Vログ

砂遊びやミニ四駆がデジタルと融合! 子どものテーマパーク「リトルプラネット」が楽しすぎた|連載

0

1647162000

2022/03/13 18:00

砂流恵介

すながれって読みます

こんにちは、ライターの砂流(すながれ)です!

突然ですが、皆さんは「リトルプラネット」というテーマパークをご存じでしょうか?

リトルプラネットは、ARなどのデジタル技術を使って子どもたちの探究心や創造力を刺激する、子ども向けのテーマパークです。普段は子ども向けのテーマパークが、大人向けに開放された特別な日に取材させてもらいました。

※画像タップで拡大

結論から書くと、リトルプラネットは大人も楽しすぎる場所でした! 恥ずかしながら、僕は取材するまでリトルプラネットのことを知らなかったのですが「これは楽しいわ!」と納得するものばかり。砂遊びみたいな昔からある遊びとデジタルを組み合わせるのがうまいんですよねぇ。

ということで、僕が体験したものを中心にリトルプラネットを紹介します。

※画像タップで拡大
※画像タップで拡大

はじめに紹介するのは、僕が一番テンションがあがった「AR砂遊び」。まずはちょっとだけでもいいので、下の動画を見ていただけますか?


動画では、砂を掘って川を作る様子や、飛んでいる鳥がどんな鳥なのかが虫眼鏡で分かる様子を紹介しました。

こんな感じで、砂を掘ったら池や川ができたり、砂を盛ったら山とか草原とかができたり、山を掘ったら火山ができたりするんです。しかも、掘ってると宝箱とかも出てくるという夢のある仕様。道具もシャベルだけじゃなく、ドリルなんかもあってテンションを上げてくれます。

スタッフさんに聞いたところ、砂遊びが楽しすぎて4時間くらい遊んでいる子どももいるそうです。砂の感触も気持ちいいし、ずっと遊びたくなる気持ち、よく分かります!

▲砂なので地形を好きなように変えられます。恐竜のフィギュアも砂場と連動していて、ティラノサウルスは足元に地割れを起こせます。恐竜すごい!
※画像タップで拡大

AR砂場の仕組みは、砂場の天井部にセンサーで深度を測ったり、プロジェクターで砂場に映像を映す形。このために特別な機材を作ったりしたわけではなく、既存の技術を流用しているそうです。

※画像タップで拡大
※画像タップで拡大

続いて紹介するのは、デジタル落書き「SPRAY PAINTING」。壁にスプレーで色を塗る遊びです。スプレーをふると色を変えられたり、壁とスプレーの距離でスプレーから出る色の大きさを調整できたりします。

壁一面に絵を描くって、アニメや映画とかではよく見ますけど、実際にやったことある人は少ないと思います。それが気軽に体験できるのは子どもじゃなくてもテンションが上がるのではないでしょうか。

描いた絵はQRコード経由でスマホに保存できますし、簡単に描きなおせるのもデジタルならでは。

ちなみにこの技術を応用してTOYOTAのLEXUSにスプレーアートができる体験も行なったそうです。

※画像タップで拡大
※画像タップで拡大

続いては、子どもに大人気のボールプールがデジタルと融合した「光と音のデジタルボールプール」。数万個のボールに光の波紋が投影されて幻想的になっていたり、壁にボールを当てると色々な演出が出てきたり、みんなで壁にあるブロックにボールを当てるとスターを集めることができたり、と色んな仕掛けが用意されています。

僕は、ボールプールに寝っ転がるという長年の夢を叶えました!

※画像タップで拡大
※画像タップで拡大

最後に紹介するのは、男の子なら一度は遊んだことがあるであろうミニ四駆の「MINI 4WD LASER CIRCUIT」。なんとこのコースでミニ四駆を走らすと光るんですよ!

こちらは動画のほうがかっこよさが伝わると思うのでちょっとだけ動画を見てもらってもよいでしょうか? これ、めちゃくちゃテンション上がりませんか? ってか、自分たちが子どもの頃、欲しかったですよね。

※画像タップで拡大

自分の愛車の持ち込みももちろん可能です。ミニ四駆を光らせるためには、ミニ四駆の全面にマーカーシールをつけるだけ。難しいことをする必要がないのもポイントです。

この「MINI 4WD LASER CIRCUIT」は、「トイロパーク グランツリー武蔵小杉 powered by リトルプラネット」で遊べます。17時以降は大人のみでも入場可能とのことです。

まとめ

※画像タップで拡大
※画像タップで拡大

今回は、子ども向けのテーマパーク「リトルプラネット」を紹介しました! 子どものテーマパークではありますが、大人でも楽しめる楽しい遊びがいっぱいの場所でした。

※画像タップで拡大

今回紹介したものはリトルプラネットの一部です。この他にも、様々な遊びが体験できます。リトルプラネットの料金はこちら。フリーパスはこども1800円、おとな900円。30分だけ遊ぶといったサクッと入場できるチケットもあります。(リトルプラネット ダイバーシティ東京 プラザの料金です)。

リトルプラネットは、首都圏や、大阪、名古屋など全国10箇所に常設パークを展開しているので、気になった方は、ぜひお子さんや甥っ子姪っ子たちを連れて行ってあげてください。

それでは!

リトルプラネット
ミニ四駆
砂遊び
テーマーパーク
連載

RECOMMEND オススメのVログ

COMMENT この記事に対するコメント

コメントはまだありません。

HOT VLOG いま人気のVログ

本サイトでは、Cookie識別子をサービスの運営・最適化・改善のため、
本サイトの利用状況およびサービス改善のための分析、
行動ターゲティング広告のために取得しています。
詳しくは、プライバシーガイドラインをお読みください。

以上に同意されるお客様は、
「同意してサイトを利用する」をクリックしてください。

Cookieの受取設定を変更する場合は、こちらをご覧ください。