』は
全75話という長さであることと
好きな作品ということで、
これからも作業中に
流すことが多くなる予感。
もっと『バクマン。』を
好きになりそうです。

ということで、
今回は多分また同じように
『バクマン。』に関する話を
書くだろうなあと思いつつ。
(もう既に何回か書いてますから)
アニメで発見したことを書いてみました。
ついつい長文になりましたが…
『バクマン。』回は
何度でもやりたいですね。
同じ話しかしないような気がしますが。

それでは、また次回!

読んで下さり、
ありがとうございました!

週刊少年ジャンプ
バクマン。
アニメ
クリエイター
声優

RECOMMEND オススメのVログ

COMMENT この記事に対するコメント

コメントはまだありません。

HOT VLOG いま人気のVログ

本サイトでは、Cookie識別子をサービスの運営・最適化・改善のため、
本サイトの利用状況およびサービス改善のための分析、
行動ターゲティング広告のために取得しています。
詳しくは、プライバシーガイドラインをお読みください。

以上に同意されるお客様は、
「同意してサイトを利用する」をクリックしてください。

Cookieの受取設定を変更する場合は、こちらをご覧ください。