Vログ

「バクマン。」THE STAGE主演、鈴木拡樹さん&荒牧慶彦さんインタビュー!!

0

1629450000

2021/08/20 18:00

VJ公式

漫画家を目指す少年たちの青春ストーリー『バクマン。』が舞台化!
主役コンビを演じる鈴木拡樹さん(真城最高役)&荒牧慶彦さん(高木秋人役)のインタビュー記事が、現在発売中「Vジャンプ10月特大号」に掲載中!そのインタビューの一部をちょい見せ&本誌未掲載コメントを大公開!

真城最高役鈴木拡樹さん&高木秋人役荒牧慶彦さんが「バクマン。」THE STAGEへの意気込みを語る!

鈴木拡樹さんが演じる真城最高。
荒牧慶彦さん演じる高木秋人。

「バクマン。」THE STAGEは
荒牧さんが発端
——まず、本作への出演が決まってのご感想をお聞かせ下さい!
荒牧慶彦(以下:荒牧):この舞台はプロデューサーさんと『バクマン。』は絶対に舞台に合うんじゃないかと話したところから始まった企画なんです。そこから「ペアは誰が良い?」と聞かれて「拡樹くんがいい」とすぐ返して。だから、僕の出演が決まったというよりは「拡樹君の出演が決まったよ」って電話がかかってきた時が、無茶苦茶嬉しかったです!
鈴木拡樹(以下:鈴木):稀なパターンだからね。僕も原作が好きだったので、びっくりしました。『バクマン。』は仕事で漫画・アニメをたくさん見るようになっていた時期に読んで、マンガ連載の難しさを知れたことがすごく印象に残っていて。お勧めしたいマンガに挙げているくらい好きなんです。だから、舞台に出演させてもらえて、より嬉しいですね。気合いは充分です。
――『バクマン。』を読まれて、感情移入したキャラは誰ですか?
荒牧:みんな…いや、新妻エイジ以外には感情移入できます。エイジはよくわからない…(笑)。
鈴木:それを言われちゃエイジ役の(橋本)祥平くんが可哀想(笑)。
荒牧:(笑)。でも、やっぱり最高には感情移入しやすいですね。1巻冒頭で描かれていたような漠然と生きてきてなんとなく進学してみるか…みたいな、きっと誰もが共感できる部分もありますしね。
鈴木:僕もメイン二人だったら、なぜか真城の方に感情移入していたと思います。役が決まってからだと、ついそういう目線で読んじゃうんですが、連載当時から自然とそうだったのかもしれないです。
――もし実際に鈴木さんと荒牧さんが二人で漫画を描くとしたら、どんなマンガを描きたいですか?また、原作・作画はどう分担されると思いますか?
鈴木:(荒牧さんの描いたイラストを見ながら)僕作画で。今、確認しました。
荒牧:僕、ちゃんと2巻の表紙を見てイラスト描いたんですよ。
鈴木:顔の角度が全然違う(笑)。
荒牧:その角度描けないから(笑)。Twitterとかで絵師さんがいらっしゃいますが、尊敬しますもん。よくこんなきれいな絵が描けるなって。描きたいマンガの内容ですが、作中で主役二人が描いている『この世は金と知恵』が好きで。王道な少年漫画も好きなんですが、自分で描くなら邪道寄りかなって思います。
――今回の舞台は邪道と王道どちらに分類されると思いますか?
荒牧:この舞台は王道だと思います。
鈴木:演劇としては王道だと思うんですけど、演劇において何を邪道とするかですよね。演劇もそうですけど、ジャンル様々すぎて。
――王道も邪道もない感じですか。
荒牧:王道も邪道も含めて、演劇というか。表現として。
鈴木:時代が変わっていくにつれて、最新のシステムを使い始めた当初は、「邪道」と言われていたのかもしれないですね。
荒牧:2.5次元舞台自体が邪道だったかもしれない。あと鈴木君が言うように、『バクマン。』の舞台も映像を使う予定らしいんですが、生でやるのにスクリーンに映像を投影するのってどうなの?と、言われていた時代もあるので。それがその時代の邪道だったんだと思います。だから、新しいものを開拓した人は邪道って呼ばれるんでしょうね。

「バクマン。」THE STAGEメインビジュアル!

――「バクマン。」THE STAGEの見どころはどこになると思いますか?
荒牧:まだ脚本などが出来上がってない状態なので、「これだ!」というのは明確には言えないんですけど、原作にある小気味良いテンポ、熱いストーリー、関係性すべてが魅力的なので注目してもらいたいです。役者陣も濃いですし、芝居に関しては確実に大成功だぞっていうメンツが揃っているので、想像を膨らませて待っていて下さい!
鈴木:漫画家さんのお話を舞台でやると、デスクに向かって黙々と演技をするような、すごく静かな作品を想像されるんじゃないかと思います。でも、舞台のセオリーでいくと、こういう作品こそめちゃくちゃ動いたりするんです。表現する事が多いので、舞台化と聞いた時点ですごく動くだろうなと予想していました。ですので、演じる側としてはすごくやりがいがあるんです。「実際には仕切りがないけど、ここが僕たちが作業しているスペースなんだよ」ということや、すぐ隣でものすごく距離の離れた作業場が展開している…みたいなことを照明さんや皆さんの想像力を借りて表現すると思います。そういった舞台上でのルールを決めたうえで、その壁をブチやぶって勝手に部屋に入ってきちゃったりを新妻エイジとかがやっちゃうのかな、とか想像しています(笑)。そういう映像ではできない、舞台ならではのポイントがある、楽しい舞台になると思っています。「バクマン。」THE STAGEには、予想がつかない良い裏切りを楽しみにしていただきたいです。
――最後に、「バクマン。」THE STAGEへの意気込みをお願いします!
荒牧:期待のハードルが高まっていると思うんですが、それを超えていけるように頑張ります。演劇や漫画、アニメって疑似体験だと思っていて。それを受け取ることで自分の人生を豊かにできると思うので、そんな疑似体験を与えられるような舞台にします。ぜひお越しください!
鈴木:たった数時間でも、日常と違う時間を届けられたらなと思って常に取り組んでいます。楽しみながらというのもありますが、繊細に繊細に作っていきます。『バクマン。』の世界観を劇場いっぱい、体いっぱいに感じられるのはこのステージだけだと思うので、原作が好きな方にも、ぜひ見に来て欲しいです!


インタビューの別バージョンは、発売中の『Vジャンプ10月特大号』で!
誌面には撮り下ろし写真&お二人に挑戦いただいたイラストも掲載中なので、ぜひチェックを!

「バクマン。」THE STAGE公式サイト https://bakuman-stage.com/
「バクマン。」THE STAGE公式Twitter https://twitter.com/bakuman_stage

<公演情報>
東京公演 2021年10月8日(金)~17日(日) 天王洲 銀河劇場
東京公演 2021年10月21日(木)~24日(日) TOKYO DOME CITY HALL
大阪公演 2021年10月28日(木)~31日(日) メルパルクホール大阪

(C)大場つぐみ・小畑健/集英社・「バクマン。」THE STAGE製作委員会

2.5次元舞台
週刊少年ジャンプ
バクマン。

RECOMMEND オススメのVログ

COMMENT この記事に対するコメント

コメントはまだありません。

HOT VLOG いま人気のVログ

本サイトでは、Cookie識別子をサービスの運営・最適化・改善のため、
本サイトの利用状況およびサービス改善のための分析、
行動ターゲティング広告のために取得しています。
詳しくは、プライバシーガイドラインをお読みください。

以上に同意されるお客様は、
「同意してサイトを利用する」をクリックしてください。

Cookieの受取設定を変更する場合は、こちらをご覧ください。