Vログ

EXILE SEKAIの行きたいとこに行ってみよう!『グッドスマイルカンパニー』編!

6

1641632400

2022/01/08 18:00

EXILE SEKAI

どうも!!EXILE世界です!

突然ですが、始めてみました。

いろいろなところにお邪魔してみる企画を
不定期でやっていこうと思います!

第一回は
なんとグッスマさんこと


GOOD SMILE COMPANYさんにお邪魔させていただきました!

普段からお世話になりっぱなしの方達なので、ワクワクが止まりませんでした!
あのフィギュアもあれも
あれもあれもあれも。
僕の中のフィギュアセンサーが振り切れまくり!

造形師の方や彩色師の方にもお話を伺えて大変光栄でした。


そして、『SEKAI フィギュア化計画』始動かもしれません。。

※画像タップで拡大
※画像タップで拡大
商品企画担当チャン・シュウさん
※画像タップで拡大

チャン・シュウさんにインタビュー!

※画像タップで拡大
※画像タップで拡大

●フィギュア企画は「冷静と情熱のあいだ」!?

SEKAI:まずは、フィギュア化する際のきっかけを教えてください。

チャン・シュウ(商品企画担当):いろんなパターンがありますが、一番オーソドックスなのは、我々企画担当の「これやりたい!」です。過去の作品を掘り起こしてフィギュアにすることもありますが、原作が国内外で売れていたり、アニメ化が決まっていたり、これからヒットしそうな作品の方が、商品化しやすいというのはあります。

SEKAI:中の人は常に、「これ来るな!」という予想をしてるんですね。

チャン・シュウ:そうですね。市場を見ているというのもありますが、そもそも仕事でなくても、普通に作品を読んでいるというのもあります(笑)企画を社内で通すためには、冷静な市場分析と、担当者の情熱、「冷静と情熱のあいだ」が重要です。
また、作品との相性や、ファンのニーズに合わせて商品カテゴリーや価格帯など、その辺りも気にしながら企画をたてています。

SEKAI:ちなみに、チャン・シュウさんがこの作品できたら嬉しいというのはありますか?

チャン・シュウ:今、僕がジャンプ作品で期待しているのは、「ねんどろいど」ではもう展開している『チェンソーマン』と、個人的にヒーロー系作品が好きなので『怪獣8号』です。是非できたらいいなと。

SEKAI:『チェンソーマン』のスケールフィギュア欲しいっすね~!

チャン・シュウ:いいですよね!デンジのアメコミのようなテイストのフィギュアとか!

●世界に広がるグッスマさん!

SEKAI:社内はフィギュア好きの方が多いんですか?

チャン・シュウ:フィギュア好きはもちろん、漫画やアニメが好き、ゲームが好きという人間も多いです。10年前、20年前と比べて「好き」を表に出しやすくなって、フィギュアに触れるきっかけも増えています。

SEKAI:海外のファンもグッスマさんに注目してますよね。

チャン・シュウ:ありがとうございます。上海とアメリカに支社がありまして、それ以外にもパートナー会社が各国にあります。海外の販売シェアもどんどん高くなっています。

SEKAI:海外のファンからフィギュア化の要望があったりするんですか?

チャン・シュウ:多いですね。日本の作品は海外でもとても人気がありますし、逆に海外の作品にも注目しています。例えば中国のイラストレーターの方とのコラボレーションなども行っています。

●フィギュアの楽しみ方

SEKAI:フィギュアは、作品を超えた「if」の世界が自分の中で楽しめるのもいいですよね。

チャン・シュウ:フィギュアのいいところってそこですよね!もちろん、ユーザーさん任せにはなりますが、垣根を越えた飾り方もすごく楽しいです。

SEKAI:特に「ねんどろいど」なんかはデフォルメされているので、違和感なく混ぜやすいです。

チャン・シュウ:顔のフォーマットが一緒なので、顏を付け替えて他の衣装を着せるような楽しみ方もできます。もちろん、1つ買っていただくだけで楽しめますが。

SEKAI:いやいや、複数買いマストですよ(笑)

チャン・シュウ:ありがとうございます!(笑)そのために、なるべくお求めやすい価格で商品化できるようがんばっております!

SEKAI:あと、箱に番号が書いてあるのもいいですよね。

チャン・シュウ:ありがとうございます!番号は、他のシリーズフィギュアにもあまりないと思います。

SEKAI:ナンバリングされていると、箱も取っておきたくなります!

●フィギュアへのこだわり

SEKAI:造形でのこだわりを教えてください。

チャン・シュウ:たとえば、この『ハイキュー!!』の日向をフィギュア化をする場合ですが、日向のくせっ毛を、原作やアニメに近づけようとすると、情報量が増えてデフォルメから遠くなってしまうんです。デフォルメしつつ、ぱっと見で日向とわかるようにしないといけないので、そこが1つの苦労ポイントでした。
もう1つが、バレーボールを「ねんどろいど」としてどうやって表現するか。僕の1つの答えは「コートを再現しちゃおう」でした。普段の「ねんどろいど」の台座は真四角の小さいものですが、細長く、体育館風の木目をプリントしてポールをつけたり、ボールを支える支柱を長く、曲がったものにすることで、高さや動きを表現できるようにしました。

SEKAI:どこにでも支柱を刺せるのも良いですね。

チャン・シュウ:おっしゃる通りです!前衛や後衛など、ユーザーさんの好みでシチュエーションが楽しめるようにしました。お陰様でご好評いただき、何度か再販もしているロングセラーです。

※画像タップで拡大
※画像タップで拡大

●SEKAIフィギュア化計画…!?

SEKAI:ちなみに…EXILEをフィギュア化するとしたら、どうでしょうか?

チャン・シュウ:安直に考えてしまうと、まずは、ATSUSHIさん、TAKAHIROさんからですかね。ただ、「ねんどろいど」にしやすいアーティストさんもいると思うんですよ。

SEKAI:メンディーかなぁ?

チャン・シュウ:僕もメンディーさんが浮かびました(笑)表情も豊かですし、「ウメンディー!」と叫んでいる表情とか、みんなが思い浮かべやすいというのが「ねんどろいど」とは非常に相性良いですね。
SEKAIさんも髪の毛の色が特徴的ですし、いろんなオタク趣味のオプションパーツも付けられるし、フィギュア化に向いてると思います!

SEKAI:ステージでド派手な衣装とか、聖闘士星矢の聖衣みたいな衣装を着ることがあるんですけど、そういう衣装もフィギュア化して欲しいですね。

チャン・シュウ:かなりプレイバリューが高そうですね!

SEKAI:これ、Vジャンプレイで追っていく企画にしちゃえば…

チャン・シュウ:SEKAIさんが好きな作品のフィギュアを一緒にプロデュースみたいなのも面白そうですね。

SEKAI:やりたいです!

サイトーブイ:大人の事情が許せば…

SEKAI:僕は何もNGありませんので(笑)


チャン・シュウさんとアニメやアメコミの話で盛り上がって
仲良くなっちゃいました!

皆さんフィギュア好きな気持ちはもちろんのこと
好きという気持ちとクリエイターや絵師さんの将来や、フィギュア業界全体のことを幅広く考えて、なおかつ自分の技術や知識を持て余す事なくお仕事されてる印象がありました。
自分の好きなフィギュアをたくさん飾ってる方もいて、根本の気持ちは僕らと同じなのかなと。
なんだかとても嬉しかったです!
日本の現場から世界にも向けて、たくさんの方の夢を作ってる感じがして、とても誇らしい気持ちになすね。

あの子のフィギュアも待ち遠しいです。

そして、、、、


『SEKAI フィギュア化計画』始動!!!!!


です!!!!


かね、、、、???

ねんどろいどにEXILEが!?

スケールフィギュアかな。。

EXILE対自分の好きなキャラ

出来るのか。。

そしてカラバリとかも作りたいな。。。

カホタンさんのチャンネル
チャン・シュウさんのTwitter

ジャンプの感想とか書いてます!

SEKAI
フィギュア
フィギュア製作
連載

RECOMMEND オススメのVログ

COMMENT この記事に対するコメント

コメントはまだありません。

HOT VLOG いま人気のVログ

本サイトでは、Cookie識別子をサービスの運営・最適化・改善のため、
本サイトの利用状況およびサービス改善のための分析、
行動ターゲティング広告のために取得しています。
詳しくは、プライバシーガイドラインをお読みください。

以上に同意されるお客様は、
「同意してサイトを利用する」をクリックしてください。

Cookieの受取設定を変更する場合は、こちらをご覧ください。