Vログ

【ポケモンBD日誌#4】地下大洞窟でチームの戦力大幅UP!<ハクタイシティ~ヨスガシティ>|連載

0

1637830800

2021/11/25 18:00

VJポケモン同好会

デデンネ推し>o'ω'o<

ダイパの記憶を失っているミヤザッティによる『ポケットモンスター ブリリアンドダイヤモンド』のほぼ初見プレイ日誌第4回。

ハクタイシティ

ハクタイシティに到着し、地下おじさんから「たんけんセット」をもらっていざ地下大洞窟へ!

シンオウ地方の地下にこんな大洞窟が…。どういった目的で作られたのであろうか。ヒョウタって名前を見ると『悪魔のメムメムちゃん』を思い浮かぶ。

最初に入ったエリアでトリトドンを発見! 特性「よびみず」持ちをゲットできればこの先頼りになるのではと思い、捕獲を狙うことにした。そして「よびみず」持ちを探す過程で、地下大洞窟では以下のようになっていることがわかった。

・タマゴ技を1つ覚えている。
・部屋に入った時点で性格、特性、能力は固定。
・部屋を入り直すと出現ポケモン含めてリセットされる。

その後、大きな広場で見つけたLv.20のストライクがボール20個以上投げても捕まる気配がなく、モンスターボールとは言え捕獲率低すぎないか…!? と思っていたら、どうやらこちらのポケモンが相手のポケモンよりレベルが低いと極端に捕獲率が低くなる模様(ポッタイシがLv.19だった)。

そこでエリア内にいるポケモンをすべて倒してポッタイシをLv.21にし、再挑戦したところ比較的スムーズに捕まえることができた。しかし特性が「むしのしらせ」だったため、「テクニシャン」がほしく数匹捕まえていくことになる。

ぽわーぐちょぐちょ! 特性よびみずのトリトドンなら電気タイプと水タイプの攻撃を無効化できて優秀。草タイプはやめてよね。
ストライクの図鑑説明が出ないぞお!? …ってシンオウ図鑑にはいないポケモンだった。

そのまま探索を続けていると、アブソルを発見! 特性「プレッシャー」でタマゴ技は「しねんのずつき」持ちを捕まえたが、「きょううん」の方が活躍できるのでは?と思い、草原エリアを出たり入ったりして再びアブソルの出現を待つ。

アブソル自体なかなか出ないので少し時間がかかったものの、「きょううん」で「くろいまなざし」のアブソルを捕獲。でも性格が「のうてんき」だったのと、タマゴ技枠は「しねんのずつき」の方がいいなあ…と思いアブソル探しを続行。

しかしここからだいぶ苦戦。会うアブソルが「プレッシャー」持ちばかりで「きょううん」になかなか出会えず(7:3くらいの割合だったかも)、出会えてもタマゴ技は「くろいまなざし」「バトンタッチ」「のろい」のどれかだった。

60分くらい経過し、さすがにもう諦めるか…と思った矢先に「しねんのずつき」持ちが来てくれた! 性格はすなおだったものの、これ以上粘る気はなくひとまず大洞窟の探索は終了!

出ないときはとことん出なかったアブソル。捕獲にはストライクの「みねうち」が活躍。あとは「でんじは」がほしい…。
化石堀りはちょっとだけやったくらい。弟から「地下大洞窟が楽しい」と聞いていたが確かにこれは延々と潜ってしまう…。ボールデコに続く沼。

<追加メンバー>
トリトドン ♂ 特性:よびみず 性格:れいせい
2匹目で理想的な性格のれいせいが出てくれた。タマゴ技枠の「クリアスモッグ」は、どこかで役立つかなあ…?

ストライク ♂ 特性:テクニシャン 性格:ようき
待望の対草タイプ要員。5匹目に捕まえたストライクがテクニシャン持ちで性格もベスト。タマゴ技枠は「カウンター」だったので、ストライクには不要かも。

アブソル ♀ 特性:きょううん 性格:すなお
必死に「しねんのずつき」を狙ったものの、どこまで活用できるかは不明…。早く「きあいだめ」を覚えて確定急所やりたい。

というわけで新たな仲間が3匹加わり、一気に戦力もアップ。ポケモンを捕まえていくうちにポッタイシはいつの間にかLv.24に。それではいざジム戦へ!

▶ハクタイシティ VSジムリーダー ナタネ

チーム:ストライクLv.19 トリトドンLv.20 ルクシオLv.23 アブソルLv.18 ポッタイシLv.24

チェリンボ、ナエトル、ロズレイドともにストライクが先手で「つばさでうつ」の一撃で完封。言うことが2行で終わってしまった。

タイプ相性差も大きいが、この段階だと能力的にもかなりの強さを誇るテクニシャンのストライク。タイプ一致で威力135は強い。
ボール投げる前のこのポーズいいですね~~。ナタネって名前の最後に「ネ」が付くところが「デデンネ」と重なっててポイントですよネ…推せる…。
ボール投げる時のウィンクとか、パチパチするシーンがめちゃくちゃかわいいかったですよ。挑戦者の勝利にこんなに嬉しそうにするなんて…えらい…ッ!!!
そしてシロナから「いあいぎり」をもらった。通りすがりのビッパに颯爽と木を斬ってもらい、ギンガハクタイビルへ。早くシロナ戦のBGMが聴きたい。

▶ギンガハクタイビル VSギンガ団幹部 ジュピター

チーム:ストライクLv.21 アブソルLv.20 ルクシオLv.24 トリトドンLv.21 ポッタイシLv.25

初手のズバットはストライクの「つばさでうつ」で一撃、次のスカタンクへは「つばさでうつ」でHPの約半分以下。このまま連発しておけばよかったのだが、次のターンに間違えて「ダブルアタック」を使った挙げ句、1撃目で外すという事態。さらに「かえんほうしゃ」を使われてHPが一気に減り、先に倒されてしまいそうだったので、トリトドンへ交代。
スカタンクの「バークアウト」とトリトドンの「みずのはどう」を撃ち合い、最後はアブソルへと交代し、少し残ったHPを「はたきおとす」で削って倒した。一手ミスが遠回りの原因に…。

命中90はやはり信用できない…。交代で出したトリトドンが毒にされたのも地味厄介だった。あと最後の「ゆうばく」は一瞬焦った。
向き合って話しているように見えるピッピとミミロルがかわいい。「なかなか熱い勝負見せてもらいましたわ」「でもミスっていましたわよ」的な話をしているのかもしれない。あと最初、ジュピターのポケモンがピッピとミミロップかと思ってました。
お礼にもらった自転車は黄色にした。デデンネは黄色じゃないけど電気タイプ繋がりということで推しカラー。
時を生み出したとされるディア……さん。一体何者なんです!?

■206番道路→207番道路→テンガン山→208番道路→ヨスガシティ

念願の自転車で爆走!! …と思ったものの、基本的に道中のトレーナーをかいくぐりながら進めている関係上、自転車だと逆に突撃してしまいやすかったので結局ほぼ徒歩に。操作がちょっと難しい。

テンガン山でアカギ(さすがに名前はわかる)と遭遇。「ポケモン勝負と争うことは違うことをわかってほしい」らしい。だがこちらの心が弱いことを見透かされてしまった。
ということで一気に突き進んでヨスガシティへ到着。

ヨスガシティ

ヨスガではまず「スーパーコンテストショー!」に挑戦。最初に練習を受けたあと、そのままの状態でノーマルランクのかっこよさコンテストだけクリア。今回のコンテストはシンプルなリズムゲームのみになり、手軽に遊びやすくなりましたね。

…と言ってもコンテストの記憶はルビサファで止まっているので、ダイパではどうだったか少し調べてみました。なるほど~、当時と比べると今作は駆け引き要素とバチバチに競っている感が薄くなってしまったのは残念かも…?

メリッサの片言見て思ったけど、ポケモンの世界って地方ごとの言語の違いってやっぱりあるのかなあ…? カロス語、ガラル語みたいな。
退屈だからヨスガまで遊びに来たという母は、息子のタキシードまで所持していた。なんという行動力と先見力。主人公は母の血を強く受け継いだのだろう。
3Dモードでボールデコもし直しておいた。シールが集まったらまたじっくりレイアウトしたい。
「BRILLIANT」のタイミングはちょっとシビア? 若干速めに押すようにしている。
ノーマルランクはギリギリ優勝できた。ボールデコ以外は素のままなので、ビジュアルの評価が低し…。これ以上のランクは、けづやを上げてから挑戦したいと思うぞ。

▶ヨスガシティ VSライバル

チーム:ストライクLv.22 アブソルLv.21 ルクシオLv.24 トリトドンLv.22 ポッタイシLv.25

ムックルとブイゼルはルクシオ、ハヤシガメはストライク、ポニータへはトリトドンと弱点を突いていき難なく勝利。もう負ける気がしなくなってきた!?
手持ちポケモン全員に経験値が入る関係からか、なるべくバトルを避けていても自然と平均レベルが相手よりも高くなっていく傾向にありますね。

直前にセーブしていない状態のバトルになったのでちょっと焦った。ライバル曰く、ポケモントレーナーたるもの、いつでも戦えるようにしておくのが当たり前らしい。Z戦士的な?

ヨスガのジムリーダーであるメリッサとはまだ戦えないので、次に目指すのはトバリシティ!

続く!

ポケモン
ポケットモンスター
ポケモンBDSP
連載

RECOMMEND オススメのVログ

COMMENT この記事に対するコメント

コメントはまだありません。

HOT VLOG いま人気のVログ

本サイトでは、Cookie識別子をサービスの運営・最適化・改善のため、
本サイトの利用状況およびサービス改善のための分析、
行動ターゲティング広告のために取得しています。
詳しくは、プライバシーガイドラインをお読みください。

以上に同意されるお客様は、
「同意してサイトを利用する」をクリックしてください。

Cookieの受取設定を変更する場合は、こちらをご覧ください。