Vログ

【モンスターハンターライズ】大塚角満の“逆鱗ぶいっ!”第34回 いざ百竜夜行!ヌシに挑む!②|連載

0

1621587600

2021/05/21 18:00

大塚角満

ゲームライター、逆鱗日和の作者

大塚角満による『モンスターハンターライズ』のプレイ日記! 『逆鱗日和』から幾星霜--。舞台をVジャンプレイに移して、『モンハンライズ』で出会った毒にも薬にもならない日記をここから発信します!

前回の続き!


 相方のたっちーを上位ハンターにすべく、彼女に出ていた緊急クエスト、集会所★4の“青いヌシ”に出向くことになった。

 ……そう!

 泣く子も黙る“百竜夜行”だ!!

 この特殊なクエストは『モンスターハンターライズ』で初めて登場したもので、つぎつぎと襲い来るモンスターの大群を砦で迎え撃つ……という形になっている。

 第一波、第二波、多いときは第三波に分かれてモンスターはやってきて、カムラの里の最終防衛ラインとも言うべき“翡葉(ひよう)の砦”を攻撃してくるのである。

 大量のモンスターとさまざまな狩猟設備、また状況によって呼び出す助っ人たちもお祭り感に拍車をかけていて、システムはぜんぜん違うけどタワーディフェンスゲームをバリバリのアクションで楽しんでいるような、そんな趣すら感じさせられる。

 しかも、今回は“ヌシ”が相手だ。

 俺はソロでこのクエストをやったけど、

 「ヌシっつっても、アオアシラだろ??w あいつのことは、昔からよく知ってんねんww どんなに油断しても、後れを取るものではないわwww」

 ↑こんな“油断度120%”の状態で迎え撃ち、

 「え」

 「あ……」

 「のぉぉぉおおおお!!!(((( ;゚Д゚))) こここ、このアオアシラ、おっかねぇぇええええ!!!(((( ;゚Д゚)))」

 幾度となく昇天させられて、クリアーもギリギリだった苦い思い出がある(苦笑)。

 そんな危険な百竜夜行に、俺と比べて圧倒的に経験値が劣るたっちーと出発したわけだけど……!

※画像タップで拡大

 これが思いのほか、順調にクエストが進行する。

 もちろん、前回の記事に書いた通り、俺が設置した里守バリスタをたっちーが片っ端から搭乗型のバリスタに上書きした……という思わぬ事態にも直面したのだが、

 「バリスタはなぁ……!! 自分で撃ってなんぼじゃぁぁぁあああい!!!!」

 というたっちーの気合を乗せた弾丸がモンスターを貫き、オサイズチやヨツミワドウをつぎつぎと撃退していった。

 それを見て俺はひと言、

 「やるぅ!!!www」

 とつぶやき、地上に降りて操竜を敢行!

※画像タップで拡大

 操竜は単純に強いし、熱しやすい百竜夜行における一服の清涼剤(?)にもなってくれるので、このタイミングで乗れたのはありがたかった。

 そして、気付いたときには……!

※画像タップで拡大

 最終の、第三波だ……! ここに、群れを率いるヌシ・アオアシラが混じっているのだ……!!

 「来るぞ……!」と俺。

 「がってん!!!」とたっちー。

 ここまでの立ち回りを見るにつけ、余計な心配をする必要はなさそうだった。それぞれが役割を果たせば、間違いなくたっちーも上位ハンターだ!!

 そして始まった、ヌシ・アオアシラとの壮絶な生存競争。

※画像タップで拡大

 このスクショでわかる通り、ヌシ・アオアシラは通常のソレと比べて圧倒的な巨躯を誇り、それに比例するようにパワーも、凶暴さも上乗せされている印象を受ける。とくに攻撃パターンがやたらと多彩になっているので、前述の、

 「ヌシっつっても、アオアシラだろ??w」

 ↑こんなナメきった態度で臨むと1000%の確率で痛い目を見る。その存在感と生命力の高さは、少年ジャンプの名作『銀牙』に出てきた巨大熊“赤カブト”を髣髴とさせるものがあるのである。

 そんなヌシ・アオアシラに対して、俺は徹底して肉弾戦を申し込んだ。

 これは、装備に付けてあるガード性能とガード強化というスキル、そしてガンランスの防御性能の高さに絶対の信頼を置いているからこその立ち回りとなる。

 「今回も、受け切ってみせるッ!!!」

 翡葉の砦に、老ガンランサーの咆哮が響き渡った。

 一方のたっちーはここでも、バリスタ、大砲、速射砲などを巧みに乗り換えて、遠距離から俺を援護していた。懐に飛び込んでの手数勝負が大好きなたっちーにしては珍しい立ち回りだったが、

 「より確実に仕留めるために、わしは援護に徹する!! 張り付いての攻撃は任せたで!!!」

 とのことで、チームプレーを考えてのものだったようだ。

※画像タップで拡大

 でも、おかげでやりやすかった。

 離れて立ち回るたっちーにヌシ・アオアシラの注意が飛んだのを見計らい、俺は砦のリーサルウェポンである“破龍砲”にダッシュ!!

 「もらったぁぁああああ!!!!」

 の叫びとともに、ド派手な砲撃をヌシ・アオアシラに喰らわせたのである!

※画像タップで拡大

 このブレたスクショ、破龍砲の威力を表しているようでなかなか迫力あるなwww

 そして終盤、最終砦の前で、ヌシ・アオアシラと睨み合い。

※画像タップで拡大

 このとき、たっちーはヌシ・アオアシラの真後ろから、速射砲のアメアラレを降らせていた。

 「決着や!!!!」とたっちー。

 「応ッッ!!!!」と俺。

 そして……たっちーの速射砲にヌシ・アオアシラがひるんだ隙を逃さず、渾身の竜撃砲を放つと……!!!

※画像タップで拡大

 よっしゃあああああ!!!! ヌシ・アオアシラ、見事に撃退!!! これで相方も、上位ハンターだああああ!!!!

 ついでと言ってはナンだけど、クリアランクも、

※画像タップで拡大

 余裕のSランク!!!www

 実際、砦はほとんど傷つかなかったし、つねに余裕を持って立ち回れたので、この結果は当然と言えば当然な気がするな。

 しかしひとつだけ、俺は気になることがあった。

 里に戻るなり、俺はたっちーにつぎのようなSMSを送る。

 「途中、撃龍槍とか破龍砲を使うこともできたでしょ?? なんでスイッチに触らなかったの?? 真っ先にやっちまいそうなのにwww」

 するとたっちー、こんなことを言ってきた。

 「うむ。使っちまいたくてウズウズしていたわ。でも、ヘンなところで使うとキサマが困るような予感がして、触らなかったねん」

 なるほどwww たっちー特有の“危うきに近寄らず”なスキルが発動して、近寄らなかったのかwww

 何はともあれ、これでふたりそろって上位ハンターだ。

 次回からいよいよ、弱肉強食な上位クエストの始まりだな!!

 続く!

『モンスターハンターライズ』
発売日:2021年3月26日(金)
対応機種:Nintendo Switch
ジャンル:ハンティングアクション
プレイ人数:1人(オンライン:1~4人)
※インターネット通信プレイ、ローカル通信プレイ対応

©CAPCOM CO., LTD. 2021 ALL RIGHTS RESERVED.

モンハン
モンスターハンターライズ
大塚角満
逆鱗ぶいっ!
連載

RECOMMEND オススメのVログ

COMMENT この記事に対するコメント

コメントはまだありません。

HOT VLOG いま人気のVログ

本サイトでは、Cookie識別子をサービスの運営・最適化・改善のため、
本サイトの利用状況およびサービス改善のための分析、
行動ターゲティング広告のために取得しています。
詳しくは、プライバシーガイドラインをお読みください。

以上に同意されるお客様は、
「同意してサイトを利用する」をクリックしてください。

Cookieの受取設定を変更する場合は、こちらをご覧ください。