Vログ

知らないと損かも!? PCやスマホで大作ゲームを遊び放題のXbox Cloud Gaming|連載

2

1635066000

2021/10/24 18:00

砂流恵介

すながれって読みます

こんにちは、ライターの砂流(すながれ)です!

突然ですが皆さんは「Xbox Cloud Gaming(Xbox クラウド ゲーミング)」をご存じですか?

10月1日から提供がはじまったばかりのサービスなんですが、個人的には「ゲーマーは知らないと損かもレベルにイケてるサービス」だと思っています。それぐらいコストパフォーマンスも良くてサービス満足度が高いんです。

ということで、今回はXbox クラウド ゲーミングと、Xbox クラウド ゲーミングを遊ぶために加入が必要な「Xbox Game Pass Ultimate」について紹介します。

Xbox Game Pass Ultimateって?

まずは、Xbox クラウド ゲーミングを遊ぶために加入が必要な「Xbox Game Pass Ultimate」について紹介します。Xbox Game Passは、100以上の人気ゲームを月額課金で遊べるサブスクリプション型のサービスです。

例えると、音楽を定額で聴けるSpotifyや、アニメや映画を定額で楽しめるNetflixのゲーム版。

▲Xbox Game Pass 紹介ページからのスクリーンショット

Xbox クラウド ゲーミングは、Xbox(ゲーム機)、PC、モバイル向けのゲームが遊べたり、Xbox Live Goldなどの特典がついてきたりする、いわゆる全部盛りの「Xbox Game Pass Ultimate」に加入すると、使えるようになります。

Xbox Game Pass Ultimateの料金は初月100円で、その後が月々1100円(税込)。この後に紹介していく情報を見ると、1100円がかなり安くみえてくると思います。

*Xbox Live Gold
Xbox Series X|SやXbox One向けのゲームで、オンラインを使った対戦や協力プレイをするときに必要。ほかにも、動画配信サービス、会員限定サービスなども利用できる

Xbox クラウド ゲーミングって?

Xbox クラウド ゲーミングは、スマートフォン、タブレット、PCで最新世代のXboxのゲームが遊べるサービスです。

ポイントは・・・
・Xbox Series X|S などのXbox本体を持っていなくても遊べる
・ゲーム専用のデバイスじゃなくても遊べる
・ダウンロードもインストールも不要で場所を選ばず遊べる
・最新ゲームを含めて100本以上のタイトルを遊べる
こと。

皆さん、スマホかタブレットかPCのどれかは持っていると思います。そのどのデバイスからでも、100本以上のXboxのゲームが遊べるわけです。ちょっと凄くないですか?

Xbox クラウド ゲーミングは、Netflixなどで映画を観るのと同様にクラウドからストリーミングでプレイをします。だからこそ、デバイスの性能はさほど重要ではありません。

システム要件はありますが、YouTubeでゲーム実況を見るのにゲーミングPCやゲーミングスマホじゃないとダメとかありませんよね? それと同じようにXbox クラウド ゲーミングもiPhone、iPad、Android スマホ、PCなど色々なデバイスで遊べます。

アプリかブラウザーで遊びたいゲームを選ぶだけ

▲Xboxアプリのスクリーンショット

Xbox クラウド ゲーミングの遊び方はめちゃくちゃ簡単です。Xbox Game Pass Ultimate に加入して、Xbox、もしくは、Xbox Game Passアプリから遊びたいゲームを選ぶか、インターネットブラウザで「Xbox.com/play」にアクセスして遊びたいゲームを選ぶだけ。

*iPhone、iPadは現在、インターネットブラウザからのアクセスのみ対応

めちゃくちゃ簡単ですぐに遊べるので、例えば電車で移動中、カフェで待ち合わせ中、家族がテレビを見ていて使えないのでスマホで、といった感じで遊べます。クラウドでデータを共有しているので、自宅ではXbox Series X|Sやパソコンで遊んでいる場合でも、続きからスマホやタブレットで遊べるのもイケてる点です。

※画像タップで拡大

Xbox クラウド ゲーミングをスマホやタブレットで遊ぶ場合は一部タッチでも遊べるゲームはありますが、コントローラーで遊ぶのが基本です。

地味に凄いというか「マイクロソフト、懐が広いなぁ」と思うのが、コントローラーがマイクロソフト製じゃなくても大丈夫なこと。これ系のサービスって、自社コントローラーしか対応しないパターンが普通です。でも、Xbox クラウド ゲーミングはPlayStationコントローラーなど、BluetoothやUSB接続でスマホやタブレット、パソコンと接続できるコントローラーも使えるので、対応していれば自分がすでに持っているゲーム機のコントローラーで遊べるんですよね。

ちなみに、スマホで遊ぶときは、上記画像のようにコントローラーの上にスマホを装着する市販のクリップを使うと便利です。

どんなゲームが遊べるの?

▲Xbox Game Passのスクリーンショット

Xbox クラウド ゲーミングで遊べるタイトルは、定額遊び放題サービス 「Xbox Game Pass」にあるもの。

発売されたばかりの『back 4 blood』や、2021年6月発売の『SCARLET NEXUS』、『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』、『龍が如く7 光と闇の行方 インターナショナル』、『ドラゴンクエスト・ビルダーズ』『HADES』などのゲームが100本以上用意されています。

▲Forza Horizon 5
▲Halo infinite

しかも、2021年の年末に発売される『Forza Horizon 5』や『Halo infinite』なども、発売日から遊べるという大盤振る舞いです。

発売されたばかりのゲームを1つ買うとなると数千円はかかります。今盛り上がっているタイトルが、100円もしくは1100円から遊べると思うだけでもかなりお得な感じしますよね。

PCでゲームを遊んでいる人には特におすすめ

Xbox クラウド ゲーミングは、ゲーミングPCやXbox本体を持っていない人が手持ちのデバイスでXboxのゲームが遊べるという利点が大きいですが、僕はPCでゲームを遊んでいる人に特におすすめしたいです。

その理由は、ダウンロードもインストールも不要だから。最新の大作ゲームは、容量が100GBを超えることが当たり前になってきました。この100GBがくせ者なんですよね。

まず、SSDやHDDの容量をめちゃくちゃ圧迫します。1TB以上のSSDを搭載していても、写真や動画、ゲームの録画データなども同じSSDに保存している場合、常に容量とのたたかいです。だからこそ、思った以上にカジュアルに新しいゲームを遊べないという事態に陥ります。これはゲーマーあるあるではないでしょうか。

その点Xbox クラウド ゲーミングは、Xbox Game Passにあるゲームであれば遊び放題ですし、ダウンロードもインストールも不要ですぐに遊べるので、カジュアルに遊んでみたいと思ったゲームも、一度アンインストールしたゲームもすぐに遊べます。

とはいえ、ストリーミングでゲームを遊んでいるので、もともと4K対応のゲームでも4Kの高解像度では遊べませんし、多少の遅延を感じることもあります。その状態を物足りないと思ったり、もっと高解像度で遊びたいと思ったりしたゲームだけダウンロードすれば、容量の節約になるのでゲームライフがより快適になるわけです。

まとめ

▲Xbox クラウド ゲーミングからのスクリーンショット

今回は「Xbox クラウド ゲーミングを紹介しました。遊びたかったタイトルや、これから追加される予定のタイトルで遊びたいものがある場合はXbox Game Pass Ultimateに加入することをおすすめです。

ゲーミングPCやXboxを持っていなくても、ストリーミングで遊べますし、もっと高画質で遊びたいと思ったときにゲーミングPCの購入を検討するのが良いと思います。初月100円ですしね。

それでは!

* 18才未満の方は Xbox Game Pass に加入することができません。

Xbox
ゲーム
クラウド
サブスク
連載

RECOMMEND オススメのVログ

COMMENT この記事に対するコメント

コメントはまだありません。

HOT VLOG いま人気のVログ

本サイトでは、Cookie識別子をサービスの運営・最適化・改善のため、
本サイトの利用状況およびサービス改善のための分析、
行動ターゲティング広告のために取得しています。
詳しくは、プライバシーガイドラインをお読みください。

以上に同意されるお客様は、
「同意してサイトを利用する」をクリックしてください。

Cookieの受取設定を変更する場合は、こちらをご覧ください。