Vログ

【コラム】ポケモンTシャツを出していたら蘇ってきたかつて思い出話|連載

0

1621645200

2021/05/22 10:00

VJポケモン同好会

デデンネ推し>o'ω'o<

ミヤザッティがかつてVジャンプチャンネルでポケモン動画の撮影を行っていた頃の思い出話です。

ポケモンTシャツが記憶媒体

5月に入ってからTシャツ生活になりました。つまりたくさん持っているポケモンTシャツを着れる季節になったいうことです。
皆さんはキャラもののTシャツって普段外に着ていきますか? 自分は買い物などで外に出る場合羽織もので前を隠すなどしていま一歩踏み切れない臆病ものです。イベントがあればここぞ!と着ていけるのですが、最近はなかなか難しくなりましたね…。ただポケモンセンターには逆に着て行きにくいと個人的は思っています。

ということで今回は、数あるポケモンTシャツのコレクションの中から出てきたものとそれにまつわる思い出に触れていきます。

ポケモンワールドチャンピオンシップス2015(2015/8)

※画像タップで拡大
裏面は国名がずらり。参加国かな…。

いきなりレアなもの。2015年8月にアメリカのボストンで開催された、「ポケモンワールドチャンピオンシップス2015」の会場で販売されていたもので、現地取材へ行った際に購入したものです。なので日本では販売されていません。サイズはSなのですが、アメリカサイズなので日本のMくらいあります。もったいなくてほとんど着ていないのでよい状態で残っていました。

注目は海賊船長姿のピカチュウ。マサチューセッツ州にあるニューイングランド海賊博物館繋がりでしょうか。「海賊だからジャンプっぽいな!(Vジャンプだけど)」って思って、この海賊ピカチュウのぬいぐるみをVJチャンネルの動画収録時は机の中央によく飾っていました。

また、『名探偵ピカチュウ』の舞台であるライムシティ(ゲーム版)の雰囲気がボストンっぽかったので、もしかしてボストンがモチーフにしなっているのかな?と思いました。そういえば『名探偵ピカチュウ』のSwitch版開発について約2年前に発表された以降まだ情報がないので、続報が待ち遠しいですね。

Pokémon: Symphonic Evolutions(2015/8)

※画像タップで拡大

これはWCS2015開催期間中、同じくボストンで開催された「Pokémon: Symphonic Evolutions」の会場で購入したもの。アメリカの各地で開催されていたポケモンのオーケストラコンサートです。野外会場で夕暮れ時に始まったのを覚えています。会場にゲームフリークの増田さんもおりました。

ちなみに海外取材はこのWCS2015が最初で最後(?)だったので、思い出に残っていることも多いです。当時誌面担当していたライターと、現副編集長のサイト―ブイと行きました。
取材といいつつ時間が結構あまって半分くらい観光していた気がします。現地の写真もたくさん残っているのでそのうちまた思い出話するかもしれません。

中央がWCS2015ピカチュウ、左右はポケモンセンターヨコハマRのピカチュウです。

『Splatoon』×ポケモンセンター コラボTシャツ あか(2016/2)

※画像タップで拡大
裏面はリザードンのシルエット。上に書いてあるイカ文字が解読不能…。

ポケモン20周年記念として、『Splatoon』第11回目のフェスで開催された、「どっちを選ぶ? ポケットモンスター 赤 vs ポケットモンスター 緑」のコラボ企画グッズ。もうひとつ緑もありました。

発売日は仙台へ某ゲームのイベント取材に行っていた最中だったため、取材前にポケモンセンタートウホクへ行って購入したこともあり特別感があります。

そして購入から約1年後、闘会議2017の「第2回Splatoon甲子園」で発売前の『Splatoon2』を使って“ファミ通 VS Vジャンプ”の企業対抗デモマッチが行われることになり、それに出場した際に着用しました。
ファミ通チームは世界三大三代川さん(ファミ通)、青木瑠璃子さん(声優)、高橋きの先生(作家)の著名&スプラガチ勢に対し、Vジャンプチームはサイトーブイ、ミヤザッティ、当時の誌面ライター3名という素人チーム。なんだこの差は…。試合は2敗1勝でもちろん負けましたが(1回は慈悲で勝たせてもらった感)、こういった場に出れたことはとてもありがたく楽しかったです。

POKÉMON GRAPHIX Tee BK(2016/6)

※画像タップで拡大
Tシャツがポーチに入っているというのもおしゃれでした。ステッカー入り。

クリエーター集団「NC帝國」によるデザインTシャツ「POKÉMON GRAPHIX」の第2弾。ブラッキーが好きなのです。デザインもシックでかっこいいのですごくお気に入り。以前自分がVJチャンネルの動画で出演した際によく着ていました。

中でも2017年7月に開催された、ロイヤルマスク100枚争奪戦「ひかる伝説」先行体験イベントにこのTシャツとブラッキーに合わせた黒いコーディネートで出場したのが思い出深いです。
その大会で予選を通過し、本戦リーグで将棋棋士の糸谷哲郎八段と配信卓で対戦・感想戦をしたのも大変いい経験になりました。(その大会で優勝したのも糸谷八段)
ちなみに本戦に通過したのは実力ではなく、シールド戦だったのでカードの引きがよかったからです。当時非常に強力なカードとして君臨していた「ゾロアークGX」が活躍してくれました。シールド戦はこうやってカードの引きがよければ初心者でも勝てる可能性があるのが面白いところです。

VJチャンネルでその大会のレポート動画も公開しています。動画アップしていたことはさっきまで忘れていました。不思議なものです。

Tシャツコレクション 着せ替えデザインB(2016/12)

※画像タップで拡大

かわいい! おなじみTシャツコレクションの『サン・ムーン』版。数種類の中からランダムで1枚入っているあれです。実際にゲーム中で着られるTシャツと同じデザイン。特に夏に着たい一枚。

発売日がジャンプフェスタ2017の初日と同じ日だったので、ジャンフェス後そのままポケモンセンタートーキョーベイへ購入しに行きました。幕張→南船橋だから近いのです。2つ購入し、欲しかったピカチュウが当たって運が良かった(もうひとつはアローラナッシー)。
そしてその翌日であるジェンフェス2日目で、ポケモンブースのステージイベントにこれを着用して出演しました。ステージでは自分の力量不足で大いに反省点が残る結果だったのですが、最新グッズのアピールできたのはまだよかったかも…。その反省を生かして来年のステージでは!と意気込んでいましたが、以降ステージに出る機会は一度もありませんでした(悲)。
何かしらまたユーザーの方と遊べる企画がやりたいとは勝手に考えています。

EVs+ cafe イーブイ(2018/9)

※画像タップで拡大

2018年9月1日〜9月9日までの9日間の限定開催された、クリエイター9名による企画展「 EVs+ cafe (イーブイズ ブラス カフェ)」で販売されていたTシャツ。オープン前に取材へ行きました。現地で販売されていたソフトクリームが9種類あり、それをほかのメディアの方などと分け合って全部食べたのを覚えています。 こういった仕事でプレオープンイベントに行けるのはポケモンファンとして公私混同…じゃない一挙両得…!

このイーブイは画家/絵本作家のヒグチユウコ氏によるもの。2足歩行をしているデザインが独特で、優しいタッチが好きです。 絵画感もあるので普段使いもしやすいでしょうか。カフェのグッズのいくつかは後日ポケモンセンターの店舗でも販売されていましたね。

イーブイカフェの展示物。ヒグチユウコ氏が描いたブラッキーのハンドタオルも持っています。

という感じでTシャツを見るたびに購入したときや着用したときのエンピソードが蘇ってきます。自分にとって記憶媒体の一部みたいなものとでも言いましょうか。

デデンネのTシャツは?

そうなのです…デデンネのTシャツって確か今まででひとつも出ていないんですよ……!!! 耐えかねて『あつまれ どうぶつの森』のマイデザインでデデンネTシャツやらデデンネキャップを作っていました。
ポケモン25周年の人気投票で圧倒的1位を獲得したポケモンですし、この機会に発売してほしいと熱く思っています。

よろしくお願いしまああああああす!!!!!(六本木に向かって)

ポケモン
ポケットモンスター
連載

RECOMMEND オススメのVログ

COMMENT この記事に対するコメント

コメントはまだありません。

HOT VLOG いま人気のVログ

本サイトでは、Cookie識別子をサービスの運営・最適化・改善のため、
本サイトの利用状況およびサービス改善のための分析、
行動ターゲティング広告のために取得しています。
詳しくは、プライバシーガイドラインをお読みください。

以上に同意されるお客様は、
「同意してサイトを利用する」をクリックしてください。

Cookieの受取設定を変更する場合は、こちらをご覧ください。