Vログ

【ポケカ】ムゲンダイナVMAXデッキはやはり使いやすい! オフィシャルリモートポケカ結果レポ|連載

0

1636794119

2021/11/13 18:01

VJポケモン同好会

デデンネ推し>o'ω'o<

こんにちは!! 役立たずのミヤザッティです!!

今回は11月12日に開催されたオフィシャルリモートポケカの参加レポートです。前回は抽選に外れたので、一ヶ月ぶりの対戦となります!(今回は120人未満だったので全員当選)

↓11/12回の参加レポ↓

今回の使用デッキは最初【サンダースVMAX+スイクンV】のデッキを考えていたのですが、一人回しの段階でもあまりうまく動かせなかったのと、「うらこうさく」で長考してしまい相手に迷惑をかけそうだったので前日に急遽【ムゲンダイナVMAX】にすることにしました。
あと単純に自分がブラッキー好きなので、ブラッキー入りデッキが使いたくてしょうがなかった…というのもあります。

デッキはちょうど最近ライチュ梅川氏がツイートしていたガラルマタドガス入りの構築ベースにさせてもらい(感謝)、少し調整しました。

使用デッキ:ムゲンダイナVMAX+ブラッキーVMAX+ガラルマタドガス

【デッキコード】SpMMpM-iN70wC-yyMy3M

とにかく頂への雪道をなんとかしないと始まらないと思ったので、スタジアムの種類と枚数に悩みました。最終的には混沌のうねりではなく、エネ事故が防ぎやすく「じゃえんのつばさ」用にも便利なトキワの森を3枚とさらにマーシャドーも採用。マーシャドーは「ドレッドエンド」との相性は悪いですが、万が一スタジアムが引けなくてもボールから破壊できる手段を持てるので役立ちそうかなと。ただベンチが埋まりがちなので呼び出すチャンスがあるかどうかはわからず。

ブラッキーVラインも悩ましかったです。本当は3-3かせめて3-2にしたかったのですが、削る枠がなくてそのまま2-2に。

あとは逃げる手段を多めにしたいので、ポケモンいれかえをもう1枚追加したかったところでもあります。自分の場合、よくリセットスタンプを序盤に引いてトラッシュコースするケースが多いこともあり、いっそ抜こうかとも考えましたが、ちょっとでも逆転要素は残したほうがよいのかなとも思い1枚入れました。最近は2枚入り構築をよく見かける気がします。

1戦目:VS ヤミラミV+ガラルマタドガス

○後攻:勝ち

序盤からこちらは手札にボスの指令以外のサポートがこず苦しい状況だったものの、相手側も手札がうまく回っていないという拮抗した状態。最初メッソンとガラルジグザグマだけ確認できたので、「サンダースVMAXかな…?」と思ったのですが、あとでガラルドガースが出てきてさっぱりわからなくなっていました。

その後もしばらくサポートを引けずやれることが少なかったものの、相手も完全に手札事故の状況で何もできない番もあるほどで、こちら以上に苦しそうな状況でした。かろうじてこちらはムゲンダイナVMAXを2ターン目から展開できていたことが有利に働き、メッソン、ガラルマタドガス、インテレオンと毎ターン1体ずつ倒してサイドは有利な状況へ。ただ「かんしゃくヘッド」と「クイックシューター」でダメカンをじわじわ乗せられていたので反撃が怖くもありました。

そして相手がヤミラミVを出した段階でようやく「ああマッドネイルか…!」と気付くという。前々回の1試合目もそういえばヤミラミV+ガラルマタドガスだった…!

そして次の自分の番で、1ターン目から温存していた(というかトラッシュする手段もなかった)ボスの指令を使ってすぐにヤミラミVを倒し、残りサイド1枚!

返しの番で相手はキバナからの展開で次に出したヤミラミVに2枚エネを貼り、ダメカンが50乗っていたムゲンダイナVMAXは「マッドネイル」で310ダメージを与えられて一気に気絶! ダメージがえぐい…!! 

しかしこちらは後続のガラルファイヤーVが育っていたので、そのままヤミラミVを倒して勝利。結局終始相手がうまく回らずに勝ててしまったという、実力で勝った気がしない試合内容でした(ありがちとはいえ)。自分が試合で使ったサポートはわずかボス1枚のみ。

「マッドネイル」は10+ダメカンの数×60なのでダメージの伸びが非常に大きい。「かんしゃくヘッド」+「クイックシューター」で30ダメカン置くだけでも、HP220のポケモンVを倒せる火力。使いたくなりました。

2戦目:アルセウス&ディアルガ&パルキアGX(三神ファイヤー)

○先攻:勝ち

対戦前に相手の盤面にGXマーカーが置かれていた段階で三神の予感はありました。開幕にガラルファイヤーVとザシアンVが並び、これはきつそうだな~~…と思いながら始まった試合。

今回は初手から悪くなさそうな動きができそうかなと思いきや、クイックボールでブラッキーVを持ってこようとしたら、2枚ともサイド落ち……っ!! 視界がグニャる…! 思わず山札確認を3周くらいしてしまいました。CL福岡の配信で何度か見た光景ですなこれ…! 

それから相手の後攻2ターン目で追加効果ありのオルタージェネシスGXを使われてしまったものの、先攻3ターン目でムゲンダイナVMAXを立てつつ手札を回しまくってなんとかベンチに8体並べ(この段階ですでにブラッキーVMAXは諦めて2体ともトラッシュ…)、「ドレッドエンド」+ガラルジグザグマの「かんしゃくヘッド」で三神を一撃で倒すことができたのは大きなアドバンテージに。ムゲンダイナVMAXはこの動きが強いィィ!!

しかし喜びもつかの間、返しの番でガラルサンダーVが出てきて特殊エネルギーも貼った状態でバトル場に…!! 闘弱点のムゲンダイナVMAXは一撃でヤラレチャッタ。この奇襲はつらい…! 一気に相手の残りサイドは2枚に。

控えで育てていた後続のムゲンダイナVMAXでガラルサンダーVを倒してこちらはサイド残り1枚だが、次の番でボスの指令を使われてしまうとこちらの敗北という状況。次で決まるかどうか、互いに緊張が走る…。

相手はデデンネGXの「デデチェンジ」などを使ってボスの指令を目指していくものの、それでも引くことができず最終的にサポートは博士の研究を使用。そのタイミングでボスの指令を引いていたようです。少し届かなかった…!

ここで相手はプレシャスボールからベンチに三神を出し、場に出ていたガラルファイヤーVをポケモンいれかえで交代し、ひとまず1ターン時間を稼ぐ作戦へ。博士の研究を使った段階で自分はホッとしていたものの、その手があったか…! ガラルジグザグマは1枚しか入れていないので、次のターンではどうやっても三神を一撃で倒すことができない…! さらにリセットスタンプを使われ手札が1枚となり、身動きもだいぶ封じられた状態に。

こちらも次のドローでボスの指令を引ければ勝てる状況ではあったが、当然そううまくいくはずがない。ひとまず三神に「ドレッドエンド」を使って相手ターンへ。これでボスの指令を使われて、三神をザシアンVかガラルファイヤーVに交代されることで負けてしまう…。
しかし、相手は先ほどポケモンいれかえを使った関係でベンチと交代する手段がなかったようで、やむなくボスの指令でベンチのブラッキーV(エネなし)を呼び出して番を送る。

だが……! ここで奇跡……っ! 先ほどのリセットスタンプで引いた1枚は、ポケモンいれかえだったのであるっ………!!


こうして、ブラッキーをムゲンダイナVMAXといれかえ、三神を倒して超ギリギリ勝利!!

…勝利、とはいったものの、実は相手がガラルファイヤーVをポケモンいれかえではなくエネをトラッシュしてにげていれば(※)、三神を入れ替えることができたため逆にこちらが負けていた状況だったのです。

※:そのとき「じゃえんのつばさ」で1エネ付ければ計2エネになって逃げられる状況だったのですが、焦ってしまいついポケモンいれかえを使ってしまったとのことでした。自分もその時はアワアワしていて気付きませんでした。

ということで2試合目もあまり勝った気はしませんでした。とはいえ、いつ決着がつくかわからないヒヤヒヤした戦いが楽しかったです! シーソーゲームというやつでしょうか!?

「らいめいげり」がムゲンダイナVMAXを弱点込みでちょうど一撃で倒せる威力。ムゲンダイナデッキは大量にポケモンVを並べる関係でほぼ特殊エネ1枚で使えてしまう。CL2022福岡の優勝者デッキには非採用だったので油断していました。

3戦目:ガラルタチフサグマ

×先攻:負け

序盤でメッソンとガラルジグザグマが並び、ガラルタチフサグマのカードを確認。このガラルタチフサグマってなんだっけ…!?というレベルではじめて見るタイプのデッキだったので、動きがまったくわからずにいきなり困惑状態からのスタート(勉強不足)。

あちらの動きとしてはジグザグマでダメカンを乗せつつ、「うらこうさく」からふしぎのアメでガラルタチフサグマに進化させ、「むじひないちげき」で150ダメージ与えてくる立ち回り。

こちらが細々とムゲンダイナVMAX、ガラルファイヤーV、ブラッキーVと用意していく段階で相手は着々と準備を整えていき、これはヤバイんじゃあないかという状況に…! 先にガラルマタドガスを展開させておくべきだったか…!?と思ったものの時既に遅し。無慈悲な150ダメージがムゲンダイナVMAXへと飛んでくる。

ひとまず2回攻撃されて倒されないよう、ムゲンダイナVMAX→ガラルファイヤーV→ムゲンダイナVMAXと交代させながらなんとか凌いでいく。ただ結局目の前のガラルタチフサグマを倒しても、次のターンには再びガラルタチフサグマで150ダメージ与えてくるというスピーディーさから、常に追い込まれている状態。

先にガラルタチフサグマを1体ずつ倒してサイド3枚とったものの、ムゲンダイナVMAXもガラルファイヤーVもHP残りわずかで、すぐにでも5枚とられてしまうという窮地に陥る。

加えて、レスキューキャリーやふつうのつりざおでトラッシュのポケモンをすぐに回収されるため、いくら倒しても次々と場に出てきてしまう。ギリギリHPが10残るな…と思っても「かんしゃくヘッド」が飛んでくるのでまったく油断ができず、付け入る隙がほとんどない。この動きは…クワガノンと似ている…!!

そうしてうまく「かんしゃくヘッド」のダメージ調整でムゲンダイナVMAXが倒されてしまい、こりゃまずいと思ってガラルマタドガスをバトル場に展開させるも、次の番ですぐボスの指令を使われてガラルファイヤーVも倒されてしまう。せっかく入れたのにほとんど機能せず…やはり場に出すのが遅すぎた…!

その後2体目のムゲンダイナVMAXを立てたものの、自分が残りサイド2枚、相手が1枚の状況で自分のターン中に試合終了時間が来てしまうことに…。相手の動きがぜんぜんわからないぶん、いつもより考える時間も増えてしまったのがいけなかった。
ただすぐには引き分けとはならず、運営の案内で「次の後攻の番で決着付かなかったら引き分け」ということに。

続行後、前のターンでムゲンダイナVMAXが「だまらせる」を受けていたため(これもきつかった)、ワザを使えない状況だったのでこちらは何もできずターンを送ることに。
そして最終ターンで相手は「うらこうさく」からボスの指令を引き、ベンチのガラルマタドガスに「かんしゃくヘッド→ボスの指令→むじひないちげき」で残り1枚を取ってこちらの敗北…!!

対策として出したガラルマタドガスが最後の敗因ともなりました…。いやでも、結果的には引き分けという形で終わらずに決着を付けてもらえたのはよかったです。
しかしほんとに強くて終始しんどかった…。まさかこんなダークホースが隠れていたとは。

HPが170というのが絶妙で、ムゲンダイナVMAXとガラルファイヤーVしか一撃で倒す手段がない。ブラッキーVMAXだと160ダメージなので足りないのです。しかも「オーラバーン」だと自分にダメカンが乗るぶん、逆に「むじひないちげき」の餌食になってしまう。「だまらせる」の効果も非常に厄介と、非Vながらなかなか倒す手段も厳しい相手。

ガラルマタドガスで時間を稼ぐべきだった? 先にメッソンラインを倒すべきだった?

結局のところ、「ガラルマタドガスを先に展開すべきだったか?」というのが悩ましかったです。HP170のため「バッドポイズン」だけだとポケモンチェック5回ぶん必要で、単純な時間稼ぎにしかならないかもという感じで、試合の制限時間切れになる可能性がより高そうな気も。対戦相手としても、ガラルマタドガスは「少しだるくなる」くらいでそこまで驚異というわけでもなさそうでした。

むしろこういう場合、先にメッソンラインを狙って倒すべきでしたかね…終わってから考えてみても勝ち筋がわかりませんでした。経験が少ないぶん、このへんの判断力も難しいですね…。

ちなみに対戦相手の方はこのデッキで今回のリモートポケカ大会以外でも負けなしということです。めちゃくちゃ手練じゃあないか! そりゃ勝てんわ。

ということで今回は長めの振り返りとなりました。長すぎたかな…。

今回使ったムゲンダイナデッキの感想

  • 悩む部分が少ないので動かしやすい
  • でもガラルマタドガスの出すタイミングが難しい
  • ブラッキーV・VMAXを増やしたい

結果は2勝1敗とはいえ勝たせてもらった感もあるのであまりしっくりしない感じですが、前回悪ニンフィアを使った時のような致命的なプレイミスが起きなかった(と思っている)のがよかったです。

やはりムゲンダイナデッキは比較的運用がシンプルで動かしやすく、安定して高火力を叩き出せる点がいいですネ! 毎ターン意識する特性が「じゃえんのつばさ」くらいで使い忘れが少なく、自分のような対戦初心者には改めて向いているデッキだなあと思いました。特性を封じられるととてもつらい以外は非常に強いデッキだなと改めて感じます。

今回は運良く頂への雪道搭載デッキには当たらなかったので、マーシャドやスタジアムの選択がどこまで有効かは引き続き気になるところはではあります。トキワの森のおかげでエネ事故にならずに済んだ部分もありますが、相手に活用されてしまう場面もあったので悩ましところ。でも結局自分がやりたいことを押し付けてしまった方がいいのかな?

あとはガラルマタドガスを活かせなかったが反省点。案外自分の場合はガラルマタドガスを抜いて原点回帰したデッキのほうがいいかなあ…!?とも。それかガラルマタドガス1-1ラインとか…? それならブラッキーV・VMAXのラインも数増やせるし…。

今回はブラッキーをぜんぜん活躍させられてあげませんでした。そしてブラッキーVMAXのSAがめちゃくちゃほしいです。最近ポケセンでイーブイヒーローズが買えるようになりましたが、4箱目で断念しました…。そんなピンポイントで当てられるわけないですよね…。

そして今後の話も加えると、1月14日からのレギュレーション変更後、混沌のうねり、トキワの森、ナイトシティと有用なスタジアムや、「リセットホール」のマーシャドーが使えなくなります。ムゲンダイナデッキはこの先スタジアムをどうするのか…トレーニングコートだとガラルファイヤーVと相性が悪いし…。ブラッキーVライン多めに入れて、あくの塔…? う~ん…。

ただ、「スターバース」に相性のよいスタジアムが収録される可能性があるかもしれないので、今は深く考えないでおきましょう…!!

次回のオフィシャルリモートポケカは11月26日に開催。また応募してみます!

それでは~>o'ω'o<ノシ

オフィシャルリモートポケカ【11/26】
ポケモン
ポケットモンスター
ポケカ
連載

RECOMMEND オススメのVログ

COMMENT この記事に対するコメント

コメントはまだありません。

HOT VLOG いま人気のVログ

本サイトでは、Cookie識別子をサービスの運営・最適化・改善のため、
本サイトの利用状況およびサービス改善のための分析、
行動ターゲティング広告のために取得しています。
詳しくは、プライバシーガイドラインをお読みください。

以上に同意されるお客様は、
「同意してサイトを利用する」をクリックしてください。

Cookieの受取設定を変更する場合は、こちらをご覧ください。