Vログ

『ポケモン BD・SP』『Pokémon LEGENDS アルセウス』注目要素(少し)振り返り|連載

0

1629450000

2021/08/20 18:00

VJポケモン同好会

デデンネ推し>o'ω'o<

ポケモンの名前を1つ覚えると、記憶を1つ失う記憶媒体の容量が少ないミヤザッティによる日誌です。

8月も後半に差し掛かりました。昨年に続き今年も「ピカチュウ大量発生チュウ!」の開催はなく、仕方ないとはいえ寂しくもあります。来年にはこの状況が落ち着いているのでしょうか…。

そういえばポケモンセンターオンラインでのポケカ「フュージョンアーツ」の抽選は同好会2名とも外れました(T_T) 次はポケカ25周年記念パックが当たるかどうか…相当な人気商品となりそうで今まで以上に倍率も高そうですが、一体どうなるのやら…。この状況も早く落ち着いてほしいですね…。

ぼくの記憶はいずこへ?

さて、18日に様々なポケモンゲーム情報が発表されました。前回やまねこ氏の記事でもその内容をざっくり紹介しましたが、自分の方でも新作2タイトルについて特に気になった要素を少し振り返っていきます!

まず『ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール』(ポケモン BD・SP)の情報を見ていて思ったのは…

あまりダイパの記憶がない…。

もちろんプレイしたことはありキャラクターは覚えているのですが…ストーリーや町並みなど、そのあたりの記憶が結構ぼんやりしています。単に記憶力の悪さもありますが、当時『プラチナ』だったかな…カートリッジが故障してしまったことがあり、その時のショックで記憶が抜けおちたのかもしれません。
そのため『ポケモン BD・SP』では初見に近い気分でプレイできるのでは、とある意味楽しみにはなっています。それにもしかするとプレイしていくうちに記憶が蘇ってくるかもしれない…。

振り返りといいつつ、のっけから余談ですいません。

カスタム要素に胸熱

リメイクにあたり「衣装替え」「ボールデコ」「連れ歩き」といった新要素も追加されているのが注目どころ!

ブティックで買える衣装は「上着・ズボンなどがセットでコーディネートされている」とのことなので、上着やズボンを自由に組み合わせる形ではなく一式変わる形かも。セットによっては髪型も変わっていますね。
毎作思うんですが、長めのツンツンヘアを熱望しています!! 今回こそどうか…!(超サイヤ人みたいにしたい。あわよくば色変えてブルーに)

デザインがかなりおしゃれでバリエーション豊富っぽい!ピカチュウのパーカー商品化してくれ!!
主人公の見た目も最初に変更可能。これまでと雰囲気の異なるダイパ主人公がかなり新鮮!

「ボールデコ」はモンスターボールから出てくるときのエフェクトをカスタマイズできる要素。90種類以上あるシールをボールカプセルに貼ることでカスタマイズ可能に。シールはお店で購入、ジムリーダーに勝利、「スーパーコンテストショー!」を成功させると入手できるようです。

貼れるシールは最大20枚。組み合わせ方によって多彩なエフェクトにできるようなので、これもかなり気合いが入る予感! そのポケモンをイメージにしたエフェクトにしてみたいですよね。完成したらスクリーンショットをSNSでアップしてみるのも盛り上がりそう。自分だけの“オシャボ”をデコっちゃお★

シールのカスタマイズ画面は2Dモードと3Dモードの2種類から選択できる!

ヒンッ!! 倒れるなスギモトッ!!

続いて来年1月22日発売『Pokémon LEGENDS アルセウス』の方もここでは語りきれないくらい最新情報が盛りだくさん!


今作は人とポケモンが親密に暮らすことが珍しかった時代が舞台ということもあり、公開された最新PVでラベン博士やデンボクから「ポケモンは怖い・恐ろしい生き物」と話しているシーンや、野生のポケモンから主人公が攻撃を受けるといった要素など、これまでのシリーズとは違った人とポケモンの関係性が目新しい。

主人公はヒスイ地方を調査する組織「ギンガ団」の一員として、ポケモンの調査を行っていくのがおおまかなお話。ギンガ団といえばシンオウ地方では悪の組織として暗躍していたので、過去と現在でどんな変化があったのかも描かれるのか気になる部分です。

そんな主人公ですが最近『ゴールデンカムイ』を読みふけったせいか…

どうしてもアシリパさんと重なる…!!

主人公! デフォルトネームはテル/ショウで、主人公に選んでいない方が調査隊の先輩として登場。
本作の舞台はヒスイ地方。大昔のシンオウ地方である。テンガン山の下にある大きな木が意味深。

ヒスイ地方の形状的にもなおさらアシリパさん感。ツイッターで検索してみたら同じことを思っている方もいっぱいおり、主人公の名前を「アシリパ」にして、ポケモンに「スギモト」と付けたいという意見も見られました。自分もそうしたいです。でもテルが帽子かぶっているし、名前を「スギモト」にして始めるのもよいかな…? ヒスイ地方で「でかいきんのたま」を探せ!!!
 
…本筋に戻ると、今作はアクションとRPGと融合したゲーム性で、これまでのポケモンのシステムと異なる部分も多くなっているのも特徴!

冒険感がすごい!

本作はオープンワールド風のフィールドになっており、広大で立体感のある自然の中を駆け巡る様子が見られます。
さらに陸上を「アヤシシ」、水上を「イダイトウ」、空中を「ウォーグル(ヒスイのすがた)」に乗って(正確に言うと空はグラインダー的な乗り方)自由に移動している姿が! いやあ…こういうのを待っていたんですよ!!!

これまで『オメガルビー・アルファサファイア』の「おおぞらをとぶ」や『サン・ムーン』の「ポケモンライド」などでポケモンに乗って移動することもできましたが、それとはまた違った形で広大なフィールドを自由に移動できそうな点は感激もひとしお。特に空! こんなふうに飛んでみかたったんだ…!とずっと思っていたトレーナーの方も多いのでは!

あとは乗れるポケモンの種類が映像で出てきたポケモンだけなのか、ある程度決められた中から自由に選べるのかどうかがすごい気になる…!!
自分はウインディに乗るのが『赤・緑』の頃からの夢です。今作はガーディ(ヒスイのすがた)が出るので、ウインディもヒスイのすがたでは…?

完全なオープンワールドかワイルドエリアに似た形なのかはまだわからないが、かなり遠くまでフィールドが確認できる。

戦略性や演出が強化された新たなポケモンバトル!

今作はフィールドにいる野生のポケモンにバトルを介さず直接ボールを投げることも可能で、バトルを行い弱らせることによって捕まえやすくなるシステムに。野生のポケモンはプレイヤーを見つけると接近、逃げる、攻撃を仕掛けるといった行動をとるので、その特徴に応じて捕まえ方を変えるのが重要に。

例えば逃げてしまうポケモンであれば、草むらや岩陰に隠れて接近するといった、いわゆる“ステルス”を行うことで気付かれにくくなるようです。ポケモンからの攻撃は移動しながらかわしたり、飛び込み前転のようなアクションを使うことでも回避していました。

主人公が野生のポケモンから攻撃を受け続けてしまうと、調査が続行できなくなる模様(拠点に戻されるのだろうか?)。そのため、「予備動作を見て攻撃を回避し、攻撃後の隙にモンスターボールを投げる」といったアクションゲーム的なセオリーも基本になってくるかもしれない!

ちなみに主人公を狙ってくる攻撃は小突いてくるとかダッシュしてくるとかそんなレベルじゃあなく、普通にポケモンバトルで見せるガチの技を使ってくる! これまでこういったグラフィックでポケモンが人を狙うという直接表現はなかったと思うので(あったらごめん)、改めて描かれると結構怖いなと感じました。でもそこがリアルな生物感があっていいですね。これまでの草むらとかワイルドエリアとか実際はそういう感じなのかもしれない。
「カイリュー はかいこうせん」も今描かれるとこんな印象なのかも。

しゃがみ移動でこっそりポケモンに近づいてから…ボールを投げる!
Xボタンで捕獲用のモンスターボールか手持ちのポケモンか切り替えて投げられるのだろう。
PV内では赤く目が光ったポケモンが襲ってくる場面も。どういう状態かはまだ謎で、凶暴化みたいなものだろうか…?
攻撃を受けると画面周囲が墨で覆われる演出が。主人公の残り体力を表しているのかもしれない。

ポケモンが入ったモンスターボールを近くに投げることで、シームレスでバトルに突入!
バトルは従来の1ターンに1回ずつの行動ではなく、ポケモンのすばやさや繰り出す技によって、バトルでの行動の順番や回数が決まるように。例えば「でんこうせっか」や「アクアジェット」のような先制技は行動順が早くなる攻撃扱いになっていそうです。

ポケモンが使える技は従来と同じ4つですが、今作では覚えている技を「早業」「力業」として繰り出すことができる!

▶早業
行動の順番が早くなりやすくなるが、通常よりも技の威力が減少。

▶力業
技の威力が上がるが、使用後に行動順が遅くなりやすい。

補助技を早業にして先手をとる、力業で回復の余裕を与えず一撃で倒す…といった戦略的なコマンドバトルを楽しめるようになっているのかと!
画面写真や映像から判断すると、技名の横にある巻物アイコンがある技が切り替えに対応しているのかなと思ったのですが、巻物アイコンがなく「・」だけ表示されている技や、「△」のアイコンがある技も確認できたので法則性がよくわからず…!!

バトル画面右側に行動順が表示。「インファイト」を力業にすると、行動順が変化しているのがわかる。
この場合、「たいあたり」は早業・力業、「アクアジェット」は力業、「つるぎのまい」は対応なし??
PV内のバトル画面で確認できた△型アイコン。これは特殊な状態なのかロック状態なのか…謎。

PV内では水上でクロバットとギャラドスがバトルするシーンもあり、ここでは主人公がイダイトウに乗ったままの状態かつギャラドスが水に浸かった状態でした。バトル移行がシームレスになったぶん、シチュエーションもリアルさが増しています。

ということは水があるフィールドの場合、繰り出すポケモンは水面に浮いた状態ではなく体が浸かった状態になりそうな気もする? 水ではないですが、沼に浸かった状態のポケモンも見られました。

ただもし水タイプが弱点のポケモンが水に入った場合は大丈夫なのだろうかとか、海のような深さがある場所があったらどうなるかという疑問も残っている…。

あとバトル中、近接技は相手の目の前まで移動して攻撃するようになっているのもよいですね!

今作はポケモンがいる上空や斜め下に向かっても技を繰り出す! 相手の攻撃時に顔を覆う主人公のリアクションも!

また、公式HPでは調査続行不可能な条件として「主人公がポケモンから何度も攻撃される」「高いところから落ちる」の2つが書かれていました。もしかすると今作はバトルでポケモン全員のHPが0になっても主人公がやられない限りは大丈夫とかもありそう?

バトルしなくても捕獲は狙えるし、戦えるポケモンがいない場合はステルス要素を利用して回避していく…といったことも今作のゲーム性を考えるとなくもないかもしれない。あくまで妄想なのでただの深読みかもしれません!

ということで以上です! 「巨大な木に落下していた落雷みたいの」とか、「赤い目のポケモン」とかクラフト要素とかまだまだ気になる点も多いですが、発売はまだしばらく先なので次の情報を気長に待ちます。ソワソワ…。

それでは!

『ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール』公式サイト
https://www.pokemon.co.jp/ex/bdsp/ja/

『Pokémon LEGENDS アルセウス』公式サイト
https://www.pokemon.co.jp/ex/legends_arceus/ja/

ポケモンの仕草も増えているかな!? コミュニケーションの手段も楽しみ!!
ポケモン
ポケットモンスター
ポケモンBDSP
PokemonLEGENDS
連載

RECOMMEND オススメのVログ

COMMENT この記事に対するコメント

コメントはまだありません。

HOT VLOG いま人気のVログ

本サイトでは、Cookie識別子をサービスの運営・最適化・改善のため、
本サイトの利用状況およびサービス改善のための分析、
行動ターゲティング広告のために取得しています。
詳しくは、プライバシーガイドラインをお読みください。

以上に同意されるお客様は、
「同意してサイトを利用する」をクリックしてください。

Cookieの受取設定を変更する場合は、こちらをご覧ください。