Vログ

『DQライバルズ エース』「勇者杯2021春」優勝者インタビュー!|連載

0

1622538000

2021/06/01 18:00

VJドラクエ取材班

ガンガン更新するぜ!

『DQライバルズ エース』公式全国大会「勇者杯2021春」の優勝者へインタビュー!! 最後の勇者杯となった今大会で、感涙の勝利を手にしたのは…!?

『DQライバルズ エース』の日本最強プレイヤーを決める、スクウェア・エニックスの公式全国大会「勇者杯」。5月30日(日)に12回目 (※)の開催となる「勇者杯2021春」で、その歴史に幕を閉じた…。前回に引き続きリモートでの開催となった最後の「勇者杯」で、みごと優勝の座に輝いたのは…!?
※新型コロナ感染症拡大防止のため、途中で開催中止となった「勇者杯2020春」も含めた回数です。

大会のアーカイブ動画はYouTubeでチェック!

11代目勇者 八九寺れーぷる選手へインタビュー!!

八九寺れーぷる選手

――優勝おめでとうございます!「勇者杯」の幕引きにふさわしい、“主人公”という言葉がぴったりの勝利でしたね。今の率直なご感想は?
八九寺れーぷる選手(以下:れ)嬉しい限りですね…。本当に、最後の最後で勇者になることができたこと、今まで応援してくれてきた人たちの期待に応えることができてホッとしました。勇者杯の最後の主人公になれて嬉しかったです。

――今回の決勝大会で、強く意識していたカードやリーダーは?
れ:やっぱりアリーナですね。「武闘家」のデッキ自体、複数候補があってどれを持っていこうかすごく迷いましたし、カードの枚数だったり中身もいろいろ考えていたので…。全部持っていってもいいくらいの完成度だったんですけど、その中でも「ローレシアアリーナ」を信じて持っていってよかったです。

――決勝に持ち込んだ3デッキのポイントを教えてください。まず「魔剣士」からお願いします。
れ:「魔剣士」は今環境において、文句なしの最強デッキだったので迷わず選びました。自分が当たる対戦相手に「魔剣士」がいなかったら嬉しいなと思うくらい覇権を握るデッキでしたし、持っていなかない選択肢はなかったですね。

――決勝で選択しなかったのには理由があったのでしょうか?
れ:一度選んだときに、事故ってしまったんですよね…(笑)。練度的にも、今回一番自信がなかったのは「魔剣士」かもしれないですね。

――続いて「武闘家」についてお願いします。
れ:解説では“「剣士」「僧侶」には不利”と言われていたんですけど、個人的にはその2つにも有利だと思っていて(笑)。「商人」「占い師」にも有利に立ち向かえて、かつ今環境最強の「魔剣士」にも不利ってほどでもなく。どのマッチアップでも拾えるようなデッキだなと思って「ローレシアアリーナ」を持っていきました。

――デッキ公開からプレイヤーたちをざわつかせていた選択だったかと思いますが、勝てる確信をもったうえでの選択だったのでしょうか?
れ:“アリーナで勝てる”というより、“俺が使うアリーナで勝てる”と思っていたので(笑)。アリーナとの信頼関係で勝ちました!

――最後に「占い師」についてお願いします。
れ:実は1番最初に決まったデッキでした。確実に持ち込まれるであろう「魔剣士」に、1番有利をとれると思っていましたし、コントロール系のデッキにも当てられたらいいなと意識して選びましたね。

――まさに優勝を決めた決勝戦3試合目が、意図した通りのマッチアップとなりましたね。大きなハプニングもありましたが、あの3試合目のハイライトをお聞かせいただけますか?
れ:そうですね…(笑)。“「闇への供物」だけはやめて…!”って心底願っていて、「じゃんけんミネア」デッキの核となる、コンボカードの次に大事な「太陽のタロット」が燃えてしまったときは“終わったのかな”とも思ってしまったんですけど…。そこから立て直すことができて、本当に良かったです。

――序盤からリーダーのHPを9まで減らされてしまったあとも、強気にリーダーでダメージを受ける選択は怖くなかったですか?
れ:正直あそこまで序盤からけずられる展開は想定していなかったのですが、「魔剣士」は序盤~中盤で盤面にダメージを与えるカードが少ないので、まだ…。ギリギリまで受けきって「太陽のタロット」を絡めて返そうと思っていたところをまさか2枚目が消失するとは…(笑)。プランが破綻しかけたこともあって、やっぱり燃えたときが1番焦りましたね。最後までギリギリの戦いだったので、本当に最後の一手まで…。勝ちは見えていなかったような気がします。

――決勝を勝ち抜くために「一番必要だ」と感じたものは何ですか?
れ:「運」ですかね。過去2回の勇者杯でも「運」があったら勇者になれたと今でも思っているので。最後の最後に勝利の女神が微笑んでくれたなと思っています。

――これまでの3年間、『DQRA』への想い・想い出を聞かせてください。
れ:ありすぎて…! 本当にどれをあげたらいいのかわからないくらい…。ランクマッチでposesiさん(「勇者杯2019秋」ファイナリスト)に負けたとき(※)が、自分のライバルズ人生においての分岐点だったと思いますし…。1番はやっぱり人との縁を作ってくれたことへの感謝ですかね。今まで対戦してくれた人たちとの結びつきは、かけがえのないものでした。ライバルズは、本当に最高のゲームです!
※「勇者杯2019秋」の決勝シード権をかけたランクマッチ。
posesi選手のインタビューは下記よりチェックできるぞ。
http://vjump.shueisha.co.jp/DQR/sp05/player_01.html

――最後に、何か一言あれば…!
れ:今日で、3年間のすべてを出し切ることができました。現時点で3年間、ランクマッチ1位を1番獲得しているのも僕(※)ですし、 今回勇者になることができて、ようやく文句なしの最強プレイヤーだと証明することができたと思います。…自分で言うのもなんですが(笑)。サービスが終わったあとも、ライバルズで培った誇りを大事にしていこうと思います。
※2021年5月時点で、ランクマッチ1位最多獲得回数は5回、八九寺れーぷる選手を含め3名存在とのこと。

――ありがとうございました!

事前インタビューで“最後の勇者杯に導かれた意義を、見出せるような試合にしたい”と語ってくれた八九寺れーぷる選手。まさに最後の勇者にふさわしい大会を魅せてくれたぞ…! 本当におめでとう!!

「勇者杯」の優勝者には、通例通り「伝説のカード」を錬金する権利が与えられるぞ。今回はマスターズやソロバトルアドベンチャーモード、トークンカードを含む、すべてのカードから選ぶことができる…!『DQライバルズ エース』プレイヤーが固唾を飲んで見守る中、八九寺れーぷる選手が選んだカードは…「ゾーマ」!

※画像は通常の「ゾーマ」です。

「ゾーマ」を選んだアツい理由については決勝大会出場者のスペシャルインタビューで語ってくれているので、こちらも要チェックだ!!

http://vjump.shueisha.co.jp/DQR/sp08/player_03.html

「伝説のカード」に選ばれたカードは、後日特別なイラストとなって公式サイトや公式Twitterで公開されるぞ! どんなイラストが描かれるかお楽しみに!!

©2017-2021 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

DQライバルズ
勇者杯
連載

RECOMMEND オススメのVログ

COMMENT この記事に対するコメント

コメントはまだありません。

HOT VLOG いま人気のVログ

本サイトでは、Cookie識別子をサービスの運営・最適化・改善のため、
本サイトの利用状況およびサービス改善のための分析、
行動ターゲティング広告のために取得しています。
詳しくは、プライバシーガイドラインをお読みください。

以上に同意されるお客様は、
「同意してサイトを利用する」をクリックしてください。

Cookieの受取設定を変更する場合は、こちらをご覧ください。