Vログ

これだけは知っておきたいゲーミングPCの話「OSについて」|連載

0

1625994000

2021/07/11 18:00

砂流恵介

すながれって読みます

こんにちは、ライターの砂流(すながれ)です!

「ゲーミングPC」に関するアレコレを紹介するシリーズ。今回はパソコンを動かすためのシステム「OS(オーエス)」を解説していきます。

この機会にぜひ覚えて帰ってください!

本題の前にサクッと前回の振り返り

※画像タップで拡大

前回は、GPU(ジーピーユー)を解説しました。GPUを理解するためのポイントは3つ。

①GPUはパソコンの最重要パーツ
②GPUはデスクトップもノートパソコンも外付けのものを選ぶ
③ゲーミングPC的にはGeForce RTX 3070以上がベスト

GPUはゲーミングPCを語るうえで避けて通れないパーツなので、前回の記事をまだ読めていない方は画像をクリックしてぜひ読んでみてください。

OSってなに?

※画像タップで拡大

OSとは、コンピューター上の基本的な機能を担っていて、ソフトウェア、ハードウェアのすべてを管理しているシステムのこと。マウスを動かしたり、キーボードで文字を打ったり、パソコンでゲームを遊んだり、という操作はOSがあるからできているわけです。

って、いきなり言われても想像しにくいですよね。ということで、皆さんが日頃から慣れ親しんでいるスマホを例にとって説明をします。

スマホは大きく分けると、iPhoneかAndroidスマホの2種類があり、iPhoneにはiOS、AndroidスマホにはAndroid OSが入っています。iPhoneとAndroid スマホは、パッと見は似ているものの、画面のレイアウトやちょっとした操作が違いますよね? それに、iPhoneしか対応していないアプリや、Androidしか対応していないアプリなんかもあります。

同じスマホなのになんで差があるのかというと、基盤となっているOSが違うから。

パソコンも同じで、OSによって操作が違ったり、扱えるソフトが違ったり、遊べるゲームが変わってきたりします。

パソコンのOSの代表選手

※画像タップで拡大

パソコンのOSで代表的なのは・・・・・・

・MicrosoftのWindows
・AppleのMac OS(MacBookなどに入っているOS)
・GoogleのChrome OS(Chromebookに入っているOS)

の3つ。基本的に皆さんが使われているパソコンは、この中のどれかが入っているはずです。それぞれの特徴を説明していくと、ひとつのOSに対して1記事必要になる勢いなので、この記事では「ゲームを遊ぶならこのOS」という結論だけを書きます。

それはズバリ「Windows」です!

というか、ゲームに関しては現状はWindows 1択です。次章ではその理由を説明します。

パソコンでゲームを遊ぶならWindows 1択

なぜWindowsかという理由は大きく2つあります。

①Mac OS、Chrome OSでは遊べないゲームがあるから
②グラフィックが凄い最新のゲームが遊べるゲーミングPCは基本的にWindowsしかないから

Windowsはこれまで解説をしてきた、CPU、メモリ、ストレージ、GPUといったパーツをカスタマイズして自分好みのゲーミングPCを構築できます。それにMicrosoftといえばXboxを発売しているメーカーでもあるので、元々ゲームとの親和性が高いです。

一方、MacとChromebookは簡単にはカスタマイズできません。それに加えて、外付けGPUが搭載されたモデルが少ないので、そもそも最新のゲームを遊ぶには心許ない性能のモデルが多いです。そのため、対応しているゲームそのものが少ないんですね。

逆にWindowsだと遊べないゲームもあります。例えば、Macでは一部モデルでiPhone向けのアプリゲームが遊べたり、ChromebookではAndroid スマホ向けのアプリゲームが遊べたりします。でもWindows ではそれらのゲームは遊べません。

とはいえ、いわゆる大作と呼ばれるような有名タイトルはWindows向けにつくられています。

ということで、パソコンでゲームを遊ぶならWindows 1択となります。

ちなみに、eスポーツ大会で競技に使われているパソコンはWindowsですし、有名なゲーム実況者がパソコンゲームの実況をしているのもWindows。それくらいWindowsなので「そういうもんなんだ」と頭に入れておいてもらえればと思います。

ただこれはあくまでゲームにおいてのこと。Mac OSやChrome OSがイケてないということではありません。僕はどのOSも使っていますが、それぞれ得意分野がありますし、どれも良いOSです。

余裕がある人は覚えておくと良いこと「Windows 11」

▲Microsoftの公式ブログより

未来が少し楽しくなりそうな予告を紹介します。先日、Microsoftが新しいOSの「Windows 11」を発表しました。Windows 10から6年ぶりの大型アップデートで、2021年後半にリリースされる予定です。

色々な新要素が入ったOSなのですが、ゲーマーとして注目なのがゲームとの親和性がより高まること。例えば、Xbox Series X|SのオートHDR機能*がWindows 11でも搭載されたり、 ストレージ(NVMe SSD)からの読み込みをさらに高速にする技術が採用されたり、ゲームのプラットフォーム「Xbox Game Pass」が標準アプリとして搭載されたり、Androidアプリも動作するようになったり・・・・・・、などなど。

詳しくは別記事で紹介しようと思いますが、これまで以上にゲームが遊びやすくなる環境になりそうです。楽しみですね!

*オートHDR
SDR(スタンダード・ダイナミック・レンジ)のゲームを、自動的にSDRより鮮やかな色彩のHDR(ハイ・ダイナミック・レンジ)で描画してくれる機能

まとめ

それでは、本日の要点をまとめます。

①OSはソフト、ハードすべてを管理しているシステムのこと
②ゲームに関してはMicrosoftのWindows 1択
③MicrosoftはXboxも発売しているので元々ゲームとの親和性が高い

これでOSに関する基礎はクリアです。そして、今回のOSで「ゲーミングPCに欠かせない5つのパーツ」のすべてを解説し終えました。

次回は総まとめを予定しています。

ちなみに、性能の高いゲーミングPCはゲームを遊べるだけでなくゲームの開発や3DCG、マンガを描く、動画編集も可能です。何かをつくってみたい人にもきっと役立つ内容なので次回もぜひお楽しみに。

ゲーミングPC
PCゲーム
OS
Windows
連載

RECOMMEND オススメのVログ

COMMENT この記事に対するコメント

コメントはまだありません。

HOT VLOG いま人気のVログ

本サイトでは、Cookie識別子をサービスの運営・最適化・改善のため、
本サイトの利用状況およびサービス改善のための分析、
行動ターゲティング広告のために取得しています。
詳しくは、プライバシーガイドラインをお読みください。

以上に同意されるお客様は、
「同意してサイトを利用する」をクリックしてください。

Cookieの受取設定を変更する場合は、こちらをご覧ください。