Vログ

週刊少年ドラクエ!! WEB 番外編|連載

0

1653577200

2022/05/27 00:00

VJドラクエ取材班

ガンガン更新するぜ!

「ドラゴンクエスト」シリーズに関するさまざまな情報を発信します! VジャンプWEB「DQネクスト!」から続くブログ記事!
スラジャン

いえーい、スラジャンジャン! 今日5月27日はドラゴンクエストの日ジャンよ!
そこで、VジャンプのDQ担当ライターが「推しDQ」を語っちゃうみたいジャン!

ドラゴンクエストの日記念! 「推しDQ」を語れ!!

担当ライターが衝撃を受けた「DQ」シリーズ作品は!?

こんにちは、Vジャンプ「DQ」シリーズ担当ライターKです。
本日5月27日は「ドラゴンクエストの日」。初代ファミコン版『ドラゴンクエスト』が発売された記念日です。『ドラゴンクエスト』が発売されたのは1986年なので、今年で36周年ということになりますね! おめでとうございます!!
ナンバリングタイトルからスピンオフタイトルまで、これまで世に出てきた「DQ」シリーズ作品は数多くあります。みなさんはどの「DQ」が好きですか?

世代や好みにより様々かと思いますが、担当Kが特に思い入れ深いのは、ナンバリングでは『ドラゴンクエストIV 導かれし者たち』です。
子供の頃、『I』~『III』に続いてファミコン版を発売当初に遊びました。もうすっかりオッチャンな自分ですが、あの頃の衝撃は忘れられません。
『I』から『III』ももちろん衝撃的でした(特に『III』の終盤)。が、RPGを広めた『I』、パーティ制の面白さを教えてくれた『II』、キャラメイクや職業で自分だけのパーティが作れた『III』に続き、次はどんな形で『IV』が出るのか…!? ジャンプの記事をチェックしながら楽しみにしていました。

そうしていよいよ発売された『IV』は、AIを使った「さくせん」の指示、章立てのストーリー展開、個性豊かな多数の仲間たちなど、これまでの「DQ」を超える要素が満載! AI戦闘はクリフトが効かないザラキを連発する、みたいな有名な現象もありましたが、それも含めてメチャ楽しかったのを覚えています。

※画像タップで拡大
※画像タップで拡大

あと『IV』は、しっかりしたタイトル画面がある(笑)! ファミコン版の『III』では、ゲーム本編を容量ギリギリまで作り込まれていたため、シンプルな文字だけのタイトル画面だったんですよね。だから初めて『IV』で電源を入れたときは、美しいタイトル画面にしばし見入ってしまいました。「IV」の文字が画面手前から縮小しながら現れる演出。実はコレ、けっこうすごいことなんです! 技術的な話になってしまいますが、90年11月に登場したスーパーファミコンには、グラフィックの拡大・縮小機能があります。が、ファミコンで90年2月に発売された『IV』では、ゲーム機側に拡大・縮小機能はない。なので、ソフト側のプログラミングで「IV」の文字の縮小を実現しているということ。今でこそ見慣れた演出ですが、当時はそれだけでもとても目を引くことだったのです。

「IV」の字がドーンと出てきて縮小し、画面に収まります。
色が付き、グラデーションのかかったメタリックな輝きを放つ「IV」。

さらに「IV」の文字に続いて「DRAGON QUEST」のおなじみのロゴと、遠くにお城、手前には多重スクロールで流れる雲が現れます。多重スクロールも、ファミコンでは後期になってようやく見られた演出なので、技術的に高度なことなんだと思います。いやー、キレイだったなーあの画面。流れる「序曲」を聴きながら、うっとりと1ループタイトルを眺めてから冒険するのが、当時の自分なりの儀式でした。

実際の画面では、手前の雲は多重スクロールして臨場感が増しています。

思い入れがあるゆえ、タイトル画面だけでこんなに語ってしまいましたが、『IV』はキャラクターも魅力的です。
ライアン、アリーナ、クリフト、ブライ、トルネコ、マーニャ、ミネア。『IV』の第一~四章で主役として操作する彼らは、すごくキャラが立っているので、『ドラゴンクエストヒーローズ』などのナンバリング外の作品や、スマートフォンの『ドラゴンクエストウォーク』『ドラゴンクエストタクト』などのイベントにも登場していますので、みなさんの認知度も高いのではないでしょうか。

※画像タップで拡大

『IV』のパッケージに描かれた、鳥山先生の勇者もカッコいい! クールに見えますが、ストーリー上では悲しみを背負っているところもいいですね。
『IV』では、章が変わるたびに主役も変わり、フィールドの音楽も変化するのもまた最高でした。すぎやま先生の楽曲は第五章の「勇者の故郷」から「馬車のマーチ」とか、あと第四章の戦闘曲「ジプシーダンス」もいいし…キリがないですね(笑)。この辺にしておきましょう。
遊んだことのない方も、機会があれば『IV』をプレイしてみてください。きっとハマりますよ! 現在ではスマートフォン版がお手軽に購入できます!

そうそう、現在発売中のVジャンプ7月特大号では、「DQ」シリーズの音楽CDも紹介していますので、そちらもぜひご一読ください。

それではまた! 改めて「ドラゴンクエスト」36周年、おめでとうございます!!

© 1990 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SPIKE CHUNSOFT/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

▼前回の記事はこちら▼

DQ
DQ4
ドラクエの日
連載

RECOMMEND オススメのVログ

COMMENT この記事に対するコメント

コメントはまだありません。

HOT VLOG いま人気のVログ

本サイトでは、Cookie識別子をサービスの運営・最適化・改善のため、
本サイトの利用状況およびサービス改善のための分析、
行動ターゲティング広告のために取得しています。
詳しくは、プライバシーガイドラインをお読みください。

以上に同意されるお客様は、
「同意してサイトを利用する」をクリックしてください。

Cookieの受取設定を変更する場合は、こちらをご覧ください。