Vログ

前略、ミチの上より05

1

1596292667

2020/08/01 23:37

狂い咲きサンダードーロ

ドーロウォリアーズ

前回は超傑作ゲーム『ラスアス2 』について書いたが、立て続けに今年ベスト候補の一本が発売されたので、居てもたってもいられずにプレイ!一気にクリアした!その件について、書く!!

『 The Last of Us Part II』からの『Ghost of Tsushima』はキケンであるーーーーっ!!

わしが前回書いた『ラスアス2 』は、クリア後にドスンと重いお土産をくれる超傑作であり、プレイした人ならお分かりの通り、ゲームとはいえプレイヤーたる自分の行為を振り返らせられてしまった。
この様なかつて無いほどのゲーム体験をしてしまったわしを待ちうけていたのは、こちらも発売を心待ちにしていた超大作『Ghost of Tsushima』だったのであるーーーーっ!!

『ラスアス2 』で「復讐の連鎖」と「傷つけ合う虚しさ」に打ちひしがれていたわしは、『ツシマ』をそっとスタート。

『ラスアス2 』に勝るとも劣らない美しいグラフィック、海外作品とはとても思えない、日本の時代劇映画…特に黒澤時代劇への深い造詣に溢れた物語はまさにアメイジング!よもやゲームで和歌を詠む日が来ようとは…!元寇をベースとしながらも、史実をなぞるのではなく、敢えてエンターテインメントへ大胆に舵を切ったシナリオ。琵琶法師の語りから村人を救う所謂サイドミッションまで、まるで一席ずつ落語を楽しむ様にプレイでき、気付けばほぼ全てのサイドミッションを潰しつつクリアしてしまった。最終章でのある選択に2時間ほど悩んだことも、よい思い出である。いやあスゴい!凄まじい傑作、快作であった!天晴れであるーーーーっ!!

……と、ここまではごく単純なプレイ感想である。
しかしながらクリア後のわしは、またしても打ちひしがれておる!!

『ラスアス2 』も『ゴーストオブツシマ 』も、元を正せば「復讐」に端を発する物語(もちろんそれだけではなく、両タイトルとも実に深遠な固有のテーマを内包しているのだが)。
『ラスアス2 』でドスンと、ぐさりと自分の行為について振り返らせられたわしが、そのまま間髪入れず『ゴーストオブツシマ 』をプレイすると……今度は爽快なまでに豪快に、荒々しく徐々に、敵を背後から闇討ちする快感に溺れて行くではないか…!

屋根の上に登り、敵の頭上へダイブ!そして一人、二人…と斬る、切る、キル…KILL!!!ヒャッハー!!た、たのしい…たのしすぎるぞこれは!!い、いやいや、コレはあくまでも対馬の民を救うため致し方なき行為。困窮する民の救済をこそ大義とし振るう剣に迷いなどない!そう、侵略者は排除せねばならぬ。正義は我ニコソ有リ…!!

道端に野盗を見かけては射抜き、敵の拠点では遠距離から混乱毒を放って同士討ちさせる…大義名分を得たわしは、いつの間にか誉れある武士から冥人へと変わり…敵に容赦なく鉄槌を振り下ろすことに没頭する様になった。たのしい、たのしい、ウフフたのしいのであるーーーーヽ(´▽`)/

頭の、いや心の片隅にいる良心が、「何か」を言い訳に暴れるわしにそっとこう告げた。
「貴様は『ラスアス2 』で何を学んだのかーーーーっ!!」

『ラスアス2 』と『ゴーストオブツシマ』の連続クリアは、何かを生み、何かを壊す……ゲームって、凄いな。

ゴーストオブツシマ
ラスアス2
ゲーム
復讐

RECOMMEND オススメのVログ

COMMENT この記事に対するコメント

コメントはまだありません。

HOT VLOG いま人気のVログ

本サイトでは、Cookie識別子をサービスの運営・最適化・改善のため、
本サイトの利用状況およびサービス改善のための分析、
行動ターゲティング広告のために取得しています。
詳しくは、プライバシーガイドラインをお読みください。

以上に同意されるお客様は、
「同意してサイトを利用する」をクリックしてください。

Cookieの受取設定を変更する場合は、こちらをご覧ください。