Vログ

【ポケカ】悪ニンフィアでオフィシャルリモートポケカに参加してきました|連載

0

1634374800

2021/10/16 18:00

VJポケモン同好会

デデンネ推し>o'ω'o<

買ったデッキシールドが勿体なくてなかなか使えないミヤザッティによる記事です。

昨日よりスタートした、「オフィシャルリモートポケカ」(隔週金曜開催)に参加してきましたッッ!!! 主催であるTonamelというサイトとDiccordを使って、全3試合をビデオ通話にて行うオンライン対戦イベントです。

・参加人数:最大100名(事前応募制)
・ルール:スタンダードレギュレーション
・対戦時間:30分
・対戦形式:スイスドロー形式
・対戦回数:3試合
・デッキの数:1つ

100名を超える応募の場合は抽選となり、今回は約200名の応募がありました。なんとか当選してよかったです。落選王のやまねこ部員はやはり今回も落選でした。
このイベントは順位を決めることを目的としておらず、シンプルに対戦を楽しむ場なので、リモート環境さえ整っていれば気軽に参加しやすいイベントかと思います!

それにしてもリモートとはいえ、こういった不特定の人と対戦する場は本当に久しぶりな状況。この前がジャパンチャンピオンシップ2019のフリー対戦コーナーだったかなあ…? 2年以上前…。それ以降ぜんぜんやる機会がなく、最近になって復帰したもののやっていることはほぼ一人回しというレベルです。

そんな対戦初心者がどこまで通用するのか!?

こんな感じでカメラ視点から盤面全体が見えるようにします。自分の場合、スマートフォンを三脚で固定し、USBケーブルでPCと繋ぎ、「iVCam」というアプリを使ってWEBカメラ代わりにしています。マイクはミックスアンプ経由でヘッドセットを使用。

使用デッキ:ニンフィアVMAX+れんげきウーラオスVMAX+ガラルファイヤーV

MpMXSM-yg8THp-MyyMXM

ニンフィアVMAXをメインアタッカーにし、悪エネルギーを中心に入れた、いわゆる「悪ニンフィア」と呼ばれるデッキ。
ポケモンVが超、闘、悪と3タイプのため弱点の突きやすさが特徴。最速で2ターン目でニンフィアVMAXの「ダイハーモニー」で最大220ダメージを与えられるのも強み。相手の展開前にポケモンVを一気に倒して崩していくのが理想的な流れで、れんげきウーラオスVMAXの「キョダイレンゲキ」もフィッシャーとして活躍してくれます。

構成は悪ニンフィアのわりとスタンダードな形かなあとは思います。

■ポケモン
最初はニンフィアVMAX3枚で組んでましたが、ほしいカードが増えて枠が足りなくなり、2枚でもあまり問題なさそうだったので3-2ラインにしました。
デデンネGXはサイド落ち対策で2枚入れたかったものの、どうしても枠がなく1枚に。自分が使っていると何故かサイド行きも多いデデンネェ…。
あとヤレユータンの枠は最初メタモンV入れてました。特性の発動機会があまりなかったのこともあり、特性の使いやすさ優先でヤレユータンに変更。

■グッズ
リボンバッジは1枚にして、別の枚数増やすか、あなぬけのヒモ入れるか迷いましたが、どうしても貼れる確率を上げたかったので2枚に。自分のデッキもそうですが、ミュウVMAXデッキなど特殊エネルギー採用デッキも多いので、うねりの扇は念のため1枚入れました。

■サポート
ドロー系の配分が悩ましく、しばらくコルニ1枚マリィ3枚にしていた。しかしコルニがサイド落ちして「れんげきサーチ」でほしい時に持ってこられない状況もままあったので2枚搭載に。これが一番最後まで迷いました。

■スタジアム
当初みずの塔だけでしたが、トキワの森を採用しているデッキを見てなるほど思い1枚入れました。序盤に引けるとエネルギーを落として持ってきてと、ガラルファイヤーVが動かしやすくなっていいですね。相手にも利用されやすいので出すタイミングも選ばなきゃいけないと思いますが。

オクタンの「れんげきサーチ」とガン回しできれば2ターン目でベンチに4~5タイプ並べ、190~220ダメージ狙える状況もまずまずあり。あとリボンバッジでとられるサイドを1枚減らせるのがえらい。
ダイハーモニーの220ダメ+キョダイレンゲキ120ダメでポケモンVMAXも一撃で倒せる。とはいえ使いどころがなかなか難しく、一人回ししている段階でもあまり使いこなせなかった…。ミュウの「ベンチバリア」が最大の敵。
特性が強力でいろいろなデッキでも採用されているおなじみのカード。「じゃえんのつばさ」→エネルギーつけかえが急襲に役立ち、自身も高火力アタッカーかつミュウV・VMAXに弱点を突ける。ちなみにSAは弟がパックから当てたものでそれを回収しました。
影の主役。オクタンがいなければこのデッキははじまらない。2ターン目に立ててニンフィアVMAXかれんげきエネルギーのどちらかを持ってきて、もう一方はなんとか引く…という動きが重要でした。

試合進行の流れ

当日は随時Diccordのサーバーで運営からアナウンスがあるので、基本それに従っていけばOK。まず18:30からチェックイン受付がはじまるので、19:29までにチェックインをする必要があります。チェックインをしないと大会に参加できません。そして19:30からいよいよ大会スタートとなります。
ざっくり試合の流れを説明すると…

① Tonamel上で発表される対戦カードを確認
② 指定されたDiccordの部屋に入って対戦準備
③ 運営から対戦開始時刻が指示されるので、その時間になったら開始
④ 対戦が終わったら勝敗の結果入力を勝者が行い、敗者が承認
⑤ 次の対戦カードの発表を待つ

全試合終了から次の対戦カードが発表されるまで5分くらいなので、テンポよく進んでいきました。
対戦はイベントのフロアルールに従いながら、セルフジャッジで進行。細かいミスやトラブルなどは双方合意のうえで判断していきますが、もし困ったことがあった場合は、チャットから運営を呼んで部屋に来てもらうこともできます。

それでは3試合の結果と簡単な振り返りをしていきましょう。

1戦目:ガラルマタドガス+ヤミラミV+ガラルファイヤーV

後攻:勝ち(0-6)

後攻1ターン目でニンフィアVの「マジカルショット」で相手のドガースを倒し、出鼻をくじくことができたのが大きかったかも。しかし早々にニンフィアVMAXを1枚トラッシュに送ってしまったのに2体めのニンフィアVを育てるという、無駄な行動をとってしまうという間抜けぶりをいきなり発揮…。あほすぎる…。

それでもこちらの展開が早かったのと、相手のもう1枚のドガースがサイド落ちしていたようで勝ち切ることができました。

2戦目:ミュウVMAX+ゲノセクトV

後攻:負け(1-0)

早々にガラルファイヤーVから展開することができ、ボスの指令を使って、ウィークガードエネルギーを貼っていないミュウVMAX→ミュウVと倒していくという順調なペース。さらにワタシラガVからボスの指令を回収し、最後はデデンネGXを呼び出してニンフィアVMAXでフィニッシュ!!!

…と思いきや、ワザを使おうとしたらエネルギーが1枚足りないことに気づき……。ここで焦ってそのまま相手へ番を送ってしまったのですが、その直後に「れんげきサーチ」を使ってれんげきエネルギーを持ってきて貼ればワザを使えたという状況でした。なんという痛恨のミス…… (T_T)

さすがに露骨なミスに対戦相手もビックリしていましたが、番を送ってしまった関係上巻き戻しはせず、そのまま進行。そしてその番でこちらの場を崩されてしまい勝ち筋が遠のき、サイドを先に取り切られて終わりました。1手のミスで勝敗が決まったいい例(悪い例?)です。

3戦目:はくばバドレックスVMAX+スイクンV

先攻:投了負け(5-3)

相手のマリガン2回でこちら手札+2枚のうえ先行と有利に思えたものの、序盤からしばらくエネルギーや必要なカードがぜんぜん回収できずポケモンを並べるだけの状況続きに。

なんとかれんげきウーラオスVMAXにエネは貼れたものの、途中から自分でもよくわからないくらい意味不明な行動した挙げ句、「ベンチバリア」のミュウが出てきた段階で勝ち筋を出すのが難しくなり(ボスの指令はすべてトラッシュにあった)、制限時間も迫っていたので投了しました。

他にもバトル場にヤレユータンがいて何もできない番がありそのまま番を送ってしまったのですが、ニンフィアVの「ドリームギフト」を使って、ふうせんを持ってくればよかったなど全体的に行動がグチャグチャな一試合でした。思ったより前の試合のミスを引きずっていたのかも…。

【まとめ】致命的なプレミ多すぎ、特性使い忘れすぎ

というわけで3戦ともプレイミスが大きく目立った試合。さすがにひどすぎる…。
実は前日にやまねこ氏と練習試合をして、その時も「さるぢえ」や「れんげきサーチ」を使い忘れていて、「特性使い忘れないようにしないとな…」って話してたんですが結局やらかしました…。相手に迷惑をかけないように、プレイミスをしないようにって意識していると余計に緊張して、よくわからんことしてしまいますね…。圧倒的に場数が足りないなァというのを痛感しました。
とはいえ2年前の頃に比べたらだいぶ奮闘できるようにはなったかなと思っています。

iVCamは自分のカメラ映像も録画することができます。振り返りたい際に便利ですが、致命的なミスは見返したくないというジレンマも。

感想

悪ニンフィアを使ってみて

最近採用率の高い、うねりの扇はこちらに結構刺さりました。「れんげきサーチ」で回収できるとはいえ、それに使ってしまうことで展開が遅れがちに。ニンフィアVMAXもれんげきウーラオスVMAXも、れんげきエネルギー+悪エネルギーの組み合わせで攻めるので、悪エネルギーが付く前に戻されると次のターン攻撃できずという状況が苦しめ。

「ベンチバリア」のミュウも今は減ったかなあ~と思っていましたが、今の環境はクワガノンデッキが驚異的とのことで、再び入れ始めている人も増えているようです。ボスの指令のタイミングを誤らないようにしないと…。

あとは頂への雪道が序盤に出てくると「デデチェンジ」や「じゃえんのつばさ」が使えなくなりツラかったです。2ターン目にオクタンを立てれるかがやはり生命線でしょうか。

結局自分のプレイングが稚拙な段階なのが一番の問題なのでしっかり回せばいけるかな!? 状況に応じて攻めるポケモン変えていけるのはやはり強いとは感じるので。

京都大会で大活躍してTwitterのトレンド入りも果たしたクワガノン。今、勝つためのデッキを選択するならクワガノンがかなりいいとのこと。「慣れるまでちょっと難しいけど、本当に強いのでぜひ一度回してみてほしい」と対戦相手方の談。
レスキューキャリーで特性「バッテリー」のデンジムシを2枚回収し、毎ターン「エレキブラスター」を使う立ち回りが超強力。ただこのデンジムシがレギュレーションがCなのでそろそろ使えなくなる可能性もあり、今から組むのは迷いがちなところも。

オフィシャルリモートポケカに参加してみて

こういったリモート対戦会の参加は初なので不安なところもありましたが、運営スタッフの方がDiccordで逐一丁寧に指示を出してくれるのでそれに従っていれば何も困ることはなかったです。皆さんリモート環境での対戦に慣れている方が多いと思うので、大会全体も進行に滞りがなく非常にスムーズに試合をしていけました。

自分のプレイングは散々でしたが、やはり対戦するのは面白かったですし、3戦目の後はそのまま少し部屋に残って雑談にも付き合ってもらえて楽しかったです。ポケカプレイヤーと触れ合えるいい機会にもなりました。今はもっと対戦したい!という欲がめちゃくちゃ湧き上がっています!!

オラもっと強えやつと戦いてえ…いや強えやつはだめだ…返り討ちにされちまうからな……ほどほどで頼む。

ちなみに冒頭で今回は応募数約200名の中から抽選で100名選ばれたという話しをしましたが、当日大会に参加したのは46名と半数以下でした。平日のちょっと早い時間から開始ということもあり、仕事などの都合で急遽参加できなくなってしまう方もいるだろうとは思っていましたが、予想以上に減っていた印象です。

次回は10月29日(金)に開催!

今後も隔週金曜日に開催し、現在も次回大会のエントリーを受付中! 参加賞として紙製のプレイマットがプレイヤーズクラブに登録した住所に送ってもらえるのですが、当日急遽プロモカードパック第7弾を1パックも追加でもらえるとアナウンスがありました。うれしい~。次回もこの2つがもらえるようです!

オフィシャルリモートポケカ 大会ページ

ということで、次回もデッキ構築・選択から見直して参加したい! 今度はやまねこ部員にも参加してもらいたいなあ。いいかげん抽選系当たってくれよ~~。あと、VジャンプレイポケカDiscordみたいのも作りたいなあ!?(また勝手に言ってるだけ)

それでは~>o'ω'o<ノシ

ポケモン
ポケカ
連載

RECOMMEND オススメのVログ

COMMENT この記事に対するコメント

コメントはまだありません。

HOT VLOG いま人気のVログ

本サイトでは、Cookie識別子をサービスの運営・最適化・改善のため、
本サイトの利用状況およびサービス改善のための分析、
行動ターゲティング広告のために取得しています。
詳しくは、プライバシーガイドラインをお読みください。

以上に同意されるお客様は、
「同意してサイトを利用する」をクリックしてください。

Cookieの受取設定を変更する場合は、こちらをご覧ください。