Vログ

Surfaceの最上位モデル 「Surface Laptop Studio」を使ってみた|連載

0

1652605200

2022/05/15 18:00

砂流恵介

すながれって読みます

こんにちは、ライターの砂流です。

今回はMicrosoftのPCブランド「Surface」の最上位モデル 「Surface Laptop Studio」をお借りしたので、こちらの実機を紹介したいと思います。動画や写真編集だけじゃなくて、ゲームやイラストを描くなど幅広い用途に応えてくれるPCでした!

Surface Laptop Studioの特徴

▲Surface Laptop 4
▲Surface Pro 8

Surface Laptop Studioは、14.4インチのノートPCです。特徴は、ノートPC型の「Surface Laptop」と、タブレット型の「Surface Pro」のいいとこ取りをしていること。

※画像タップで拡大

Surface Laptop Studioは、通常時はこのようなノートPCモードで使用しますが、この他に2つのモードが用意されています。

▲ステージモード
▲スタジオモード

それが「ステージモード」と「スタジオモード」です。ステージモードは、ディスプレイをキーボードより手前に引き出した状態のモードで、動画を見たり、ゲームをしたりするのに最適です。キーボードより前に液晶が来るだけで、見た目スッキリなのと距離が近くなって見やすくなるのは面白い体験でした。
スタジオモードは、いわゆるタブレットの状態。ペンを持っていれば手書きなどがしやすいモードです。
こんな感じで、ノートパソコンとタブレットのいいとこ取りをしているのがSurface Laptop Studio。そして、最上位モデルというだけあって、性能がデスクトップPC並に高いのも特徴です。
僕が借りたモデルは、
CPU:第11世代 Core i7-11370H(クロック周波数3.3GHz)
メモリー:16GB
GPU:GeForce RTX 3050Ti
というもの。dGPU(外付けグラフィック)搭載で、Surface Laptop Studioの中でもけっこう性能が高いほうです(これより高性能なSurface Laptop Studioもあります)。
写真・動画編集など重たい作業に大活躍してくれますし、ゲームもグラフィックなどの設定を高めにしても快適に遊べました。ここからは、もう少し踏み込んで使用感をお届けします。

ゲーミングPCとしても性能が高い!

Surface Laptop StudioはゲーミングPCとしても性能が高かったです。14.4型で2,400×1,600で120Hzのリフレッシュレートをサポートしていて、第11世代 Core i7-11370HとGeForce RTX 3050Tiを搭載。後述しますが音もめちゃくちゃ良いので、没入感が高めでした。

※画像タップで拡大

また、Surface Laptop Studioの性能を最大限引き出すために、ウルトラワイドモニターを接続して5,120 x 2,160(5K)の解像度で『Forza Horizon 5』を遊んでみました。GPUが常に100%に近い稼働にはなりますが、5Kでもゲームを遊べました。

α7S IIIの4K動画を最高設定にして編集してみた

Surface Laptop Studioは4K動画編集もばっちりでした。YouTuberからも人気のあるミラーレス一眼の「α7S III」で・・・・・・
・動画設定を最高(100M 4:4:2 10bit ← 4Kの中でもめちゃくちゃ重たいデータ)
・Slog-3(写真でいうRAWのようなデータ)で撮影
・Lutを当てる(写真でいうRAW現像のようなもの)
という動画編集の中でも、かなり重たい作業をしてみましたが、快適に動作しました。
通常の4K動画であれば編集できるPCも増えてきましたが、ここまで重たいデータをノートPCで快適に編集できたのは個人的にはけっこうポイントが高い点です。

※画像タップで拡大

あと、Lightroomでの写真編集もめちゃくちゃ快適でした。写真編集に関しては、SONYの最上位カメラ「α1」で撮ったRAW現像をサクサクこなすのはもちろん、タッチ操作もできるので、写真を一覧で確認する作業などが捗りました。
あと個人的には、タブレットモードにして、肘をつきながら写真を確認できるのが使いやすかったです。

音が静かだし、音質がめちゃくちゃ良い

ここまで性能面について触れてきましたが、僕がSurface Laptop Studioで1番感動したのは「音」です。
まず、音質がめちゃくちゃ良いです。何気なくYouTubeで作業用BGMを流しているときに「音質めちゃくちゃよくね?」と思い、ネットフリックスで映画を観て確信に変わりました。
そのあと、いてもたってもいられず、ジャスティン・ティンバーレイクの『CAN'T STOP THE FEELING!』など、業界人から「音作りがヤバい」と言われている音源などをCD音源で聞いてみましたが、これがめっちゃいいんですよ!
ノートPCから出る音としてはかなり上位なのでは? と思います。Surface Laptop Studioは、Quad Omnisonic スピーカー(4つのスピーカー)と、映画館などでよく見かけるDolbyの「Dolby Atmos」という技術が使われているのですが、これは素直に凄いなと思いました。
もうひとつ「音」で良かったのは、「静音性」の部分。Surface Laptop Studio は、dGPUを搭載しているモデルの中でも静かです。ゲーミングノートPCなどを使ったことがある人だと分かると思うのですが、ゲーミングノートPCって高負荷をかけるとかなりうるさいんですよね。
でも、Surface Laptop Studioは高負荷をかけても、ゲーミングノートPCよりはだいぶ静かでした。もちろん、ファンの回る音はします。無音とかではないんですが、Premiere Proの書き出しなどは高性能PCはけっこううるさいのを知っている人間からするとほんと静かだったので、その点も良いなと思いました。

まとめ

ということで、Surface Laptop Studioのレビューをお届けしました。最後に価格の紹介を。Surface Laptop Studioは、20万9880円~。僕が借りた構成だと、27万円くらいするので、正直安くはありません。が、長く使えて仕事でもプライベートでも活躍する製品だと思いました。
と、本来ならここで終わりなんですけれども、「最近のMicrosoftはなんか面白くていいですね」って話を小ネタ程度に触れて締めたいと思います。
振り返ってみると、この連載ではけっこうMicrosoftの製品やサービスについて紹介してきました。

例えば、「Xbox Series S」。最近在庫が潤沢になってきて注目を集めていて、Twtterなどで購入報告を見ることも増えました。僕の家でも活躍していますが、PCやスマホで大作ゲームを遊び放題mpサブスクリプションサービス「Xbox Cloud Gaming」と組み合わせると、これまでのゲーム機とは違った使い方ができて面白いです。

そして僕が現時点で電子書籍(とくにマンガ)を読むデバイスの決定版だと思っている2画面デバイス「Surface Duo 2」。この端末はほんと面白いので、ご存じない方は一度記事を覗いてみてください。
スマホやタブレットの進化という点でも面白いと思います。
それでは!

Surface
PC
ゲーミングPC
Microsoft
連載

RECOMMEND オススメのVログ

COMMENT この記事に対するコメント

コメントはまだありません。

HOT VLOG いま人気のVログ

本サイトでは、Cookie識別子をサービスの運営・最適化・改善のため、
本サイトの利用状況およびサービス改善のための分析、
行動ターゲティング広告のために取得しています。
詳しくは、プライバシーガイドラインをお読みください。

以上に同意されるお客様は、
「同意してサイトを利用する」をクリックしてください。

Cookieの受取設定を変更する場合は、こちらをご覧ください。