Vログ

【モンスターハンターライズ】大塚角満の“逆鱗ぶいっ!”第36回 “破壊の権化”、降臨す--!②|連載

0

1622019600

2021/05/26 18:00

大塚角満

ゲームライター、逆鱗日和の作者

大塚角満による『モンスターハンターライズ』のプレイ日記! 『逆鱗日和』から幾星霜--。舞台をVジャンプレイに移して、『モンハンライズ』で出会った毒にも薬にもならない日記をここから発信します!

おさわり禁止です!!

 上位ハンターとなり、ありとあらゆるものを狩って狩って狩りまくりたい熱に冒されている相棒のたっちーとともに、水没林のビシュテンゴ討伐に向かったときのお話。その続きとなります……。

 でも、前回の記事って……。

 確か……ヤベェところで止めてあるんだよな!!w

 水没林のキャンプに降り立ったたっちーは、画面左下のミニマップで妙なアイコンを発見してしまう。

※画像タップで拡大

 「ん??? マップに“?”って出てる。アレ、なんだろ??」

 言うや、猛烈な勢いで“その地点”に向けて走り出したたっちー。

 向かっている先は……!

 明らかに……!!

 水没林の、エリア3!!!

 たっちーはそのモンスターと未遭遇だったのでアイコンが“?”になっていたようだけど、すでに遭遇済みの俺のミニマップにははっきりと、忌まわしき“破壊の権化”のマークが浮かんでいて……!!!

 「ま、待って!!! そこはダメだ!!! まだ俺たちではどうしょもない、ヤバいやつが!!!!」

 しかし、走り出したたっちーはまったくスピードを緩めず、エリア3に向かって一直線に進んでいく。

 一方の俺は、たっちーにSMSを送ったり、いつものように道に迷ったりしていたため(苦笑)、先行する相方のはるか後ろからくっついていく形になってしまった。

 や、ヤバい……!

 下位装備のたっちーがヤツと争いになったら、おそらくものの2秒くらいで粉々にされてしまうはず……(((( ;゚Д゚)))

 いまやたっちーのアイコンは、エリア3で微動だにしないヤバい奴と重なる寸前であった。

 い、いかん……! 間に合わなかった……!!><

 相棒よ、キサマの骨は俺が拾う……のも無理だな^^; だってわし、そこに行きたくないし^^;;

 「あー。もうダメだwww たっちーに、破壊の権化の洗礼が……w 南無南無」

 たっちーが住まう南南東の空に向かって静かに合掌していると、俺のスマホがブルルと震えた。

 「たっちーの、断末魔の叫びか……w」

 涙をぬぐいながら画面を覗き込むと、そこには以下のような記述が。

 「なんか、デカいサルみたいなヤツがいるんだけど、ずっと寝てるで。これ、起こしてあげたほうがいい?? 蹴っ飛ばしていいんけ??」

 俺、椅子から転げ落ちながらも素早く返事を送るという荒業を演じた。

 「だ、ダメぇぇぇえええ!!!www 寝かせてあげてぇぇぇええ!!! それ、ラージャンや!!! 蹴っ飛ばしたら、とんでもないことに!!!www」

 そしてようやく、俺も現場に到着ww

 蹴飛ばしたくて仕方のないたっちーを「どうどう!」と抑えながら、寝ているラージャンに近づいてみた。

※画像タップで拡大

 うん……w どっからどう見ても、まぎれもなくラージャンだわ……w

 危険渦巻く荒野でありながら、思いっきりヘソ天(仰向けにひっくり返って寝る姿勢のこと)で寝られるところに、破壊の権化としての余裕を感じる。寝込みを襲われたところで、すぐに圧倒的な暴力のハリケーンに巻き込んで相手を屠り去ることができるという自信が、この寝姿を作らせるのだろう。

 近い将来、必ずや渡り合わなければいけない危険なライバルの姿を茫然と眺めていると、再びたっちーからSMSが届いた。

 「蹴飛ばしたかったけど思いとどまったのは、こいつから危険な臭いがしたからやねん。いままで出会ってきたモンスターとは明らかに違う、話が通じないヤバい香りが……」

 どうやらたっちーは動物的勘で、首に掛かりつつあった死神の鎌をすんでのところで回避できたようだ。この危機察知能力は、ベテランの上位ハンター並みのものがあると思うわ。

 けっきょくこのときはラージャンには触れず、当たり障りなくビシュテンゴを討伐してカムラの里に帰ってきた。

 “君子危うきに近寄らず”とはよく言ったもの。

 対峙するモンスターとの力量差を瞬時に判断し、避けられる危険は徹底して避ける……という立ち回りこそ、上位ハンターには必要なんだよな!

 「よしよし! よく我慢したな! さあ、もう1クエ行きましょか!」

 ゴキゲンにたっちーに振ると、彼女はすぐに「よっしゃ!!」と言い、砂原が舞台の上位バサルモス討伐を受注した。

※画像タップで拡大

 そしてキャンプに降り立ち、支給品を受け取ってからバサルモスに直行しようとしたらだな……!

※画像タップで拡大

 「あ!!! またラーがいる!!!」

 思わず、悲鳴が口からほとばしった。見るとたっちーもラージャンの存在に気付いたのだろう、今回も危険回避して……。

※画像タップで拡大

 ……って、なんでまた一直線にラージャンに向かってんねん!!!w 近寄るなっつの!!!w 危ないでしょーが!!!

 仕方なく、俺はたっちーの後を追った。どうせ寝てるだろうけど一応、その姿を確認しておきたくなって^^;

 現地に到着すると……うん、やっぱ寝てたわ!!

※画像タップで拡大

 「また、角のゴリラが寝てるで」とたっちー。

 「絶対に起こすなよ!」と俺。

 これに対してたっちーは、

 「わかってるってwww そこまで考えナシじゃないで!!w」

 と憤慨していたんだけど、あろうことか……。

※画像タップで拡大

 ラージャンのまわりにいたフロギィたちがやたらと絡んできて、俺とたっちーにちょっかいを出してくる。

 「おい! ここにいると、面倒なことになるかも! 早く離れ……!」

 イヤな予感がしてたっちーにSMSを送ろうとした……そのとき!!!

 「うおおおおおお!!! なんやこいつら!!! まとわりつくんじゃねえええ!!!」

 女ハンター、双剣を引き抜くや、近くにいたフロギィたちに猛然と斬りかかっていった。

※画像タップで拡大

 「あっ!!!! だ、ダメや!!」

 たっちーにメッセージを送ったと同時に画面を見ると、俺の前方を駆けていく相方の姿が……w

※画像タップで拡大

 え……。た、たっちー、何を大慌てで逃げてんだ……??

 いまや全身冷や汗のカタマリとなって、恐る恐る後ろを振り向くと……!!!!!

※画像タップで拡大

 ゴゴゴゴゴゴゴ…………

 「!!!!!!!!!!!!!!!」

 次回に続く!!w

▼前回の記事はこちら▼

『モンスターハンターライズ』
発売日:2021年3月26日(金)
対応機種:Nintendo Switch
ジャンル:ハンティングアクション
プレイ人数:1人(オンライン:1~4人)
※インターネット通信プレイ、ローカル通信プレイ対応

©CAPCOM CO., LTD. 2021 ALL RIGHTS RESERVED.

モンハン
モンスターハンターライズ
大塚角満
逆鱗ぶいっ!
連載

RECOMMEND オススメのVログ

COMMENT この記事に対するコメント

コメントはまだありません。

HOT VLOG いま人気のVログ

本サイトでは、Cookie識別子をサービスの運営・最適化・改善のため、
本サイトの利用状況およびサービス改善のための分析、
行動ターゲティング広告のために取得しています。
詳しくは、プライバシーガイドラインをお読みください。

以上に同意されるお客様は、
「同意してサイトを利用する」をクリックしてください。

Cookieの受取設定を変更する場合は、こちらをご覧ください。