Vログ

海外限定フィギュア 〜国内版との違い〜 そして海賊版をぶっ潰せ!

6

1597753624

2020/08/18 21:27

康hey!

ただのV字頭には興味ありません

前回の超3悟空にもあった通り、今回は日本国内版と海外市場版のちょっとした違いと今現在も社会的問題扱いされている海賊版をどうやって見抜いて正規品を手に入れて行くか?を緩く紹介していきます。 あんまVログ向けじゃなかも?!w

どうも。こんばんは。
オタクなお嫁さんは旦那さんのことを人に話す時とか「旦那君」と呼びがち。

今、かかあ天下が熱いッ!!

康hey!でぇーーーーーすッ!!

話したいことは前回一部話しましたので早速本題の方に入っていきます。

前回の悟空のレビューを見てくださりありがとうございます…!!

ドラゴンボールシリーズは海外でも未だに人気が衰えず、フィギュアや関連グッズも日本と同じくらい大人気です。日本からバンダイスピリッツなどの企業がちゃんと東映や集英社などの関係者の方々に許諾を得て販売されている物もあったり、海外ならではの変な偽物や関係者の方々に許可を取っていない非公式の物なども売られているケースがあります。

そして偽物、海賊版などと言ったコピー商品は海外のフィギュアだけに限った話ではないです。過去に日本国内でもカードゲーム「ドラゴンボールヒーローズ ゴッドミッション1弾」のシークレット「仮面のサイヤ人」の偽造が問題になったことがあり、一部大手買取店で買取が中止になった事例もあります。

画像は私の私物であるSEC仮面のサイヤ人です。本弾10弾にて復刻されたものになります。

しかしヒーローズのようなトレーディングカードであればカラープリンターなどを使いどうにか箔などを真似すれば印刷されるわけなので頑張れば大量生産も可能かもしれません。(犯罪です。)しかしフィギュアはどうやって偽物ができるかと言うと…

1.工場から金型を盗みだし、別の工場で造る

その昔、今は販売されていませんがドラゴンボールのフィギュアの一つに「劇的diorama」という親子かめはめ波のフィギュアが日本国内で販売されていました。造られていた工場が中国であり、どういう経路で金型を盗ったのかは謎ですが現在も盗った金型が流用されて偽物が出回っていると聞いたことがあります。

2. 3Dプリンターが普及してきたから

3Dプリンターで元々お店などで売っている市販品などをコピーして売り飛ばすのも犯罪の一つではありますが多い事例だと思われます。私もよく外などで「フィギュアもブランドバッグみたいな偽物とかあるの?!」って聞かれることがよくあるのですが、一番先にこの話をよくします。ただカードと違い立体物である為、塗装等が正規品の物よりかなり荒っぽく、ただコピーしただけの物であるとパーツ1つ1つが調整できてないことがあるあるなので多分好きな人であれば1発でわかるはずです。

他にも事情や特徴があるとは思いますが、それらも見つけたら後々話せたらなと思っております。では日本版と海外版の違いに話を移します。

前回も話した東映の版権シール
金色が日本国内で、白か銀が主に海外市場

一番大事なのは…現時点としてはドラゴンボールやワンピースやデジモンやプリキュア、セーラームーン、ゲゲゲの鬼太郎などの商品などの東映系作品の商品に必ず貼ってあるこの同社作品「長靴をはいた猫」のシールが貼ってあります。このシールを海外旅行やフリマサイトでフィギュア見る時に必ずチェックしてください。

ちなみにシールを剥がした裏側を見ると東映ロゴが沢山書かれているのも特徴です。
そして、海外版は市販品が多い為、シールの他にJANコードも付いているのが特徴です。

もちろん海外の白と銀シールの裏にも東映ロゴがあります。それと海外版では主にホビーショップ(漫画本などと一緒に売ってるコミックショップ?)などに直接販売されていることが多い為、お店のレジに通す為にJANコードがあるのだと思います。プライズはUFOキャッチャーの景品である為JANコードなどはありませんが、まれにお菓子などの市販品を景品にしてる店がある為、そういった物に関してはコードが入ってますね。

こんな感じと言ったところでしょうか…近頃はディズニーの商品の版権シールまでもが偽造されていることもありますが、現時点東映作品のシールの偽造の話は聞いたことありませんので大丈夫だと思いますが、フィギュアや本来の商品の存在を知っている皆さんであれば見極めることはできると思うので、信じてます…w

先程も少し触れましたが海外のフィギュアだけでなく、日本国内でもカードが偽造されて売られていたり、無名の企業のゲームセンターがキャラクターの非公式商品を景品に入れていて警察が入る程問題になり閉店になった店もあります。中には偽物でも欲しがってしまう人もいますがもし、その偽物に不具合や組み立てなどの際に大怪我や小さい子によるパーツの誤飲などがあったら返品や交換も不可で気づかず公式にクレームをしたとしても逆に買ってしまった自分が訴えられる恐れがあります。

意味不明な長文で写真とかも少なく、本当にすいませんw偽物本体の比較とかやりたかったのですが、そもそも偽物が買えず買わないのが一番だと思っているので後は皆さん達とこれからの対処法などを信じていきたいと思います。今日はありがとうございました。

では最後に〜

海賊版を〜ぶっ潰す!!

グッズレビュー
グッズ
ドラゴンボール
ドラゴンボールZ
ドラゴンボール超

RECOMMEND オススメのVログ

COMMENT この記事に対するコメント

コメントはまだありません。

HOT VLOG いま人気のVログ

本サイトでは、Cookie識別子をサービスの運営・最適化・改善のため、
本サイトの利用状況およびサービス改善のための分析、
行動ターゲティング広告のために取得しています。
詳しくは、プライバシーガイドラインをお読みください。

以上に同意されるお客様は、
「同意してサイトを利用する」をクリックしてください。

Cookieの受取設定を変更する場合は、こちらをご覧ください。