Vログ

【モンスターハンターライズ】大塚角満の“逆鱗ぶいっ!”第31回 憤怒の怨虎竜・マガイマガド①|連載

0

1621330980

2021/05/18 18:43

大塚角満

ゲームライター、逆鱗日和の作者

大塚角満による『モンスターハンターライズ』のプレイ日記! 『逆鱗日和』から幾星霜--。舞台をVジャンプレイに移して、『モンハンライズ』で出会った毒にも薬にもならない日記をここから発信します!

ほとばしる怒り……!

 ここんとこソロでの狩猟のことを書いていなかったので、かなり時間をさかのぼることになるんだけど、いよいよ……メインモンスターのことを記しておこうかな!!

 『モンスターハンターライズ』の顔であると同時に、今後末長くバチバチの生存競争をくり広げなければならないライバルとも言うべき存在……!

 そのモンスターの名は……もちろん!!

※画像タップで拡大

 “怨虎竜”マガイマガド--。

 黄泉の国から這い出てきたケルベロスの如く、幽鬼のような紫の炎をまとって執拗なまでにまとわりついてくる……。

 そのたたずまいは完全に、この世の未練を断ち切れずに迷い出た亡霊武者そのもの。怨嗟(えんさ)と憤怒(ふんぬ)に満ちたマガイマガドの表情からは、あらゆるものに対する“怒り”しか感じられない。

 ……これが、マガイマガドに関する紹介ムービーを見たときに抱いた、俺の第一印象だ。

 厳めしい鎧兜に覆われた顔から表情を読み取るのは難しいが、その動き、攻撃性を見るにつけ、憤懣やるかたない怒りの感情を闇雲に獲物にぶつけているようにしか見えない。

 そんなマガイマガドの狩猟に初めて出向いたのは、いまから1ヵ月半も前の3月29日だった。

 つまり……!

 『モンハンライズ』が発売された3日後!!www

 俺はこれまで、メインモンスターと呼ばれる存在はできるだけもったいつけて、機がジュクジュクに熟するまで会いに行かないよう心掛けてきた。

 『モンスターハンターポータブル 2nd』のティガレックスがそうだったし、『モンスターハンター3(トライ)』のラギアクルスもそう。そして『モンスターハンター:ワールド』のネルギガンテも、

 「まだだ!! もうちょっと……安心の装備になってからだ!!w」

 ってことで、いつまでも腰が動かなかったと思う(苦笑)。

 まあそれは多分に、

 「い、行くのがこわひ(((( ;゚Д゚)))」

 がその理由なんだけど、今回のマガイマガドに関してはちょっと様子が違った。

 これまでの流れだと、

 「お、怨虎竜とか、怖すぎ……(((( ;゚Д゚))) なんで何もしてないのに、怨念持たれなきゃいけないねん……(((( ;゚Д゚))) お岩さんかよ……(((( ;゚Д゚)))」

 ってことで、2週間くらいクエストを寝かせるパターンになってもおかしくなかったんだけど、ナゼか、 

 「いますぐ、あの怒気のカタマリのようなモンスターと対峙してみたい!! まだまだ弱っちいガンランスだけど、どこまで肉薄できるのか試してみたいんだ!!」

 と、突然の“勇者モード”に突入www

 「俺が狩らずに、誰が狩るんだッ!!!」

 暑苦しいまでの使命感に押されて、俺は当時作ったばかりのアケノシルム装備に身を包んでマガイマガドの待つ大社跡に出向いてしまったのであった。……まあ俺が狩らなくても、すでに全世界の500万人を越えるハンターがマガイマガドを狩りまくっていると思うけど^^;

 というわけで、来てしまいましたよメインモンスターのハンティングに!

 ここまで、俺は一度も3オチしていないし、それどころか……2オチすら経験していなかったと思う。

 それは間違いなく、超優秀なオトモガルクとアイルーが必死こいて、

 「ちょ!!! またダンナがボコられてる!! モンスターを引き付けてやらないと危ないワン!!!(イラ)」(オトモガルク)

 「ああああ!!! またあんなに削られてるニャ!!!(イラ) さっきから回復ばっかしてやってるニャ!!!(イライラ) こっちの身にもなってくれニャ!!!(イライライラ)」(オトモアイルー)

 ってことで、回復やら攻撃やらをしてくれているからなんだけど^^; 献身的な立ち回り、いつもありがとうございます^^;

 そんな優秀な相方を連れて、マガイマガドの近くまでやってきた。

 そこで……俺の足がピタリと止まる。

※画像タップで拡大

 朽ち果てた屋敷の入り口にアケノシルムがいるが……ソレが原因ではない。言ってしまえばこのとき、俺の視界にアケノシルムはまったく映っていなかったと思う。

 でも、口を突いて出てきた言葉は……。

 「い、いる……」

 この門をくぐり、中庭を抜けた先にある池のほとりに……強烈な怒気のカタマリが鎮座しているのがここからでもわかっちまうよ!!! どんだけ怨念を募らせてるんだ!! 貞子かよ!!><

 情けないことに、ここに来て俺は尻込みした。

 勢いに任せて近くまで来ちゃったけど、心の準備が整わぬうちにマガイマガドとぶつかったら……。

 「ぜ、絶対に、やられる……!」

 確信に満ちた予感が、俺の身体を貫いたのだ。

 勢い任せのティーンエイジャーの恋はおじさん目線だとまぶしく映るが、浅はかな暴走に失敗は付き物だ。

 「こ、ここはちょっと、冷静になろう」

 マガイマガドのものと思われる“?”のカーソルが移動したのを見届けつつ、俺はゆっくりとオトモガルクを走らせた。さっきまで目が血走っていて見えなかったエンエンクやマキムシなど、狩猟に役立つ猟具生物をしっかりと確保しながら、ね……w

 そして……!

 大社跡のエリア12までオトモガルクを走らせたとき、ついに俺は“?”のカーソルと相まみえる。

※画像タップで拡大

 「いた……ッ!!!」

 瓦で覆われたような巨躯は、間違いなくマガイマガド……!!

 このとき、冷静な心を取り戻していた俺は、遠くで睨みつける憤怒の生き物に対し、ありったけの声で叫んでいた。

 「さあ、大社跡で誰がいちばん強いオスなのか、拳を交えて決めようか!!!」

※画像タップで拡大

 「グアォォオオオオオッ!!!!」とマガイマガド。

 「おっしゃああああああ!!!!」と俺。

 世界一のガンランサー(笑)、メインモンスターと初激突だ!!

 続く!

『モンスターハンターライズ』
発売日:2021年3月26日(金)
対応機種:Nintendo Switch
ジャンル:ハンティングアクション
プレイ人数:1人(オンライン:1~4人)
※インターネット通信プレイ、ローカル通信プレイ対応

©CAPCOM CO., LTD. 2021 ALL RIGHTS RESERVED.

モンハン
モンスターハンターライズ
大塚角満
逆鱗ぶいっ!
連載

RECOMMEND オススメのVログ

COMMENT この記事に対するコメント

コメントはまだありません。

HOT VLOG いま人気のVログ

本サイトでは、Cookie識別子をサービスの運営・最適化・改善のため、
本サイトの利用状況およびサービス改善のための分析、
行動ターゲティング広告のために取得しています。
詳しくは、プライバシーガイドラインをお読みください。

以上に同意されるお客様は、
「同意してサイトを利用する」をクリックしてください。

Cookieの受取設定を変更する場合は、こちらをご覧ください。