Vログ

【モンハンライズ】大塚角満の“逆鱗ぶいっ!”第80回 決着って……そっち!?|連載

0

1637139600

2021/11/17 18:00

大塚角満

ゲームライター、逆鱗日和の作者

大塚角満による『モンスターハンターライズ』のプレイ日記! 『逆鱗日和』から幾星霜--。舞台をVジャンプレイに移して、『モンハンライズ』で出会った毒にも薬にもならない日記をここから発信します!

苦い思い出

 風神・イブシマキヒコと、雷神・ナルハタタヒメの2頭を同時に相手にする屈強なクエスト“百竜ノ淵源”に初めて挑んだときのことを綴っている。

※画像タップで拡大

 前回の記事では、俺の使い込まれた必殺の銃槍がイブシマキヒコを翻弄し、早々に決着をつけて百竜ノ淵源ナルハタタヒメとの一騎打ちに持ち込んだ……という、華麗な前半戦の模様をお届けした。

 かかった時間は、10分ほどか。

 イブシマキヒコとの激突はこれまで、どうしても時間がかかる百竜夜行に限定されていたので、このタイムで狩れたのなら……けっこうおいしいクエストな気がする。イブシマキヒコの素材集めに百竜ノ淵源を利用するの、アリかもしれないなぁ^^

 なんて、フワフワとした気持ちであたりを見れば……いますよいますよ百竜ノ淵源ナルハタタヒメが!!!

※画像タップで拡大

 そう、まだコイツがいるんだ……。

 左に表示されているモンスター名を見ると、イブシマキヒコはそのまま、

・イブシマキヒコ

 という表記なのに対し、ナルハタタヒメは、

・百竜ノ淵源ナルハタタヒメ

 と、クエスト名に紐づいた恐ろし気な二つ名が冠として付けられているではないか。

 つまり、このクエストのキモはイブシマキヒコではなく、後に控えるナルハタタヒメのほうなのだろう。前者はあくまでも、横綱土俵入りで言うところの太刀持ちか露払いで、後者の威厳を強調するための引き立て役……って感じなのかもしれない。

 「なるほど……! そう考えると、百竜ノ淵源ナルハタタヒメには大横綱の風格さえ感じるな……!」

 相撲マニアの俺、狩らなければいけない対象なのに、しばし恍惚とした表情でナルハタタヒメを眺めてしまった。まるで、ダークヒーローに憧れる少年のように……。

 しかし、ポケーっと見つめているだけではいけないのだ。

 この生ける飛行船をとっとと討伐して、バルファルクへの足掛かりを作らないといけないのである!

 「いかんいかん!! 気合を入れ直して、ナルハタタヒメを仕留めてやる!!!」

 俺は勇躍、ガンランスを構え直して、エリアの中央付近でフワフワしていたナルハタタヒメに襲い掛かろうとした。

 が……!

 そのとき……(((( ;゚Д゚)))

※画像タップで拡大

 「ん???」

 突如画面が暗くなり、逆立ちのような状態になったナルハタタヒメの身体から、小さな紫色の玉っころが落ちてきた……ように見えた。

 ほんの一瞬の刹那だったんだけど、俺はこのときに不思議と冷静で、

 (あー……。何してんだろコイツ)

 (暗いけど……日食かなんか??)

 (落ちてきた玉、キレイだなぁ^^)

 ↑こんなことを考えていたはずだ。思えばこれが……昇天間際に感じられるという、時が止まった感覚だったんだよね!!!www

 その直後--!!

※画像タップで拡大

 パーーーーーーーーン……!!!!!

 弾け飛んだ、紫色の玉……!

 画面を覆い尽くす、美しくも禍々しい光の洪水……!!

 そのすぐ後に出た画面表示に、茫然とたたずむ老ガンランサー……w

 「力尽きました」

 ……って、ええええええええッ!!!? な、なんやねんいまの!!! 俺、なんとなくの危険を察知して、しっかりとガードしてたよ!!!? ガード強化だよ!!!? 我慢強いねん!!!>< 堅いねん!!!>< そそそ、それをも突き破って絶望的なダメージを与えてくるとは……百竜ノ淵源ナルハタタヒメ、相手にとって不足なしッッ!!!

 ……一瞬、

 「……いや、それ、あんさんのセリフじゃないよね??^^;」

 という、ナルハタタヒメの心の声が聞こえた気がしたが、そう感じてしまったのだから仕方がないではないか。

 この1オチでようやく、俺のガンランスの切っ先を鈍らせていた“憧れ”の気持ちは雲散霧消し、ガチで立ち向かえる態勢になったと言える。

 ここはやはり、過酷な生存競争の場なのだ。

 畏れ多いとか、かっこいいとか、いやんステキなんていう感情は、はなから持ち込むべきではなかったのである。明日に向かうのはどちらなのかを決定づける場に、余計なものを必要ない!!

 ようやく、地に足のついた老ガンランサーは、備え付けのバリスタなどを活用しつつ、ナルハタタヒメが地面に落ちたら速攻で駆け付けて竜撃砲……という立ち回りで、この地のヌシを追い詰めていった。

※画像タップで拡大

 しかも、開始から20分ほどが経過したころ、思わぬ“援軍”がやってきてくれるのである!!

※画像タップで拡大


 うおおおお!!!ww ここで登場!!! 『モンハンライズ』のメインモンスター、マガイマガド!!!

 このシーン、いまだに脳裏にこびりついているけど、本当にかっこよかったわ……!

 べつに俺の助けに来てくれたわけじゃなく、ただただオノレの居場所を確保するために強力なライバルを排除しようと、すべての用事をかなぐり捨てて馳せ参じた……って感じなんだけどさ。少年マンガなんかで、

 「キサマの味方ではない。俺の邪魔をするものを、蹴散らしにきただけだ」

 って、かつての仇敵が現れることがあるけど、まさにあんな感じ!!! そういう場面、めちゃくちゃ好きなんだよねぇぇえええ!!!(興奮)

 そんなマガイマガドの協力(?)を得ながら、俺は百竜ノ淵源ナルハタタヒメに立ち向かい続けた。

※画像タップで拡大

 さらに、加速速射弾を撃ち込み……!

※画像タップで拡大

 あともうちょっとで討伐できるのでは……!!

 と思った、そのとき……!

※画像タップで拡大

 百竜ノ淵源ナルハタタヒメが、空中に飛び上がったと思ったら……!!!

※画像タップで拡大

 チーーーーーーーン……w

 クエスト終了~~~……www

 ……って、じつはマガイマガドが来てくれた時点で2オチしていて、とっくに後がなくなっていたんだよね^^; 最後のシーンも何が起こったのかよくわからず、

 「あ……w やっちゃった……w」

 と、半笑いの状態で点に召されてしまったんだよな……。な、なんて情けない……。

 こうして、じつに締まらないんだけど、初めて挑んだ“百竜ノ淵源”は、

 角満:3オチ

 このような、絵に描いたようなお約束の結末になってしまったのでした!!!w チクショーーー!!!

 続く!

▼前回の記事はこちら▼

『モンスターハンターライズ』
発売日:2021年3月26日(金)
対応機種:Nintendo Switch
ジャンル:ハンティングアクション
プレイ人数:1人(オンライン:1~4人)
※インターネット通信プレイ、ローカル通信プレイ対応

©CAPCOM CO., LTD. 2021 ALL RIGHTS RESERVED.

モンハン
モンスターハンターライズ
大塚角満
逆鱗ぶいっ!
連載

RECOMMEND オススメのVログ

COMMENT この記事に対するコメント

コメントはまだありません。

HOT VLOG いま人気のVログ

本サイトでは、Cookie識別子をサービスの運営・最適化・改善のため、
本サイトの利用状況およびサービス改善のための分析、
行動ターゲティング広告のために取得しています。
詳しくは、プライバシーガイドラインをお読みください。

以上に同意されるお客様は、
「同意してサイトを利用する」をクリックしてください。

Cookieの受取設定を変更する場合は、こちらをご覧ください。