Vログ

ハイキュー!!はリアルだった。ハイキューのチームを実在のプロ選手が結成してエキシビジョンマッチ。

2

1597579525

2020/08/16 21:05

松久峯文

リアルバーチャル兼業アイドル

プロのバレーボール選手がハイキューのチームを組んで試合をした。
本当にハイキュー!!のシーンだった。今まで漫画だと思っていたが本当の事だった。なんと9月15日までアーカイブが残る。

バレーボール業界全体がハイキューを応援していた!!

 ハイキュー!!はたびたび現実の世界に出現していた。
 そもそも、ハイキュー!!は集英社の雑誌『週刊少年ジャンプ』で連載していた大人気バレーボール漫画である。大人気なのでアニメ化や舞台化もされている。
 しかしそれだけでなく、春高(春の高校バレー 全日本バレーボール高等学校選手権大会)のポスターにはハイキュー!!のキャラクターが登場し、日本文化出版株式会社の『月刊バレーボール』では表紙になったり選手名鑑に烏野高校排球部がいたり、現実の様々なバレーの媒体がハイキューを取り扱っていた。私の記憶が正しければVジャンプのハイキューの記事にもスポーツ雑誌の編集部から協力を得て選手のガチ対策が書かれていた(2016年11月号?)。
 日頃から日本のバレーボールに関するいろんな人たちがハイキュー!!を盛り上げようと頑張っていたと思う。それでも、プロのバレーボール選手たちがハイキュー!!をテーマにした試合をするとは予想できなかった。本当に驚いた。

現実のバレーは速い。速すぎた。

 本当ならここに実際の試合内容が分かりやすく伝わるような文章を書きたかったが、私はハイキュー!!を勢いで読んでいたので何が起こっていたかのみこめなかった。
 ハイキュー!!の魅力の一つとしてバレーボールの戦いのロジカルさがあるが、それと同時に表現力を生かした勢いの良さもある。サーブが、ジャンプが、レシーブが説得力を持っていた。現実のバレーを見たことがなかったが無意識が本物だと感じていた。
 しかし現実のバレーはもっと速かった。ハイキュー!!では人物の位置関係など何度も読み返して確認できたが現実はあっという間だ。漫画の迫力やアニメの速さは誇張された表現だと推測していたが、現実は負けないくらい強かった。

ハイキュー読者に向けたフレンドリーさ

 試合の上手さは実際のバレーボールファンと比べたら正確には理解できてないかもしれないが、配信はフレンドリーだった。
 解説はハイキュー!!の話と実際のバレーボールの話を組み合わせて作中の描写と現実の関連などがよく分かった。選手のプレイもラインキレキレで盛り上がった。中でも富松選手は髪形を登場人物に寄せる気合の入り様でとても目立った。
 プレイだけでも現実バレーのパワーは伝わったが、配信に乗る全員がハイキュー読者をもてなしている丁寧さも感じ取れた。

配信URL

とにかく実際の放送を見ないと話にならないので見てほしい。
Youtubeでの生配信のURL: 

V.LEAGUE動画配信サービスVTv(配信のアーカイブが9月15日まで無料で見られるとのこと): https://vleague.tv/

まとめ

 8月16日に配信されたプロのバレーボール選手によるハイキューエキシビジョンマッチはハイキューしか試合を見てなかった私でも迫力満点だと伝わった。
 もう一度見たい。有料でも録画があればうれしいと思ったつかの間、無料で配信されるようなので喜んだ。VT.Vは無料会員でも一部の映像を見られるようなのでこれを機にプロの動画を見てみようかと思う。
 そして欲を言えばまた別の機会でハイキュー!!のエキシビジョンマッチをもう一度開催してほしい。

ハイキュー!!

RECOMMEND オススメのVログ

COMMENT この記事に対するコメント

コメントはまだありません。

HOT VLOG いま人気のVログ

本サイトでは、Cookie識別子をサービスの運営・最適化・改善のため、
本サイトの利用状況およびサービス改善のための分析、
行動ターゲティング広告のために取得しています。
詳しくは、プライバシーガイドラインをお読みください。

以上に同意されるお客様は、
「同意してサイトを利用する」をクリックしてください。

Cookieの受取設定を変更する場合は、こちらをご覧ください。