Vログ

Windows 10よりも疲れにくくて快適!? Windows 11の新機能や魅力を紹介|連載

0

1633856400

2021/10/10 18:00

砂流恵介

すながれって読みます

こんにちは、ライターの砂流(すながれ)です!

10月5日にWindows 11が提供開始されました。「さっそくWindows 11にアップグレードしたよ!」「Windows 11が入ったパソコン買ったよ」って人はいますか?

さすがに少ないですよね。というか「Windows 11って何?」という人のほうが多いような気もします。

ということで、「ゲーミングPC」に関するアレコレを紹介するシリーズ。今回はいち早くWindows 11を使っている筆者が、Windows 11の魅力や新機能、Windows 10からのアップグレード方法などを紹介します。ゲームとの親和性が高いOSでもあるのでぜひチェックしていってください。

Windows 11は6年ぶりの新OS

※画像タップで拡大

Windows 11はWindows 10の後継となるOSです。Windows 10をベースにしていますが、ユーザーインターフェース(UI)や見た目が変化しています。見た目の個人的な印象は「Windows 10よりもデザイン性が上がっていて、かつ、優しいというかやわらかい感じ」。

Windows 11は「脳が疲れにくい」「より快適に使える」ことを目指しているそうで、どういうUIや見た目が脳が疲れないか、快適に使えるかを、ユーザーの脳波を測定して作られているとのこと。

なぜ疲れにくさや快適さに焦点を当てているかというと、コロナ禍でパソコンと向き合っている時間が圧倒的に増えたから。テレワークやオンライン授業などで、子どもから大人まで1日中パソコンを使っていることが当たり前になり、PCゲームや動画撮影・編集などを趣味にする人も増えました。

コロナ禍が落ち着いても、パソコンを使用する機会はコロナ以前より増えるだろうということで、力を入れているそうです。

使い始めて一週間。これまではOSをアップグレードした直後は使いにくさや、慣れていないせいでストレスを感じることもありましたが、今回のWindows 11はまだ新しいUIに慣れていないにも関わらず、たしかに疲れにくいなという実感があります。

スタートボタンやタスク内は大きく変更

※画像タップで拡大

Windows 10からの大きな変化は、「スタートボタン」が中央になったこと。これは、超横長のウルトラワイドディスプレイ(21:9)などの登場により左端にスタートボタンがあると使いにくいといったことや、先ほど紹介した脳波測定の結果、最も良い結果が出たのが中央だったことなどにより変更となりました(設定で左にもできます。ただ、上に配置するなどは現在は対応していません)。

また、スタート画面では「ライブタイル」がなくなりアイコンがピン留めされる形式に。僕は日常的に使うアプリはタイルにピン留めしているので、スタート画面の変更はまったく気にならないのですが、日常使いをしている人は大きな変化かもしれません。

タイル(一番下中央)の中で注目してもらいたいのが赤枠で囲った「仮想デスクトップ」「ウィジェット」「Teams(チャット)」。こちらはWindows 11の新要素となります。

「仮想デスクトップ」はデスクトップ画面を複数作れる機能のこと。元々Windows 10にもあった機能ですが、使い勝手がさらに良くなっています。

※画像タップで拡大

例えば、仕事で資料や文章を作成しているときに、ちょっと休憩したくなったり、LINEやDiscordを見たくなったりすることってありますよね。そういう時に、アプリを立ち上げようと思うと、上記のようにゴチャゴチャしてしまいます。

※画像タップで拡大
※画像タップで拡大

仮想デスクトップを使って新しいデスクトップ画面にSpotifyやDiscord、LINEなどを表示しておけば、仕事用のデスクトップ画面が表示されているときでも、タスクにあるアイコン(Spotifyなど)をクリックすると、自動的にこちらの画面に遷移します。

これがめちゃくちゃ便利です。Windows 10ではタスク内にある「タスクビュー」というアイコンを押すと似たようなことができるので、試したことがない人はぜひ試してみてください。

Windows 11では、壁紙も仮想デスクトップごとに変えられるようになったので、仕事用、音楽用、ゲーム用などオリジナルの仮想デスクトップがより作りやすくなりました。

※画像タップで拡大

「ウィジェット」は、スマホでお馴染みの天気やニュース、カレンダー、Todoなどの情報をさっと確認できるもの。タスクのウィジェットアイコンをクリックすると、ウィジェットがまとまったパネルが画面左端に表示されます。カスタマイズに限りがありますが、自分好みに変更も可能です。

▲出典:Microsoftの公式ブログより

「チャット(Teams)」は、Teamsアカウントを持っている友だちや仕事相手とチャットや、音声、ビデオ通話が簡単にできるもの。Windows 11よりOS内にTeamsが標準搭載されたので、これまでのようにわざわざ立ち上げる必要なく、より繋がりやすくなりました。

いい感じの新要素を紹介

※画像タップで拡大
※画像タップで拡大

続いては、目玉機能のひとつ「スナップ機能」。スナップ機能は、複数のウィンドウを整理して綺麗に配置してくれるもの。Windows 10にもありましたが、画面を2分割して綺麗に並べるくらいしかできませんでした。

Windows 11では、ウィンドウの最大化部分にマウスポインターを合わせると、スナップ機能のメニューが開いて、ウィンドウの配置方法を選べるように。画面を「二分割」「三分割」など複数の候補が表示されるので、それを選択して、どのウィンドウをどこに表示するのか選ぶだけで画面を最大限使って、かつ、整理された表示をしてくれます。

この機能は、資料を複数表示して文書やプレゼン資料を作成したり、TwitterやFacebookなどを表示しながらNetflixやYouTubeで動画を観たり、一度の複数のことや複数のものを表示するときにめちゃくちゃ便利です。

僕は1日に何度となくお世話になっています。これまでマウスで少しずつウィンドウを調整していた人からすると楽すぎてびっくりするかもしれません。

さらにスナップ機能で選んだ配置をグループ化もしてくれます。グループ化されているものにマウスカーソルを合わせると、そのアプリを単独で使うかグループしたものと一緒に表示するかを選べるので、ほかの作業をしたあとに、またさっきの配置に戻したいと思ったときに簡単に戻せます。

ゲームとの親和性も高い

Windows 11はMicrosoftが「ゲームとの親和性」をひとつの特徴にあげるほどゲームにも力を入れています。

▲MicrosoftのE3でのプレゼン動画のスクリーンショット。ゲームは『The Elder Scrolls V: Skyrim』

例えば、オートHDR機能。オートHDR機能は、SDR(スタンダード・ダイナミック・レンジ)のゲームを、自動的にSDRより鮮やかな色彩のHDR(ハイ・ダイナミック・レンジ)で描画してくれる機能のこと。

要は、少し前のゲームなどを遊ぶときに元々の色より、自動で鮮やかに綺麗にしてくれるというもの。液晶ディスプレイがHDRに対応していないとダメですが、自動なのはいいですよね。

また、Xbox Series X|Sで初めて採用された「DirectStorage」もサポートしています。DirectStorageは、NVMeのSSDやDirectX 12に対応したGPUと組み合わせることで、ロード時間の短縮や転送速度が速くなるというもの。ゲーム側の対応が必要になりますが、これから発売されるゲーム、特に大作ゲームは対応してくると思います。

あとは、今後の実装となりますが「Android アプリの対応」です。Android アプリはGoogle Playストアではなく、Amazonのアプリストア経由での使用となるようですが、Androidのアプリやスマホゲームをパソコンで遊べるようになるのは、これだけでもアップグレードの価値がありそうです。

さらに、10月1日に日本でもサービスがスタートしたクラウドゲームサービス「Xbox Cloud Gaming」があれば、Xbox Game Pass経由でもブラウザ経由からでもXboxのゲームが遊べるようになります(Xbox Game Pass Ultimateの加入が必要)。

こちらに関しては、後日記事にしたいと思うのでお楽しみに。

Windows 11へのアップデート方法

Windows 11はWindows 10から無償(無料)でアップグレードできます。アップグレード自体にめんどくささはなく、通常のWindows アップデートと同じような感覚です。

ただ、条件がけっこうきつめです。Windows 11は快適に使えるための要件が高く、4年くらい前のパソコンでも要件を満たせないものも。

自分のパソコンが要件を満たしているか知りたい場合はこちらのページをご確認ください。

https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/windows-11-specifications

※画像タップで拡大

このページの最下部に、Windows 11が動作可能かチェックできるアプリ「PC正常性チェックアプリ」があります。こちらをダウンロードして使うと、要件を満たしてくれるかをすぐに確認してくれます。

こちらの要件をクリアしている場合、Windows アップデートと同じような形でWindows 11のダウンロードが順次できるようになります。ただし、提供までに最大半年くらいかかる場合もあるので、今すぐアップグレードしたい場合は下記のリンクからダウンロードしてください。

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows11

ここで注意点を。Windows 11へのアップグレードはあくまで自己責任です。僕は今のところ不具合や使えないアプリなどはありませんが、新OSの当初は問題が起きる可能性もあります。

少なからず、日常的に自分が使っているアプリがWindows 11で動作するかを調べてからアップグレードしてください。サイトや公式Twitter、Twitterの検索などを駆使すればけっこう情報が上がっています。

まとめ

※画像タップで拡大

今回はWindows 11の魅力や新機能、Windows 10からのアップグレード方法などを紹介しました。結構な文字数になりましたがこれでもまだ一部です。

パソコンは毎日使うものだからこそ、ほんの少しでも今より快適になると恩恵が積もり積もっていきます。OSって、けっこう当たり外れがあるものだと思うんですけど(Windows Vistaとか)、Windows 11は慣れれば疲れにくく快適な感じになりそうで、個人的には安心しました。

急いでアップグレードする必要はないですが、せっかくなのでこれを機会に、ほかにどんな機能があるのか調べてみてください。

それでは

Windows
Windows11
スナップ機能
ゲーミングPC
連載

RECOMMEND オススメのVログ

COMMENT この記事に対するコメント

コメントはまだありません。

HOT VLOG いま人気のVログ

本サイトでは、Cookie識別子をサービスの運営・最適化・改善のため、
本サイトの利用状況およびサービス改善のための分析、
行動ターゲティング広告のために取得しています。
詳しくは、プライバシーガイドラインをお読みください。

以上に同意されるお客様は、
「同意してサイトを利用する」をクリックしてください。

Cookieの受取設定を変更する場合は、こちらをご覧ください。