Vログ

多機能で便利でアプリでカスタマイズもできて5千円以下!ホリパッド FPSの魅力を開発者に聞いた|連載

0

1639299600

2021/12/12 18:00

砂流恵介

すながれって読みます

こんにちは、ライターの砂流(すながれ)です!

ゲーム周辺機器を販売している老舗メーカー「HORI」の本社に行って製品開発秘話などを聞いてきたシリーズ。今回は、2021年9月に発売されたばかりのコントローラー「ホリパッド FPS for Nintendo Switch / PC(以下、ホリパッド FPS)」についてのインタビューをお届けします。お話を聞いたのは、HORIの商品開発部の遠藤 将城さん。

ホリパッド FPSは、ジャイロ非搭載なのにコントローラーを傾けるとジャイロ操作をしているような動きをする「モーションエイム機能」や、アナログスティックの感度を調節する「スティック感度切替機能」、背面ボタンなどを搭載した多機能でユニークなコントローラーです。SNSでも話題になっているコントローラーはどのように誕生したのでしょうか。

そもそもHORIって?

HORIは、ファミコン時代からテレビゲームの周辺機器を販売している老舗のメーカーです。ファミコン世代には「ホリコマンダー」といえば思い出が蘇ってくるのではないでしょうか。

HORIは現在、Nintendo Switch、PlayStation、Xboxなどのゲーム機のコントローラーや、ヘッドセット、ケースなどを販売しています。特徴は、ほぼ全ての商品が、任天堂、ソニー、マイクロソフトから正規にライセンス許諾を受けた公式ライセンス商品であること。また、製品の企画・開発・製造・販売まですべて一貫で行なっているのも特徴です。

前回の記事では、HORIの看板商品や注目商品の中から「年末年始におすすめ」のアイテムを紹介しました。こちらもぜひご覧ください。

スマブラやモンハンをプレイする時に使われている独自機能

▲商品開発部の遠藤 将城さん

ーー ホリパッド FPSはどのようなコントローラーなのでしょうか。

ホリパッドFPSは、FPSゲームに最適なコントローラーです。大きく2つの特徴があります。ひとつは、アナログスティックの感度を調節する「スティック感度切替機能」、もうひとつが、コントローラーを傾けるとジャイロ操作をしているような動きをする「モーションエイム機能」です。

※画像タップで拡大

スティック感度切替機能は、スティックにちょこっと触れただけでも感度良く反応するようにもできますし、逆にスティックの感度をゆるくすることもできます。切り替えも瞬時にできるので、コアユーザーさまから人気の機能です。

ーー どのように使われているのでしょうか?

例えば、スティックを弱く倒したときと強く倒したときでアクションが変わるようなゲームでしょうか。ユーザーさまのSNSを拝見していると『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』でこの機能が使われているようです。

ーー なるほど! もうひとつのモーションエイム機能は擬似的なジャイロ機能がついているということですか?

※画像タップで拡大

そうですね。FPSゲームなどでは左のスティックで移動、右のスティックで視点移動するものが多いと思います。モーションエイム機能は、コントローラーを傾けるだけで右のスティックを操作できる機能です。スティックだけだと細かい調整が難しい方でも、コントローラーを傾けるだけでより正確に打てるようになるので、コンマ何秒で勝負が決まるFPSゲームで、より早く相手を狙えるようになります。

ーー ジャイロに対応していないゲームでも、ジャイロ対応の『スプラトゥーン2』のようにコントローラーを傾きとスティックどっちも駆使して遊べるようになるわけですね。

イメージ的にはそんな感じです。ただ、ホリパッド FPSは、Joy-Con(ジョイコン)や、Nintendo Switch Proコントローラー(プロコン)のようにジャイロセンサーや加速度センサーを搭載しているわけではありません。まったく同じ動作ができるわけではないので、その点はご理解いただいたうえで使用いただきたく思います。

ーー 感度の調整などはできるのでしょうか?

※画像タップで拡大
※画像タップで拡大

コントローラーだけで感度調整できますし、別途PCのアプリを用意していまして、PC上ではより詳細に感度調整を行なえます。

コントローラーで行なう場合は、感度が高い「クイックエイム」、デフォルトの感度の「ノーマル」、緩やかな感度の「ターゲットエイム」の3段階で調整可能です。また、モーションエイムの横軸をヨー軸、ロール軸のどちらにするかの切り替えスイッチも背面に搭載しています。

ーー モーションエイム機能に関して、ジョイコンやプロコンにはないような特徴はありますか?

特定のボタンを押したときだけモーションエイム機能をオンにする「クイックモーションエイム機能」でしょうか。例えば、ZLボタンで照準合わせをしているときだけコントローラーの傾きで微調整するといった使い方が出来ます。

SNSを見ていると、『モンスターハンターライズ』のボウガンを使っている方が狙いを定めるときだけクイックモーションエイム機能を使っているケースが多いようです。

ーー それは便利そうですね。お話を聞いているとモーションエイム機能のこだわりが凄く伝わってくるのですが、苦労したところなどはありますか?

ゲームタイトルによってスティックの挙動が違うので「これがベストだ!」という感度を見つけるのに苦労しました。非常に時間もかかったのですが、日頃から色々なゲームを遊ばれているユーザーの皆さまにモニターをしてもらって、意見も集めてベストな感度に仕上げられたと思います。

「自分にはこの感度は合わないな」と思っても、コントローラーでもPCのアプリでも感度を変更できますので自分好みの感度を見つけて使っていただけたらと思います。

多機能すぎるコントローラー

※画像タップで拡大

ーー 背面にボタンが2つついているんですね。どのように使うのでしょうか?

背面のボタンは好みのボタンを割り当てることができます。「ABXY」ボタンの中から割り当てられるユーザーさまが多いです。というのも、右スティックを使っている時に、「ABXY」ボタンを同時押しするのは難しいですよね。

背面ボタンであれば同時押しができるので、その点をユーザーさまから評価いただけています。武器の切り替えや、アイテムの使用などを割り当てられているユーザーさまが多いですね。

ーー めちゃくちゃ便利ですね。あと、便利といえばプレステのコントローラーみたいにヘッドホンマイク端子がついているのはありがたいです。

FPSを遊ばれるユーザーさまはヘッドホンをつけてプレイされることが多いので、反応がすごく良かった部分です。正直、ここまで反響があるとは思っていなかったので、発売後に驚いた部分でもあります。

*PCでコントローラーを使う時は使用できません

ほかにも、HORIといえば「連射」をイメージされる方もいらっしゃると思うのですが、こちらのコントローラーにも連射ができる「TURBO ボタン」を搭載しています。

ーー 僕はこれまでプロコンしか使ってこなかったので、ホリパッド FPSの多機能ぶりに驚きました。

カスタマイズの幅が広がるPCアプリ

※画像タップで拡大
※画像タップで拡大

ーー PCアプリではどのようなことができるのでしょうか?

PCでは、ボタンの割り当てを自由にカスタマイズできたり、アナログスティックの感度を自分好みに変更したり、モーションエイム機能の感度を自由に変更したりできます。アナログスティックとモーションエイム機能の感度については、ユーザー自身が細かく調整できる「カスタム」もあるのがポイントです。

例えば、自分のスティックを、始めは出力を弱めにして途中から急に感度を上げるような設定も可能です。グラフで視覚化されているので、設定自体はかなり分かりやすく簡単に行なえると思います。実際にPCのアプリの反応も良く、感度の研究をされているユーザーさまもいらっしゃいます。

ーー コントローラーとアプリの開発を同時に進めるのは時間がかかりそうな印象なのですが、開発期間はどれくらいかかったのでしょうか?

だいたい1年半くらいです。HORIの製品は通常1年くらいで製品ができあがるので、1.5倍くらいかかっていますね。先ほどお話ししたとおり、モーションエイム機能の開発が大変だったのですが、アプリも同じく開発が大変でした。

ーー アプリで大変だった部分はどこですか?

先ほどご紹介した「クイックモーションエイム機能」です。開発の終盤で社内から「特定のときだけ瞬間的にモーションエイムを使いたい」という要望があがってきて、ヒーヒー言いながら急ピッチで実装しました。

ーー 通常よりも開発に時間もかけて、PCアプリまで用意をしたホリパッド FPSはおいくらなんでしょうか?

4,980円(税込)です。

ーー これだけの機能がついてこの値段ってめちゃくちゃ安いですね。

同じく有線接続のスタンダードなコントローラー「ホリパッド for Nintendo Switch」が3,278円(税込)なので、プラス1000円ちょっとで、多機能で自由自在にカスタマイズできるコントローラーが手に入るのは安いのではないかと思います。

ーー お話聞いているとめちゃくちゃ使いたくなってきたので買います!(後日、本当に買いました)。最後に、遠藤さんが一番思い入れのある製品を教えてください。

※画像タップで拡大

PlayStation 4用ソフト『BORDER BREAK』の専用コントローラーです。もともとアーケードゲームだった『BORDER BREAK』が、PlayStation 4用のソフトが出るという発表があったときに、アーケード版のプレイヤーさまから我々の公式Twitter宛てに「専用コントローラーを作ってほしい」というリクエストをいただいて、それが話題になりました。そういった反響などもあって開発が本格的にはじまったので、思い出深い製品です。

ーー ありがとうございました。

HORI
コントローラー
FPS
モンハンライズ
連載

RECOMMEND オススメのVログ

COMMENT この記事に対するコメント

コメントはまだありません。

HOT VLOG いま人気のVログ

本サイトでは、Cookie識別子をサービスの運営・最適化・改善のため、
本サイトの利用状況およびサービス改善のための分析、
行動ターゲティング広告のために取得しています。
詳しくは、プライバシーガイドラインをお読みください。

以上に同意されるお客様は、
「同意してサイトを利用する」をクリックしてください。

Cookieの受取設定を変更する場合は、こちらをご覧ください。