Vログ

『エンコード』ってどうなったんだろう?

0

1601377200

2020/09/29 20:00

山月虎丸

デジモンを愛するVTuber!

 デジモン好きバーチャルテイマー(VTuber)山月虎丸です!
 Vログ第3回は、未だVジャンプ紙面で“休載”になっている『デジモンワールド リ:デジタイズ エンコード』について語ります。

ゲームのコミカライズだったのに

 『デジモンワールド リ:デジタイズ エンコード』は、Vジャンプ2013年6月号より連載がスタートしたデジモンの漫画作品です。作者は藤野耕平さんで、前年である2012年の前後編読切から続く形で連載が始まりました。
 当時はPSP用ソフト『デジモンワールド リ:デジタイズ』が発売され、それに合わせての読切掲載。翌年には完全版となるニンテンドー3DS用ソフト『デジモンワールド リ:デジタイズ デコード』が発売され、そちらに合わせて連載がスタートしたという経緯があります。ゲームの販促的側面があったのは間違いないでしょう。
 連載は9号分(2014年2月号)まで本誌で掲載されたものの、2014年に入ってからはVジャンプWEBでの掲載という当時としても異例の対応となり、その後は不定期掲載に。さらに2015年の4月頃より『Vジャンプ+』としてアプリ内連載に掲載場所が変更になるという特殊な状況が続きます。
 また、単行本も2013年12月に1巻が出た後、休載などもあり少し間が開き2巻は2015年2月発売。2巻の最後には「次巻、完結!!いよいよ最終決戦へ――」と大々的に次巻告知がなされたものの、2020年9月現在連載再開は告知されず、当然3巻の発売もされていません。
 本来であれば2013年の3DS用ソフトを宣伝するためのタイトルだったはずが、ゲーム発売から7年経った今でも完結の見通しは立たず、非常に不安な状況が続いています。

打ち切りではない?

 休載時には「作者体調不良のため」という理由が知らされており、文字通り受け取れば現在も藤野先生の体調面が心配されます。これに関しては連載云々ではなく、一読者として現状を知りたいところです。
 とはいえ既に休載から5年近く。連載中止ならば中止としてハッキリ伝えてほしいのですが、今もVジャンプWEBの「Vジャンプ連載マンガ」の項目には「※現在休載中です」の文字と共にタイトルが残っています。まだ連載作品として見なされている以上、今後続きが読める可能性があるのか、とても気になります。

デジモン漫画の現状

 エンコードが休載されている間も、当然Vジャンプやデジモンの展開は続いています。
 2015年4月号にはフクダイズミ先生による読切『デジモンストーリー サイバースルゥース』が掲載。こちらはエンコードと同じくゲームのコミカライズ作品でもありました。
 2016年11月号からは、デジモンの姉妹作品とも言うべき『アプリモンスターズ』が連載されました。赤嶺直樹先生による作品で、全2巻で完結しています。
 また2018年1月号には赤嶺先生による『デジモンストーリー サイバースルゥース ハッカーズメモリー』の読切も掲載されており、デジモンが継続的に展開していることが分かります。
 2020年7月号には原作・井沢ひろし先生、漫画・やぶのてんや先生による『デジモンアドベンチャー Vテイマー01』特別読切も掲載されました。
 現在はVジャンプ紙面にデジモン漫画の連載はありません。ですが、今もなお連載作品として数えられるエンコードがどうなっているのか、真実が知りたい状況です。

最後に

 9月30日22時より、そんな『デジモンワールド リ:デジタイズ エンコード』を含むデジモンマンガ作品を語る雑談配信を行います。
 現在は『デジモンアドベンチャー Vテイマー01』のみが電子書籍化され誰でも読める状態になっていますが、他作品はファンを増やす機会が失われて久しいです。
 Vジャンプさんには是非とも他作品の電子書籍化をお願いしたいです! 待ってます!

 では、今回はここまでです。
 ほなまた!

デジモン
VTuber
デジモンワールド

RECOMMEND オススメのVログ

COMMENT この記事に対するコメント

コメントはまだありません。

HOT VLOG いま人気のVログ

本サイトでは、Cookie識別子をサービスの運営・最適化・改善のため、
本サイトの利用状況およびサービス改善のための分析、
行動ターゲティング広告のために取得しています。
詳しくは、プライバシーガイドラインをお読みください。

以上に同意されるお客様は、
「同意してサイトを利用する」をクリックしてください。

Cookieの受取設定を変更する場合は、こちらをご覧ください。