Vログ

【モンハンライズ】大塚角満の“逆鱗ぶいっ!”第64回 “操竜”を考える|連載

0

1631091600

2021/09/08 18:00

大塚角満

ゲームライター、逆鱗日和の作者

大塚角満による『モンスターハンターライズ』のプレイ日記! 『逆鱗日和』から幾星霜--。舞台をVジャンプレイに移して、『モンハンライズ』で出会った毒にも薬にもならない日記をここから発信します!

たまにはこういうコラムを

 “逆鱗ぶいっ!番外編”と称して、『モンスターハンターストーリーズ2』のプレイ日記にも手を出してしまったので、逆鱗ぶいっ!本編の更新ペースが遅くなってしまった。

 まあでも、それも仕方のないことであろう。

 『モンスターハンターライズ』も『モンスターハンターストーリーズ2』も、どっちも際立っておもしろいからな!!w しかもゲーム性がまったく違うので、別のNintendo Switchにソフトを入れて交互に遊んでいると……!

 柿ピーが無限に食べられるのと同じく!!w

 赤ワインにチーズを合わせたら一生飲み続けられるのと同じく!!ww

 山椒があればウナギを永久に食べ続けられるのと同じく!!!www(金が持たないけどな)

 “モンハン無限プレイ”のサイクルが生まれちゃうんだよね~~~!!!ww

 マジでこの夏は、どっちかの『モンハン』でばかり遊んでいた気がする。おかげで、新規タイトルを遊んでレビューを書く連載に多大な影響が及んでしまったのだが、まあそれも……仕方ないよな!!!w やっぱモンハン最高ッ!!!

 でも、逆鱗ぶいっ!本編のほうもぼちぼち更新しないといけない。

 だって、まだ……!

 同僚のたっちーとクシャルダオラを討伐したところまでしか書いてないんだもの^^; まだまだ書くことたくさんあんのに!w

 とはいえ。

 俺が長年書いてきた『逆鱗日和』というプレイ日記は、ただいたずらに進行状況を追う……なんていう、無機質でメリハリのない記事ではない。

 ときに挟み込む考察だとか妄想記事だとか、そういったテキトー……じゃなかった、箸休め的なコラムこそが神髄だと思っているので、そろそろそういったタイプの文章も投下していこうと考えている。

操竜をバイクに例えたら

 ここまで数百時間にわたり『モンハンライズ』で遊んでいるわけだが、いまだダレずに狩りに没頭できているのはやはり、新たに導入された新要素に魅了されていることが大きいと思う。

 オトモガルクや翔蟲など、狩猟風景を抜本的に変えてしまう数々の遊びが新規に加わったわけだが、なかでも俺が、

 「コレ、最高に好きだ!!!」

 とヨダレをたらさん勢いでホレ込んでいるのが↓こちらのアクションであります。

※画像タップで拡大

 モンスターの背に乗って“もうひとつの武器”として活用してしまう、魅惑と必勝の立ち回り……!! ……そう!!!

 “操竜”

 ですよ全国500万ハンターの皆さん!!!w

 操竜、ホントに好きなんだよねぇ~……(うっとり)。

 攻撃力が一気にハネ上がるのも魅力なんだけど、体力を削られ、回復もままならない……なんていう三途の川がチラチラ見え始めたときに操竜可能な合図が出た日には……アナタ!!!

 地獄にホトケ、真夏の部活時の雨、サイフを忘れたときのポケットの小銭……ってくらい、心から救済された気持ちになる格別のアクションなんだよなぁぁぁあああ!!!ww

 よって俺は、操竜ができるタイミングになったら、何を置いてもモンスターに乗っかることにしている。それにより自分がひと息つけるのは当然だが、協力プレイ時では仲間の救済につながることも多いので、ここで迷ってはいけないのである。

 そのため、ここに至るまでの数百時間で、俺はありとあらゆるモンスターの背に乗ってきたと思う。

 最初の操竜は、『モンハンライズ』を遊び始めてから2日目の、アオアシラだった。

 ちょっと見づらくて恐縮だが、そのときの様子が↓こちらだ。

※画像タップで拡大

 アオアシラには、体験版にあったチュートリアルでもまたがったので、それほど戸惑いはなかった。しかし“乗り心地”という点においては、

 「なんだか……車体(車じゃないけどw)が起き気味だし、ちょっと排気量(?)も小さいので、それほど快適ってわけじゃないな」

 という感じだった。

 やっぱり乗るからには……もっとデカくてドッシリとした、大排気量車にまたがりたいではないか!!w

 そう、俺は20代のころから、「バイクは一生の趣味だ!」と豪語していたほどのバイクバカで、これまでの約30年間で20数台のバイクを乗り継いできたと思う。それこそ、競技用のオフロードバイクに大型スクーター、もっとも大きなものでは1700ccの大型アメリカンバイクも転がしていた。なのでどうしても、操竜をしたときに頭をよぎるのは、これまでに所有してきた数々のバイクになるのである。

 そんなバイクオタクの俺をして、

 「このバイク(モンスターねw)は、じつに魅力的だな!!」

 と感動させられたモンスターは、第1に、

※画像タップで拡大

 ディアブロス!!!w

 動きが直線的で操作がしやすく、何より見た目からして、

 「こいつは、1000ccクラスの大型オフローダーだな!!! どんな悪路でも突き進む駆動力が最高だ!!!w」

 って感じがして、岩と砂漠に支配された砂原を、ディアブロスに乗ってどこまでも駆けていきたくなるんだよなーw

 続いて俺のお気に入りの1台(シツコイけどモンスターのことなw)は……!

※画像タップで拡大

 やっぱりリオレウス!!!

 動きに癖がなくて扱いやすく、紛れが少ないのはさすが『モンハン』シリーズの象徴。何より、上のスクショにある通りアクションのひとつひとつが雄大で、惹きつけられるのがリオレウスの魅力だ。

 これをバイクに例えるなら、

 「スタイリッシュで余計な機能をそぎ落とした、生粋のレーサー!! カミソリのような切れ味で雄々しく迫る!!!」

 ってところだろうかw

 そして……!

 なかなかそのチャンスはないけれど、操竜できたときのヨロコビがもっとも大きいモンスターは……やっぱり!!

※画像タップで拡大

 ラージャンなんだよなぁぁぁああああ!!!www

 初めてラージャンにまたがったときの“無敵感”は、ちょっと他のモンスターでは及びもつかないものがあったよ……! もう、背に乗った瞬間に、

 「うおおおおおお!!!! 俺がこのフィールドで、最強の男だぁぁああああ!!!ww」

 って吠えてしまったくらい、ブッチギリの武力を手にしたことが実感として伝わってきたのだ。

 ラージャンに乗ったら、もう!!

※画像タップで拡大

 あのテオ・テスカトルすら、問答無用の雷ブレスで翻弄www いっそこのまま、

 「今日からオトモガルクさんの仲間に加わりました^^ オトモラージャンです♪」

 なんてかわいく言って、我が陣営に加わってほしかったわ……w

 このラージャンをバイクに例えたら……これはもう、市販車最大3000ccの超大型アメリカン!!ww どこまでも続く真っ直ぐな道を、1ミリもブレもなくかっ飛ばす質実剛健な脳筋マシンしかありえないわなーwww

 ちなみに。

 その背に乗った瞬間に、思わず「うう……」とうめいてしまった唯一のモンスターは……w

※画像タップで拡大

 やっぱり、フルフル……w

 操竜態勢になったとき、尻から「べちゃ……w」って音がしそうで、どうにもダメでした……w

 続くw

▼前回の記事はこちら▼

『モンスターハンターライズ』
発売日:2021年3月26日(金)
対応機種:Nintendo Switch
ジャンル:ハンティングアクション
プレイ人数:1人(オンライン:1~4人)
※インターネット通信プレイ、ローカル通信プレイ対応

©CAPCOM CO., LTD. 2021 ALL RIGHTS RESERVED.

モンハン
モンスターハンターライズ
大塚角満
逆鱗ぶいっ!
連載

RECOMMEND オススメのVログ

COMMENT この記事に対するコメント

コメントはまだありません。

HOT VLOG いま人気のVログ

本サイトでは、Cookie識別子をサービスの運営・最適化・改善のため、
本サイトの利用状況およびサービス改善のための分析、
行動ターゲティング広告のために取得しています。
詳しくは、プライバシーガイドラインをお読みください。

以上に同意されるお客様は、
「同意してサイトを利用する」をクリックしてください。

Cookieの受取設定を変更する場合は、こちらをご覧ください。