Vログ

【ポケカ】2/25発売「バトルリージョン」のカードリストが公開! 注目カードをチェック!|連載

0

1645167600

2022/02/18 16:00

VJポケモン同好会

デデンネ推し>o'ω'o<

ポケカ最新情報!

2月25日発売の強化拡張パック「バトルリージョン」のカードリストおよびパッケージがついに公開! 先日公式で発表されたばかりのジュナイパー、バクフーン、ダイケンキのヒスイのすがたが早速ポケモンV・VSTARとして登場となる!! そのカードリストの中から、注目のカードをいくつか紹介していこう!

「バトルリージョン」カードリスト
これまでパッケージが公開されていなかったことと、タイトルが「リージョン」ということで、いわゆる“ヒスイ御三家”が出るのではないかと思っていたがやはり出た! アシガタナを振るうダイケンキがかっこいい!!
ヒスイハリーセンとその進化系であるハリーマンも登場。以外だったのが、ハリーマンも名前に「ヒスイ」の名が付いていること。
イダイトウも「ヒスイ」が付いているので、ヒスイのすがたから進化したポケモンは、名前が変わってもポケカでは「ヒスイ」扱いになるのだろう。

ヒスイバクフーンV・VSTAR

ゲームだとほのお・ゴーストなので、ゴースト枠の超タイプとして登場。ジュナイパー、ダイケンキも追加されたタイプ準拠になっている。ヒスイ御三家のポケモンVの中では唯一抵抗力を持つ。「こがす」はエネルギーがなくても使用可能。
「ホロウフレイム」でダメカン3を好きなようにのせられるので、打点調整がしやすい。「カゲロウスター」は条件がダメカン4個のため「ホロウフレイム」1回では条件が達成できないので、インテレオンの特性「クイックシューター」やジグザグマの特性「かんしゃくヘッド」などと組み合わせたい。

ヒスイジュナイパーV・VSTAR

「やまがり」は山札から好きなカードを2枚持ってこられる、後攻1ターン目で便利なワザ。ちなみにヒスイ御三家のVのイラストは、ゲーム内の専用技をイメージした構図のようにも思う。
「サマーソルトフェザー」で手札から3枚エネルギーをトラッシュすれば最大250ダメージ。ダブルターボを合わせても使いやすい。ダメージ追加効果を活かすにはエネルギーを多めに採用して、エネルギー転送なども使っていく必要があるだろうか。 特性はいつでも使いやすく、「フウウンスター→ボスの指令」といったキーカードを呼び込んで使う動きなど、不利状況も打破できる可能性がある。

ヒスイダイケンキV・VSTAR

弱点は草タイプなので現環境では弱点を突かれにくいのが利点。「つづらおとし」は相手の場(ベンチでもOK)かつ、2枚でトラッシュできるので効果範囲が広い。
「ザンゲツスター」の1匹にダメカン4個を乗せる効果は、特にムゲンダイナVMAXと組み合すことで活躍が見込めそう。例えば280+40でVMAXを倒せる圏内になるなど、少し届かなかった打点調整に役立てる。自身も2エネでワザを使えるので、速攻アタッカーとしても運用しやすい性能。月牙天衝!!!

かがやくヒードラン

ルチャブル、ゲッコウガに続く「かがやくポケモン」。ワザに必要なエネは重いが、ダメージ倍率が超強力で、マグマの滝壺でエネを貼るごとに140ダメージずつ上げられる(ダメカン2個ずつ)。2回使えば280ダメージとリザードンVSTARに匹敵する火力を持ち、3回で驚異の420ダメージ!! タフネスマント込みなら最大でダメカン20個の1400ダメージである。もはや倒せないポケモンはいないだろう。エンテイV+リザードンVSTARデッキなどにぜひとも採用したいカード。

ディアンシー

バトル場にいることで、たねポケモンがボスの指令などのサポートによる効果を防げる特性を持つ。相手がベンチのたねポケモンを引っ張りだしたい際、あなぬけのヒモもしくはブラッキーVMAXなどの特性を使う状況が必要になる。 序~中盤で進化させるまでに守る手段や、終盤でサイド4枚取られた状況などで1ターン時間を稼ぎたい際に有効。ワザ「スパイクドロー」で少し打点を与えてドローもできるため、後続に繋げやすい。

グラエナ

相手の場にポケモンVMAXがいるなら、特性によりエネルギーなしでワザを使用可能。さらにダメージが160と高く、弱点を突くことでミュウVMAXやこくばバドレックスVMAXをちょうど一撃で倒せるポテンシャルを持つ。こだわりベルトやかがやくルチャブルと組み合わせれば、さらに打点も上げられる。現環境では特にミュウVMAXの強さが猛威を奮っているため、どんなデッキにも採用しやすい対抗策という点でも注目のポケモン。 特に超タイプを苦手とする闘タイプ主軸のデッキと組み合わせたいカードで、例えば低エネで動きやすいれんげきウーラオスVMAXとは好相性。これまでガラルファイヤーVと組み合わせる構築もあったが、そこをグラエナに変えることで悪エネルギーを採用する必要もなくなる。ただ進化が必要なぶん、ルカリオデッキなど構築がカツカツになりやすいデッキだと何枚投入するかが難しいか。

あとだしターボ

後攻で最初の番とかなり限定的だが、役立つエネルギー加速手段。ただ自分の番が終わってしまうので、後攻1ターン目からワザを使う動きができなくなる。便利そうではあるが活用方法が難しいか…。

キャンセルコロン

ジュラルドンVMAXやミルタンクなど、特定の状況でダメージを受けない特性を持つポケモン突破したい際などに効果を発揮。頂への雪道と違って非Vにも効果があるのと、雪道を採用しづらいデッキでも使いやすい。ガラルマタドガスの「かがくへんかガス」対策やムゲンダイナVMAXに対して次の番パワーダウンさせる用途にも。

シマボシ

序盤に捨てざるをえなかった重要カードや、再利用したいカードの回収用途として役立てる効果。クラッシュハンマーなど何度でも使いたいカードと組み合わせると相性がよさそう。 コイントスに左右されるとはいえ、2回投げられるので確率としては1枚は戻せるとも考えられる。ただ山札の上に戻す効果なので、その番で使いたければサポート以外のドロー手段が必要。ヤレユータンの特性「さるぢえ」や、ビーダルの特性「はたらくまえば」が便利か。ビーダルなら運良く2枚回収した場合にまとめて手札に加えられる。

ツツジ

リセットスタンプを彷彿とさせる、逆転要素を秘めた強力な効果。Cレギュレーション入り環境でリセットスタンプが多くのデッキに1~2枚採用されていたことから、今後はツツジがその枠として収まるのでは! 使用条件が「相手がサイド3枚以下」のため、VMAXを使用するデッキは特に使いやすいだろう。頂への雪道と組み合わせれば、次の番の相手の動きもロックしやすい。ミュウVMAXデッキへの対抗策として活躍できそうな、こちらも注目の1枚。SRがかなり人気でそう。 使われた側としては、ビーダルの「はたらくまえば」があるとすぐに復帰しやすいか。ビーダルの需要がさらに高まる…!?

コトブキムラ

効果を使うと自分の番が終わってしまうものの、毎ターン手札のリフレッシュが行える。特にワザが使えない先制1ターン目で出せると強力で、手札事故対策にも便利になりそう。ただ相手も使えるぶん、逆に手助けとなる場合もあるのが悩ましくもある。

今回紹介した中だとやはりグラエナとツツジが特に注目どころ。ミュウVMAXトップ環境に一矢報いれる存在になるだろうか。
かがやくポケモンの3種類はどれも強力のためこちらにも期待が高まる。ただ3種類ということで、封入率はかなり低そうな気も…。

そして2月25日にはスターターセットVSTARのルカリオとダークライも発売。ルカリオには「ガッツのつるはし」、ダークライには「ダークパッチ」といった強力カードも収録されるので、デッキ構築の幅がますます広がるだろう!! 現在使っているデッキの強化や新しいデッキ構築に今から楽しみである!

おわり

----------------
ポケモンカードゲーム ソード&シールド 強化拡張パック バトルリージョン
価格:260円(税込)
内容物:カード6枚入り
発売日:2022年2月25日(金)

ポケモン
ポケットモンスター
ポケカ
連載

RECOMMEND オススメのVログ

COMMENT この記事に対するコメント

コメントはまだありません。

HOT VLOG いま人気のVログ

本サイトでは、Cookie識別子をサービスの運営・最適化・改善のため、
本サイトの利用状況およびサービス改善のための分析、
行動ターゲティング広告のために取得しています。
詳しくは、プライバシーガイドラインをお読みください。

以上に同意されるお客様は、
「同意してサイトを利用する」をクリックしてください。

Cookieの受取設定を変更する場合は、こちらをご覧ください。