Vログ

EXILE SEKAIの行きたいとこに行ってみよう! 『ブリッジ』編!

2

1648461600

2022/03/28 19:00

EXILE SEKAI

どうも!!EXILE世界です!

さぁ!今回は
なんと『遊☆戯☆王ゴーラッシュ!!』
の監督の方々にインタビューさせていただきました!

色々な裏話が聞けたので、是非読んでアニメ一緒に楽しんでいきましょうー!

『ゴーラッシュ!!』を制作するブリッジにオンラインインタビュー!!

監督の近藤信宏さんにインタビュー!

●最強の初心者は宇宙人!?

SEKAI:まずは世界観についてお聞きしたいんですけど、今回の『遊☆戯☆王ゴーラッシュ!!』のテーマを「宇宙」や「宇宙人」にした理由はなんでしょうか。

近藤監督:前作の『遊☆戯☆王SEVENS』には、「ラッシュデュエル」という新しいルールを発信するという役割があり、2年間の放送でいったんその役目は果たしたと思っています。そして次の段階として、「ラッシュデュエル」がすでに世界に広まっている設定のアニメにしたかったんです。
ただ、「ラッシュデュエル」を知らない新しい層にも興味を持ってもらいたいので、主要キャラクターに初心者がいたほうが良いという話になりました。地球上ではすでに「ラッシュデュエル」が流行しているが、それをまったく知らない人物……いっそのこと宇宙人にしてしまったらどうだろう、というのが主人公が宇宙人となった大まかな流れです。
そうすると設定的に矛盾がなく、また過去の『遊☆戯☆王』シリーズには宇宙人を主人公にしたものはないということもあったので、うまくハマった感じですね。『SEVENS』にも色々とぶっ飛んだキャラがいましたが、世界観を宇宙に広げることで、もっと尖ったキャラクターを出せるとも思っています。

テーマは初心者の宇宙人! という意欲作。

SEKAI:これまでのシリーズを振り返ってもかなり冒険的なテーマですが、発表した時はどんな反響でしたか?

近藤監督:まあ、みんなビックリしたと思いますよ(笑)。そもそも『遊☆戯☆王』って、宇宙人みたいなモンスターがたくさん登場するじゃないですか。だから宇宙人のデュエリストだと、どっちがプレイヤーでどっちがモンスターなのか分かりづらい、みたいな懸念はありました。でも『SEVENS』ではハトのデュエリストがハトのモンスターを出していたので、「問題ないんじゃないか」という結論になりました(笑)。

視聴者の度肝を抜いたハトのデュエリスト、ハトラップ&シュベール。
ハトラップが呼び出したエース「幻書鳩の騎士ナイト・ヴィジョン」。

SEKAI:史上初の宇宙人主人公となったユウディアスですが、どんなキャラクターなんでしょうか。

近藤監督:すごい真面目で前向きな性格です。故郷のベルギャー星団の争いを止めると言われている「ラッシュデュエル」を求めて地球にやって来たんですが、その「ラッシュデュエル」が一体何なのかは全然分かっていません。

SEKAI:正義感が強い人物なんですね。

近藤監督:そうですね。正義感が強くて真面目。ただし、宇宙人なんで地球の感覚からするとちょっとずれているとこがある。そんなキャラクターです。

SEKAI:キャラクターデザイン、めちゃくちゃかっこいいですよね!

近藤監督:ありがとうございます。歴史のあるタイトルなので、いくら宇宙がテーマだと言っても『遊☆戯☆王』の世界観が壊れないよう配慮しています。じつはシリーズ構成の竹内さんとの打ち合わせの時には、ユウディアスが人間とはまったく異なる形態をしているというアイディアもあったんですよね。宇宙人というか、宇宙生物というか……。その方が宇宙人であることが分かりやすいじゃないですか。ただ、その形態でデュエルをさせるのは難しいだろうという話になって、現在のデザインに落ち着いた感じですかね。

正義感の強い宇宙人、ユウディアス。
そのキャラクターデザインには『遊☆戯☆王』シリーズの伝統が生かされている。

●『遊☆戯☆王』ならではの小学生社長!

SEKAI:ユウディアスと遭遇することになる双子の遊飛と遊歩ですが、彼らが経営しているUTSっていうのはどんな企業なんでしょうか?

近藤監督:UTSの正式名称は「宇宙人トラブル相談所」というんですが、ぶっちゃけて言うと「町のなんでも屋さん」です。水道が壊れたら「水道壊し星人の仕業だ!」とか、猫がいなくなると「猫さらい星人が出た!」とか、いろんなトラブルを宇宙人のせいにして、町の雑用をこなしている地域密着型の会社ですね。この会社は遊飛と遊歩が親から受け継いだもので、双子のお兄ちゃんが平社員、妹の遊歩が社長を勤めています。

SEKAI:小学生が社長とは……改めてぶっ飛んでますね……。

近藤監督:まあ、『遊☆戯☆王』ですから(笑)。

SEKAI:こういう世界観、大好きです(笑)。

UTSを経営する双子の小学生。王道遊歩(おうどうゆあむ 左)が社長で兄の王道遊飛(おうどうゆうひ 右)は平社員!?

近藤監督:小学生って、大人の社会や企業のシステムに少なからず興味や憧れがあるんですよね。「自分が社長だったら」とか、「こんな役職になってみたい」とか。そういった子供の思いに応えられたらと思い、小学生社長という設定にしています。

SEKAI:そういった設定のアイディアは、どこから出てくるんですか?

近藤監督:「宇宙」というテーマもそうですが、設定やストーリーの根幹はシリーズ構成の竹内さんに作っていただいています。そこからみんなで打ち合わせして、枝葉を付け加えていきます。

●宇宙人が続々登場予定!

SEKAI:『ゴーラッシュ!!』にはユウディアス以外にも宇宙人が登場するのでしょうか。

近藤監督:そうですね。宇宙人がいっぱい登場します(笑)。

SEKAI:いっぱい出るんですか!?

近藤監督:竹内さんや我々の世代が小学生の頃は、UFOや、ネッシーとか雪男などのUMAが流行していたんですよね。ネタが古いって怒られちゃうかもしれないけど、その頃の懐かしい雰囲気のUMAを登場させる予定です。

SEKAI:僕もUMA大好きでした! 雪男も出るんですか!?

近藤監督:お若いのにUMA好きとは珍しいですね(笑)。雪男は今のところ予定はないですが、もしかしたらそのうち出るかもしれません。もし出してほしい宇宙人のネタがあったら、ぜひ教えて下さい。

●オーディションにリアルなユウディアス&双子が!? キャスティング秘話

SEKAI:続いてキャストについての質問をさせてください。遊飛と遊歩は10代の若い声優さんが演じていますが、この2人に決めた経緯を教えてもらえますか。

近藤監督:『SEVENS』の主人公・王道遊我(役・石橋陽彩さん)もそうでしたが、『遊☆戯☆王』は伝統的に若くてフレッシュな方を主人公役に抜擢し、シリーズを通して成長してもらうという流れがあるんですよね。今回もそういったキャスティングにしたいと思っていました。
あと、昨今はコロナの影響で大勢を集めてオーディションをするというのが難しくて、双子役+ユウディアス役の3名をセットでオーディションしていったんです。その一組がユウディアス役のランズベリー・アーサーさんと、遊飛役の熊谷俊輝(くまがいとしき)さん、遊歩役の福島香々(ふくしまここ)さんでした。その3人を見た時に、「これはユウディアスと双子のイメージまんまだな」と感じて、さらに声を聞いていく中で「この組み合わせしかないな」と思えたんです。

SEKAI:えー!? すごいな……3人の組み合わせのイメージが良かったんですね。

近藤監督:そうですね。スタジオのブースに3人が入っているのを見たとき、本当にそのまんま、ユウディアスと双子のように見えました。熊谷さんも福島さんも声優経験はお持ちでしたが、TVアニメのシリーズものの経験はありませんでした。経験という意味では厳しい面もあったんですが、その後の3人のやり取りを見ていると、最初の直感は間違っていなかったと確信しています。実はこのエピソード、3人にはまだ言ったことないんですが……。

SEKAI:3人とも、聞いたら絶対喜びますよ! 第一印象で決まることって、結構あるんですか?

近藤監督:いや、全然ない。初めてのパターンですね。こういった作品に出会ったことはなかったと思います。熊谷さんと福島さんは背格好もまた双子に近いんですよね。

SEKAI:そこにアーサーさんも加わって、『ゴーラッシュ!!』の世界になっていたと。ぜひ、いろんなイベントに3人で出演していただきたいですね。

近藤監督:そうですね。それぞれのキャラのコスプレして(笑)。

SEKAI:ファンの方々、めちゃくちゃ喜んでくれますよ!

●「ラッシュデュエル」は世代を超えたコミュニケーションツール!

SEKAI:アフレコの方は順調なんですか?

近藤監督:アフレコについては副監督の橋本が担当しているので、彼にしゃべってもらいます。

橋本副監督:橋本です。よろしくお願いします。

SEKAI:では副監督さんにお伺いしますが、3人のアフレコの様子はいかがですか?

橋本副監督:熊谷さんと福島さんは1歳違いということもあって、すごく仲が良いですね。お互いがお互いにアドバイスしているところを何度も見ています。さらにそれを、アーサーさんがサポートしています。

SEKAI:スリーマンセルが出来上がっているんですね。

橋本副監督:そうですね。お互いに支えあっているという言葉が本当にぴったりです。

SEKAI:最初に監督が、『遊☆戯☆王』という作品は声優さんが成長していく作品と言っていましたが、熊谷さんや福島さんにどんな声優になってほしいですか?

近藤監督:ほかのタイトルで主役を演じられるような声優になってほしいですね。今回は3人の雰囲気がバッチリはまっていた感じはありましたが、もちろん皆さん素晴らしい素質も持っていますよ。前向きだし、飲み込みが速いです。

橋本副監督:熊谷さんは特に切り替えが早いイメージですね。何度もやり直しがあったあとでも、うまくいったシーンがあるとすぐに気持ちが上がってくるというか、とんとん拍子に良くなっていくというか。

SEKAI:ちゃんと「プロ」ですね。

橋本副監督:そうですね。福島さんは遊歩のキャラ感のバランスが非常に良いと思っています。妹の遊歩、社長の遊歩、女のコの遊歩などいろんな顔、表情がある中で、こちらでディレクションする以上の遊歩をいつも見せてくれています。関係者の方々が「熊谷さんも福島さんも、1話ごとにうまくなっている」って褒めていましたよ。

SEKAI:副監督さんが現場で気を付けていることってあるんですか?

橋本副監督:そうですね……双子役の2人にはデュエルを教えています。『遊☆戯☆王』はデュエルというコミュニケーションツールが用意されているので、年の差があっても仲良くなれるのがありがたいです。デュエルしている時は同年代のようにお話させていただいています(笑)。あと、そこにアーサーさんや花江夏樹さん(蒼月マナブ役)も見に来て、保護者的な目線で見守ってくれています。

SEKAI:めっちゃいい現場ですね! 確かに、仕事の題材とコミュニケーションのツールが一緒っていうのは『遊☆戯☆王』ならではですよね。熊谷さんと福島さんの中では、一生忘れられない現場になると思います。いつかイベントなんかで、2人がデュエルする姿も見たいです!

橋本副監督:それはめちゃくちゃ盛り上がると思います!

SEKAI:ほかの方のエピソードはありますか?

橋本副監督:そうですね……少しお話が進んだところでチュパカブラの宇宙人が出るんですが、そのキャラを担当される新 祐樹(しん ゆうき)さんのアドリブ力には関心しました。このキャラクターはセリフに「チュパ」か「カブラ」という語尾がつくんですが、脚本ではその使い分けができていなかったんです。でも、いざアフレコの段階になると新さんがアドリブで使い分けていて、感心しました。しっかりキャラクターを作ってきてくれたなぁって。この感情の時は「チュパ」だよね、とか、この場面では「カブラ」だよね、とか……ちょっとしたことなんですが、声優さんがこだわって挑んでくれてありがたく感じました。

SEKAI:なるほど。細かいところにもこだわりがあるんですね。

チュパカブラの宇宙人!? チュパ太郎。

●『ゴーラッシュ!!』のデュエルに迫る!

SEKAI:話は変わりますが、『遊☆戯☆王』と言えばデュエル、ということで、『ゴーラッシュ!!』ではどんなデュエルが展開されるのでしょうか。

近藤監督:『ゴーラッシュ!!』には「ラッシュデュエル」の新しいファンを獲得するという目的があります。なので、本当に一から丁寧にデュエルを描いていくことになります。例えば「召喚」であるとか、「魔法の発動」であるとか。これまでのファンの方も、もしかしたらあやふやな部分があるかもしれないところを、しっかりと解説していきます。ある意味勉強になるというか。

SEKAI:デュエリストは日々勉強、ですもんね。

近藤監督:ただ、ルール的にはベーシックな部分を掘り下げていきますが、相手は宇宙人なので奇想天外なデュエルになっていくと思います(笑)。カードの種類もどんどんバリエーションが増えていきますよ。

SEKAI:『SEVENS』の時にもかなり奇想天外なネタがありましたよね。僕は31歳になるんですが、僕が子供のころに大人だった人たちが笑っていたようなテーマがあったりして本当に面白かったです。今回もそんな楽しいネタはあるんでしょうか?

近藤監督:ネタが古いとご指摘を受けることも多いんですが、ある意味開き直って、今回もそういったネタをふんだんに取り入れています(笑)。

SEKAI:それは楽しみですね! あまりに古いネタだと、一周回って新しく見えるかもしれません(笑)。では最後に、アニメを楽しみにしているファンの方々に一言お願いします。

近藤監督:『SEVENS』を楽しんでいただけた方はもちろん、初めて「ラッシュデュエル」や『遊☆戯☆王』に接する方にも楽しんでもらえるよう、ちょっと欲張りに作ってます。あと、きっと年齢が高めな方も楽しめると思うので(笑)、ぜひ期待していただければ。

橋本副監督:『SEVENS』からスタッフも変わらず、熱量も変わらずで制作させていただいておりますので、引き続きの方も、新規の方もどんどん見ていただけたらなと、思っております。

SEKAI:ありがとうございました! 僕のファンの方々にも、『ゴーラッシュ!!』の魅力を広めておきます(笑)。

近藤監督:ぜひよろしくお願いします(笑)。

宇宙人が繰り広げるデュエルにも期待しよう!
新たなエースモンスターや魔法&罠も登場!!




たくさん裏話聞けましたね!
アニメの世界を創る方々の遊び心が本当にそのままアニメに落とし込まれている感じが、大人もキッズ世代も両方楽しめる作品になるんだなと改めて感じました!

僕自身も遊戯王ド直球世代なので
新しいパックが出たら速攻買いに行って友達とカード交換したり

アニメ見たり
映画も見に行きましたねー。

遊☆戯☆王ゴーラッシュ!!
が一体どんな世界で進んでいくのか、そして新しいモンスターはどんななのか楽しみですね!

久々にカード集め始めてみようかな。。。

遊☆戯☆王ゴーラッシュ!!
宜しくお願い致します!

遊戯王の世界の中に入ってみたいですね!!笑

近藤監督
橋本副監督
ありがとうございました!

『遊☆戯☆王ゴーラッシュ!!』は2022年4月3日(日)より毎週日曜朝7時30分~テレビ東京系列にて放送スタート

『遊☆戯☆王ゴーラッシュ!!』公式HP

ジャンプの感想とか書いてます!

遊戯王
インタビュー
SEKAI
ゴーラッシュ!!
アニメ

RECOMMEND オススメのVログ

COMMENT この記事に対するコメント

コメントはまだありません。

HOT VLOG いま人気のVログ

本サイトでは、Cookie識別子をサービスの運営・最適化・改善のため、
本サイトの利用状況およびサービス改善のための分析、
行動ターゲティング広告のために取得しています。
詳しくは、プライバシーガイドラインをお読みください。

以上に同意されるお客様は、
「同意してサイトを利用する」をクリックしてください。

Cookieの受取設定を変更する場合は、こちらをご覧ください。