Vログ

ゲーム大好きガジェットライターのデスク周りを紹介 #お前らのPCデスク周り晒していけ 2022|連載

0

1649581200

2022/04/10 18:00

砂流恵介

すながれって読みます

こんにちは、ライターの砂流(すながれ)です!
※画像タップで拡大

今回は、ゲーム大好きガジェットライターのPCデスク周りを紹介する記事です。2021年8月に僕のPC周りを紹介しましたが、あれからさらに進化をしたので改めてどんな感じになっているかをお届けします。珍しいガジェットもあると思うので覗いていってください!

▲以前の記事。画像をクリックすると読めます

大好きと便利さの共存!

※画像タップで拡大

こちらが新しくなった僕の机周りです。

最近流行の、綺麗に整理されていたり、白や黒で統一されていたり、かっこいい感じに光っていたりする机周りとは違う、パッと見ゴチャゴチャした仕上がりになりました。

僕のコンセプトは「大好きなものたちに囲まれてテンションを高めながら、仕事も遊びも趣味もこなす机」です。

後ほど詳しく説明しますが、この写真の中にWindows、Macどちらも含んだ3台のPCがあり、PS5とSwitchも完備しています。これらのデバイスと、モニターの機能を組み合わせると「画面の半分をWindows、半分をMacで使う」「画面の75%でゲームを遊びながら、画面の25%でPCを表示して攻略サイトを見る」みたいな使い方も可能です。また、そもそもノートPCを開いて使えば、モニター画面とあわせてマルチディスプレイ環境としても使えます。

机から一歩も動かず、WindowsもMacも使えて、PS、Switch、Xbox(PCで)のゲームも遊べるって良くないですか? しかも、なんとなく全てを手に入れてる感みたいなものも感じられるんですよね。

そして、四方を囲んでくれているのは僕が大好きなゲンガーや、メタモン、イカちゃん(タコちゃん)たち。この子たちがいつも癒やしをくれています。ということで、僕にとっては最高な机周りになりました!

ここからは、要となるガジェットを中心に何を置いているかを紹介していきます。

※画像タップで拡大

まずは、自作PCから。机の下に置いているため写真では見えていないのですが、秋葉原でパーツを買って組んだデスクトップPCです。重たい4K動画の編集や、最新ゲームを高画質で遊べて、4Kでのゲーム録画なども軽々こなしてくれる頼もしいやつ。でも、PCを組んでから2年以上経っているので、そろそろ新しいものを組もうかなとも思っています。

▲写真手前:MacBook Pro 14インチ、奥:Surface Laptop 4 15インチ
▲Surface Laptop 4 15インチ

ノートPCは「MacBook Pro 14インチ」と「Surface Laptop 4 15インチ」の2台体制です。後述するモニターとは、Thunderbolt 3経由で接続をしており、用途によって付け替えています。

僕はPCでゲームもがっつり遊びたいので、基本的にはWindowsを使っていることが多いのです。でも、新しいMacBookに搭載されているM1チップの評価が高いため久しぶりにMacBookを購入しました。

余談になりますが、購入理由は、現行のWindowsとの性能の差や使い勝手の差をきちんと把握したかったから。どちらもちゃんと使ってないと公平な目線で記事を書きにくいですからね。ただ、ガジェットライターみたいな職業でない限り、「MacBook Pro 14インチ」と「Surface Laptop 4 15インチ」のどちらかひとつで十分です!

※画像タップで拡大

モニターはDellの「U4021QW」。40インチで5,120 x 2,160(5K2K)という4Kよりもさらに凄い解像度を誇るウルトラワイド液晶です。40インチという大きさで横に長いので、写真のように3分割表示(VジャンプレイTOP、記事1、記事2)をしても問題なく見られます。

プレゼン資料を作るときに横に資料を2つ表示させながら作ったり、写真編集アプリを開きながらお手本にしたい色味の写真を表示する、といったような使い方が捗ります。

また、U4021QWには、DP(ディスプレイポート)とHDMIなどで接続しているモノを同時に画面に映す機能があります。この機能を使用して、「画面の75%でゲームを遊びながら画面の25%でPCを表示して攻略サイトを見る」みたいな使い方ができるのもポイント。僕はゲームのレベル上げをしながらNetflixを見る、という使い方をよくしています。

あと、ウルトラワイドに対応した「Forza Horizon 5」などのゲームだと、横長画面いっぱいにゲーム画面が広がるので、よりゲームの迫力が増すのも良い点です。

▲PS5
▲Switch
※画像タップで拡大

写真はElgatoのゲームキャプチャー 「4K60 S+」。ゲームキャプチャーは、PS5やNintendo Switchなどのゲーム機の映像をPCに取り込むためのデバイスです。PC経由でゲーム実況をしたり、録画をしたりする用途で使います。

僕は、PS5やNintendo SwitchをPCで取り込んで録画しながらゲームをしていることが多いです。このゲームキャプチャーは、4K録画と4K配信に対応をしているのが購入の決め手となりました。

※画像タップで拡大

こちらは「Loupedeck Live」というデバイス。ボタンとスクリーンとダイヤルを使って、写真編集や動画編集などが直感的に行なえるようになります。ほかにも、つまみを回すと音量調整やウェブスクロールができたり、タッチスクリーンのアイコンを押すとTwitterが立ち上がったり、スクリーンキャプチャーが撮れたりなどの機能も。

簡単なマクロも組めるので、僕は「パスワード(テキスト)+エンターキー」をタッチスクリーンのひとつに登録しています。ノートPCのログインがボタンひとつで終わるので便利です(基本は閉じて使っているため指紋認証や顔認証が使えないんです)。

※画像タップで拡大
※画像タップで拡大

キーボードとマウスは「HHKB Professional BT」と「MX MASTER 3 for Mac」を使っています。どちらもBluetooth経由で複数台のデバイスが登録できるので、デスクトップPC、Surface、Macの3台を登録。特定のキーを押したり、スイッチを切り替えたりすることで、ノートPCからデスクトップなどのデバイスの切り替えが瞬時にできるのでめちゃくちゃ便利です。

※画像タップで拡大

最後に紹介をするのは、「IKEA SKADIS」とそこに飾っているぬいぐるみやガジェットたち。Razerのヘッドフォン「Kraken V3 HyperSense」はMTGやゲーム時、Razerのゲーミングマウス「Basilisk V3」はガチでPCゲームを遊ぶときに使用しています。

まとめ

※画像タップで拡大

以上で、PCデスク周りのガジェット紹介は終わりです。ガジェットを中心に紹介しましたが、ポケモンとスプラトゥーンのぬいぐるみやamiiboたちが居てくれるからこその机です。まじでテンション上げてくれるし、癒やしてくれるし、「今日もスプラトゥーン2遊ばなきゃ!」って気持ちにしてくれるので好きなものを飾るのはおすすめですよ。

もし良かったら皆さんのPC周りがどんな感じか教えてください!

それでは。

デスクツアー
ガジェット
PCデスク
デスク
連載

RECOMMEND オススメのVログ

COMMENT この記事に対するコメント

コメントはまだありません。

HOT VLOG いま人気のVログ

本サイトでは、Cookie識別子をサービスの運営・最適化・改善のため、
本サイトの利用状況およびサービス改善のための分析、
行動ターゲティング広告のために取得しています。
詳しくは、プライバシーガイドラインをお読みください。

以上に同意されるお客様は、
「同意してサイトを利用する」をクリックしてください。

Cookieの受取設定を変更する場合は、こちらをご覧ください。